過去の鹿高日誌は、左側「過去の小鹿野高校の様子」にもあります

2016年7月の記事一覧

高等学校二輪車マナーアップ講習会

7月17日(日)に秩父自動車学校(秩父郡横瀬町)にて、高等学校二輪車マナーアップ講習会がありました。バイク通学をしている生徒が交通安全に向けて、知識・技能、そしてマナーを身に着けるため講習を受講しました。小鹿野高校だけでなく、秩父農工科学高校、皆野高校や、なんと松山女子高校、新座総合技術高校の生徒までこの講習会に参加しました。学校も地区も違いますが、同じ目標に向けて一日頑張りました。


(左から、バイク点検、開講式(指導主事あいさつ)、開講式(指導者あいさつ))

(開講式後にゼッケンを渡され、講習開始!)


(まずは座学。普段の授業より長い60分間)

座学の講座では安全に関する知識やマナーを学びました。


(後出しじゃんけん大会。後出しだから勝ったり、負けたり、あいこにしたりはできるはず……なのに……)

(救急救命法の講義)

(胸骨圧迫と人工呼吸の実践)

(お昼休み。胸骨圧迫で疲れた?)


午後は実技講習。雨が心配されましたが、暑いくらいでした。



(バイクに乗って、安全運転の講話を受けて、そしてまた乗って。)

(秩父の名峰・武甲山と松と二輪車)


(実技終わっての講話と、「一本橋(?)」のタイム優良者に景品贈呈)

(終わった~!いいえ、まだ閉講式があります)


(閉講式、修了証授与)


(閉講式、インストラクターさんの講話と指導主事の講話)


一日かけての講習となりましたが、充実の内容でした。

この講習で学んだことを、日々の運転に生かしていきます。
安全運転、無事故無違反!
事故を起こさないためには、運転技術ではなく、運転者のマナーが肝心。そのことをよくよく学べた講習会でした。

関係者の皆様、ありがとうございました!

彩の国進学フェア

16日(土)17日(日)の両日、県内外の公立・私立高校がブースを設け、中学生とその保護者に向けて説明をする「彩の国進学フェア」がさいたまスーパーアリーナで開催されました。

小鹿野高校も「山村留学」の説明を中心に出展、ご来場いただいたみなさまありがとうございました。

雨の中の校外清掃


  本日、小雨でしたが校外清掃を行いました。
 日頃より、地域の方には大変お世話になっておりますので、
 少しでもお役に立ちたいと「感謝の気持ち」をこめて行いました。
 特に、“あいさつ”を強化して行いましたが、 きちんと出来ていましたでしょうか?
 お声をかけて下さった方もおり、生徒の励みになりました。
 ありがとうございました。
     

学校 地域とともに歩む。地域協働プロジェクト始動!

 小鹿野高校は「学校と保護者・地域住民などの共助体制による新しい協働型の学校づくりを推進」するため、『未来を拓く学校づくり推進事業』の指定を受けています。そして、この事業を進めるため、地域で活躍されている行政、民間企業を始めとする有識者及び本校生徒、教職員の総勢18名が委員となり「巨香郷から未来へ 小鹿野高校地域協働プロジェクト推進委員会」が構成されています。13日(水)には今年度第1回の委員会が開催されました。
 昨年度の事業報告ののち、委員のみなさまからはさまざまな意見や感想をいただきました。1か月後の第2回委員会に向けて、委員会の在り方、方向性も含めた活発な会議となりました。全体をとおして、西秩父地域唯一の高校として、大きな期待をいただいていることを強く感じました。
 小鹿野高校はこれからも地域とともに歩みます。

 
委員のみなさま、ありがとうございました。
一年間、よろしくお願いいたします。

非行・薬物乱用防止教室

7月14日 小鹿野警察署生活安全課の方を講師に、非行・薬物乱用防止教室を行いました。

前半は、スマートフォンの使用の仕方についてです。インターネットが身近になってきた今、使い方を間違えると危険がたくさんあります。また、若者は連絡手段として使用するというより、人とつながるために使用している傾向があります。すぐ、友達とつながる便利なものですが、第三者の目が届かないため、危険性に気づかず日常を過ごしている人も多いことでしょう。
「リベンジポルノ」「デジタルタトゥー」など危険性を具体的に学びました。

後半は、薬物についてです。「薬物はだめ」わかっているにも関わらず、薬物に手をだす若者は減りません。前半で学んだこととリンクする部分もあるのでしょう。安価で容易に、第三者に知られることもなく手に入ってしまいます。また、先輩から、彼氏からなど断りたくでも断れない状況に流されてしまうこともあるのでしょう。そんなときは、「とにかく逃げなさい」と教えていただきました。薬物の入り口は喫煙、飲酒だそうです。だから、喫煙、飲酒をしないようにとも学びました。
 
 

生徒の皆さんへ
暑い中、静かによくきけていたと思います。毎年毎年、そして中学校の頃からも散々言われているので中には「わかっているよ!めんどくさいな。」と思った人もいるのでは?
それでも、しつこくやるには意味があるんですよ!なぜ、この時期にやるのかも意味があるんです!!
夏休みに入りたっぷり時間があります。高校生になり、親に縛られることも徐々に減ります。そして、アルバイトをしてお金を手にして自由にお金を使える人もいます。自由な時間、お金の使い方。一歩間違えると、危険とつながります。生活が乱れぬよう自分でコントロールしてください。
みんなを守るために、自分自身で自分を守ってほしいがために、毎年しつこくやっているんですよ!!!!!

小鹿野警察署の講師の方には暑い中、大変ありがとうございました。登校指導でもお世話になっております。夏休みも引き続き、生徒のことを見守っていただければと思います。