過去の鹿高日誌は、左側「過去の小鹿野高校の様子」にもあります

2016年7月の記事一覧

生徒会 文化祭準備


今年も始まりました!生徒会の夏休み文化祭準備です♪
今年の生徒会が考えた文化祭のテーマは、『小鹿野の文化』です。
小鹿野の文化を感じてもらうために歌舞伎を題材としてアーチ作りなどを進めていきます。

まだまだ始まったばかりですが生徒会長を中心にどんどん準備が進んでいきます。
これからどのように仕上がっていくのか楽しみですね♪

今年の鹿高祭は11月5日(土)*一般公開日*に行われます。
今年もたくさんの方々の来場をお待ちしています。

  

音楽 夏季公開講座「声楽教室」

 小鹿野高校の音楽担当教諭による「声楽教室」、受講者はオペラアリアを1曲以上準備するという上級者向けの本格的な講座。音楽室は心に響く声で溢れます。



 講座は自己紹介に始まり、声の出し方、発声時の姿勢など多岐にわたる内容で、幅広い世代の受講生を踏まえたものとなりました。明日以降は個人レッスンを中心に個々に応じた内容になります。
 受講後、この音楽室で響き渡る「声」が楽しみな講座になりました。
 受講いただいたみなさま、ありがとうございました。

視聴覚 夏季公開講座「映画から英語を学ぶ?」

7月24日(日)13:00~14:30
本校視聴覚室にて英語の夏季公開講座「映画から英語を学ぶ?」を開講いたしました。

校長先生のご挨拶から始まり、なぜこのテーマにしたのかという説明をさせていただきました。

今回取り上げた映画は2本で、いずれもアニメーションでしたが、なぜ実写でなくアニメなのか、また歌をメインで取り上げたのですが、なぜセリフではなくて歌なのか、を日本と英語圏の詩歌(詩作)に対する態度の違いというところからアプローチしてみました。


(詩などの解説)

また、。「ネイティブ・スピーカーと同じところで同じように感動する」を目標に、歌を一度聞いて、その歌の解説を、語彙・文法の視点からだけでなく、文化・習慣にまで踏み込んで行い、そのあともう一度歌を聞いてもらうということをしました。

やや難しいかと思いましたが、アンケートでは高評価を頂けたので、受講者の皆様がご満足いただける内容にできたと思います。お越しくださった皆様、誠にありがとうございました。

冬にも公開講座があります。
もし英語の公開講座を開講できれば、訳者泣かせで有名な『不思議の国のアリス』を読むという内容を考えております。翻訳では味わえない、英語ならではの言葉遊びや、当時のイギリスにおける常識を知らないとわからないジョークもあるので、それらを紐解き、原文で読む面白さを実感するという内容ができればと考えています。
準備が間に合うかわかりませんが……

ホームページをご覧の皆様、もし冬に公開講座が開講でき、興味のある内容でしたらぜひぜひご参加いただければと思います。

最後に今一度、受講してくださった皆様、ありがとうございました!

バドミントン部 合同合宿 その4

今回の合宿に参加してくれたOB、OGは総勢27名です。
毎年このときに先輩方の近況報告もあり、生徒のみんなはバドミントン以外にも進路について考えられる場面もあります。





練習の合間に撮ったので、全員写りきれませんでしたが、年代を越えたネットワークが広がっています。

先輩の皆さん毎年ありがとうございます

バドミントン部 合同合宿 その3

合宿生活も少しずつ慣れてきています。

合宿中ではありますが、練習以外にも様々な場面があります。

熊谷工業高校の2年生は間もなく2種電気工事士の資格試験が控えておるようです。練習道具の他に工具箱を持ってきていました。時間を計りながら配線していました。
合格できるように頑張ってください!

今日、明日は土日ということで、各校の卒業生がたくさん来てくれます。また、後程お知らせします!