過去の鹿高日誌は、左側「過去の小鹿野高校の様子」にもあります

2016年7月の記事一覧

簿記検定でした

  上尾で、柔道の関東ジュニアが開催された同じ日に、3年生3名が簿記検定3級を受験しました。
結果は後日お知らせします。ここで3級を取得できれば、2学期から、2級の勉強が始まります。いい結果が出るといいですね。
 さらに、今度の土曜日は、電卓検定です。受験する皆さん、頑張りましょう!!

グループ 青少年非行防止キャンペーンに参加しました。

 札所十三番慈眼寺では、毎年7月8日に「あめ薬師縁日」が催されます。
 埼玉県青少年健全育成推進秩父地域会議ではこの機会を活用し、「青少年非行防止キャンペーン」を実施しました。地域の団体や学校からも多くの人が協力しました。小鹿野高校からは職員1名の他、生徒2名が自らボランティアを希望し参加してくれました。生徒はキャンペーングッズを精力的に配布する他、応援にかけつけた埼玉県のマスコット「コバトン」と写真撮影なども行いました。わずか一時間足らずの活動でしたが、生徒の表情は充実感であふれていました。
 生徒が配布したキャンペーングッズを受け取ってくれた地域のみなさま、暖かい励ましの声もいただきました。ありがとうございました。

(このあと、キャンペーングッズを精力的に配布してくれました。)

了解 球児の後押し、これで決まり。

 有志応援団による野球応援の練習、学校がある日は毎日、放課後に行われています。
 練習の成果もあり、声も、まとまりも出てきました。暑い体育館で「熱い」応援の声が響きわたり、こちらの仕上がりもグラウンドに負けず順調です。
 球児の後押し、これで決まりです!
 
 

架け橋 ~高校球児へ~

  
   3年生最後の夏の大会が始まろうとしている。
   懸け橋・・・君たちが一生懸命野球をしていたからこそできた橋。
   駆け橋・・・君たちが無我夢中で駆け上がったからこそできた橋。
   繋け橋・・・君たち仲間同士で想いを繋いだからこそできた橋。
   そして、小学校・中学校・高校の指導者の方々が架け橋となって下さったおかげで
   ここまで野球ができています。
   今、目の前にある橋は決して一人でかけた橋じゃない。
   野球をやり遂げることによって出来た沢山の橋。
   その橋は、『栄光の翔け橋』となって大きな舞台に繋がっている!
   あとは、迷わずにその橋を進めばいい。
   頑張れ、高校球児!感謝の気持ちを忘れするな!
       

            
          引用:Facebook ~年中夢球より~

選挙前!政治的教養をはぐくもう。

 7月6日に小鹿野高校で行った「主権者教育を踏まえた租税教室」を埼玉新聞(平成28年7月8日)で取り上げていただきました。
 当日は秩父税務署の関谷豊様にお越しいただき、税の仕組みや国の財政状況の他、民主主義からみた税の成り立ちなど、選挙権年齢18歳引き下げも強く意識した内容でした。
 難しい内容でしたが、生徒は落ち着いて聞くことができました。

 詳しくは埼玉新聞をご覧ください。