過去の鹿高日誌は、左側「過去の小鹿野高校の様子」にもあります

2018年12月の記事一覧

鉛筆 下人は良い人?悪い人?それともどちらでもない??

11月29日(木)4時間目、1年生の「国語総合」で本校国語科初任者の研究授業がありました。題材は「羅生門」、テーマは「下人は良い人か、悪い人か、それともどちらでもないか」です。「知識構成型ジグソー法」の実践ですが、あえて生徒向けにはエキスパート活動、クロストークなどの言葉は使わず、授業は進行します。
最初は、授業の流れを書いた模造紙を黒板に掲示し流れを確認、グループごとにテーマを与えます。わかりやすいようにテーマごとに色分けが。ちょっとした工夫が随所に見られます。時間を区切って、グループ替え。前のグループで話し合った内容をもとに、意見を交わします。最後に発表。生徒の活発な活動が目立つ授業となりました。
自ら考えて、言葉で伝えることは大切ですね。改めて実感です。
(1)授業の見立て、見通し、どの授業でも大切です。
 
(2)最初のグループで、それぞれのテーマについて話し合います。
 
(3)グループを替え、前のグループで話し合った内容を伝え、情報を共有しながら課題解決を目指します。
 
 
(4)最後に意見を発表。そしてまとめへ。
 
 

最後になりましたが、この授業には20名弱の先生が参観に。教職員40名弱の学校の中で、しっかりと教員間の学び合いも深めることができました。

「防犯のまちづくり」「青少年健全育成」キャンペーン!

本校生徒が秩父地域振興センターが主催する「防犯のまちづくりキャンペーン」「青少年健全育成街頭キャンペーン」に協力をしました。

10月24日(水)午後4時からウニクス秩父で「防犯のまちづくりキャンペーン」がありました。
本校生徒2名の他、他校生徒も参加しました。ウニクス秩父のお客様にキャンペーングッズを配布、キャンペーンは無事終了しました。一緒に配布をしていただいた埼玉県議会議員 岩﨑宏様、新井豪様、また秩父地域振興センターのみなさま、ありがとうございました。

11月3日(土)午前10時から国民宿舎「両神荘」周辺(両神ふるさとまつり会場)で
「青少年健全育成街頭キャンペーン」がありました。
本校生徒3名が協力し、両神ふるさとまつりの来場者にキャンペーングッズ等を配布しました。協力してくれた3名は国民宿舎両神荘で生活をする山村留学生です。3年間親元を離れしっかり生活を送り、立派に成長、もうすぐ卒業です。
卒業を前に貴重な体験が出来ました。
秩父地域振興センターのみなさま、ありがとうございました。

(両方とも写真がなく、申し訳ありません。
 詳細は埼玉県ホームページ内にある秩父地域振興センターのページをご覧ください。
 ⇒ 
https://www.pref.saitama.lg.jp/b0112/seishounen/30katsudou.html

会議・研修 中堅の先生もがんばっています。

本校は5年次研修対象の先生が2名います。
校内研修の一環として、それぞれが研究授業を行いました。

11月12日(月)1時間目1年生体育の授業、題材は「柔道」です。
全体への指示のあと、受け身などの個人技術の確認、二人組になって技の技術を磨きます。苦手な生徒もいますが、丁寧に指導。ケガもなくスムースに授業も終了しました。
 
 

11月29日(木)2時間目1年生生物基礎の授業、題材は「遺伝情報とタンパク質」です。
題材の中でも、「転写」と「翻訳」について、この時間は学びました。
 
 

それぞれの授業には、多くの先生が参観。授業後、それぞれの先生は参観した先生からの意見や感想を聞いていました。小さな積み重ねが授業改善に繋がりますね。教員の学び合いは、日々続いています。