過去の鹿高日誌は、左側「過去の小鹿野高校の様子」にもあります

2016年9月の記事一覧

介護実習に向けて

皆さんこんにちは。福祉生活系列では、介護実習という福祉の現場で学習する授業があります。5日間デイサービスセンターなどの通所施設で、また、後日5日間特別養護老人ホームなどの入所施設で実施します。県内でもあまりない現場での学習です。
2年生はデイサービス実習に向けて技術の確認などを現在行っています。来週からは、レクリエーションを盛り上げられるように歌の練習もはじまります。
今回は杖を利用されている高齢者の気持ちの学習と、その高齢者をどのように介助するかという技術を学習しました。
普段歩きなれている校内でも、杖歩行になるだけで別世界になります。階段や廊下に潜む障壁に生徒たちも汗をかきながら学習を進めました。

利用者の方は左麻痺という設定です。



階段もゆっくり上ります。



階段を下るときは杖を前に出すため、いつもより前傾姿勢になってしまいます。
生徒たちも、「怖い」と利用者の方の気持ちを学習していました。


介護実習では地元の施設等に協力をいただいております。
この場を借りて感謝申し上げます。


1年生 マナー講習

9月14日 1年生は講師の先生にきていただいて、マナー講習を受けました。
本日は、「電話のかけ方」と「企業訪問の仕方」についてです。

【講習の様子】
2会場にわけて、少人数で指導。小鹿野高校のいいところです♪
 
 

最近は携帯電話で、友達同士ですぐつながれる環境にあります。昔は固定電話で、友達の親が電話にでて、友達につないでもらったものですが…。時代の変化もあり、子どもたちは大人と接する時間が少ないようで、学ぶ機会が減っています。今日の講習で、勉強になったでしょうか?


【保護者の方へ】
インターンシップにむけて、ご家庭でもいろいろと社会人としてのマナーを教えてください。電話のかけかた、お辞儀の仕方、敬語の使い方はもちろんです。そのほか、掃除の仕方、服のたたみ方、食器の洗い方など。気づいたことがあれば、ぜひ教えてあげてください。インターンシップを1つのきっかけとして、社会人としての覚悟、心得を子どもと話し合えるチャンスにしてください。5日間という短い期間ですが、きっと3日目頃からいつもの生活態度が出てくることでしょう。働くということ、責任をもつということ、社会人になるということを学校も家庭も一緒になって教えていければと思います。

10月3日からのインターンシップに向けて
いよいよ本格的に準備開始です!

祝 県大会出場ー野球部ー


  2016 秋季大会 2回戦

  17安打16点という歌舞伎打線で

  秩父農工科学高校に16-0のコールドゲームで勝ち、
  見事、県大会出場を決めましたv(^^)v
  応援ありがとうございました。
  今後も応援宜しくお願いします。
 

須崎旅館ー山村留学生の日常ー


 小鹿野町にある、『須崎旅館』さんに日頃より山村留学生がお世話になっております。
 とても、家庭的な雰囲気があり生徒も落ち着いて生活しています。
 先日、視察に行ってきました。

 中学卒業と同時に親から離れての旅館での共同生活。
 自分のことは全て自分で行わなければなりません。
 野球部で疲れて帰ってきても、まずは汚れたユニフォームを洗わないとなりません。
 誰も洗ってくれる人はいないのですから。
 疲れすぎて、夕飯も取らずに寝てしまうこともしばしば。

<日常> 
  朝 7:00~ 朝食 食堂で食べます。
    8:00~ 学校着、朝練など(自主的)
          授業をきちんと受けます。
 午後 3:45~ 部活
  夜 7:00頃 旅館へ戻ってきます
    7:30~ 夕食
   10:00  就寝 
    
     須崎旅館外観           廊下と洗面台      
   
   6畳の部屋に2段ベット        下駄箱

  *このような生活は本人にとって貴重な経験です。
   将来、社会に出て必ず役に立つ事でしょう(^^)        

遠足 賢治 ようばけに魅せられて~小鹿野町に大正浪漫が蘇る!~

 詩人や童話作家として知られる宮沢賢治(1896~1933)が地質調査で小鹿野町を訪れて100年になるのを記念して、「宮沢賢治小鹿野町来訪100年・生誕120年祭」が9月4日(日)に開催されました。
 この中で、小鹿野高校生の生徒が随所で活躍をしてくれました。

(1)講演での司会進行
 本校生徒2名が秩父銘仙を着付け、司会進行を務めました。
少し緊張した面持ちでしたが立派に務めることができました。ありがとうございました。
着物、とても似合っていましたよ絵文字:重要絵文字:笑顔 (写真等は後日掲載)

(2)小鹿野高校の生徒による再現パフォーマンス

 宮沢賢治が盛岡高等農林学校の学生のころ、小鹿野町を含む秩父地域へ地質調査に教授らとともに訪れました。その一行の様子を再現パフォーマンスとして本校生徒と先生が熱演。多くのギャラリーから暖かい拍手をいただきました。

小鹿野町ホームページにも様子が掲載されています。 こちらから → 小鹿野町

9月5日の埼玉新聞朝刊、読売新聞朝刊でもこの様子が取り上げられています。詳しくは紙面をご覧ください。