過去の鹿高日誌は、左側「過去の小鹿野高校の様子」にもあります

2015年12月の記事一覧

「冬空キャンドルナイト IN 秩父神社」 ボランティア

12月12日(土) 「冬空キャンドルナイト IN 秩父神社」 のボランティアに参加しました。
今回はボランティア部員3名と1年生4名の計7名が参加してくれました。
    
 キャンドルを並べて絵や文字を描きます。小鹿野高校の担当は「心」という文字になりました (ボランティア部にぴったりな言葉!)。
 秩父青年会議所の方から並べ方を教わります。

   
  高校生が秩父神社で遊んでいるように見えますが(笑)、「心」の下書き中です。
  腕や足を広げてみんなで大きさを計っています。 

   
 下書きが決まったら、キャンドルを入れるケースを並べていきます。すると完成間際、
 「なんか普通・・・。もう少し工夫したい!」と生徒たちの向上心が湧いてきました。
 その姿を見た秩父青年会議所の方が
 「こだわりを持ってやっているなら絶対やった方がいい。どんどんこだわってください!」と生徒の気持ちを尊重してくださいました。ありがたいです。

 「ここさけ(映画 『心が叫びたがってるんだ』)とのコラボレーションイベントだから映画のタイトルで使われている文字みたいにしよう!」 と新しいデザインが決定し、再調整に入ります。
なんとかお昼休憩までに完成しました。
 
  
 お昼休憩中。「先生、撮らないでー!」と恥ずかしがっています。天気もよく、秩父のきれいな町並みのなかでみんなでお昼を食べることも素敵な体験ですね。
 
     
 
            
   午後はボランティア部の 「手すき和紙」 を使ったキャンドルケースを作りました。
 秩父青年会議所の方が目立つようにと、何とメインステージ前に置いてくださいました!


  
 小鹿野高校ボランティア部の 「ハガキ・しおり販売コーナー」 も設けていただきました。

   
    ケースのなかにキャンドルを入れて、15:00に点火作業に入りました。

     
      16:00 設置完了。生徒たちがこだわって作った「心」です!

 今回のボランティアが今年最後の活動でした。
以前、生徒たちに 「ボランティアのどんなところが好き?」 と聞くと 「人の笑顔が見られるところ!」 と答えていました。 来年もいろんな人たちの笑顔が見られるように心を込めて活動したいね。1年間お疲れ様でした!

もみじの植樹

 12月12日(土) 生徒会・野球部・吹奏楽部で、ふるさとの木「もみじ」の植樹をお手伝いしてきました。
 場所は小鹿野町にある「みどりの村」、緑が豊かで、フィールドアスレチックやテニス、ハイキングなどが楽しめる場所です。「もみじ」は小鹿野町の「町木」です。毎年、協力してもみじの植樹をお手伝いしています。
 みどりの村に集合して、最初に「もみじぃ」こと加藤様から、もみじに対する熱い説明があり、実際に植樹に移りました。
 
 (もみじぃの説明の様子)             (小さな、もみじの苗)
 
(穴を掘り苗を植えていきます)
 
      (作業の様子)              (苗を植えたら袋をかぶせます)

完成!! 60本近くの「もみじ」の苗を植樹しました。
この苗が大きく成長して、立派な「もみじ」になるか楽しみです。

世界陸上9位「やり投 新井選手講演会」ご来場ください

~地域のアスリートに学ぶ~ として、
陸上競技「やり投 新井涼平選手講演会と実演」を高校生と地域の皆さまが一緒に参加できる行事を、下記予定で実施します。
お誘い合わせの上、ご来場ください。

新井選手は、本校陸上部に昨年度から年に数回、指導に来てくれています。
本校2年生で、高校からやり投げを始めて、県大会で入賞しています。

第四回学校説明会:校長と在校生による座談会

 12月12日(土) 第四回学校説明会が開かれ、校長と在校生による座談会が行われました。60名を越える中学生や保護者の皆様に参加していただきました。ご参加ありがとうございました。
  
生徒たちからの自己紹介があった後、 校長と在校生の対談がはじまりました。
 

 参加した在校生は、1年生から3年生まで9名です。中学時代に抱いていた小鹿野高校の印象、勉強や部活動、学校行事、卒業後の進路希望などについて対談が行われました。
 最後に、生徒たちはこれから高校受験に臨む中学生に、それぞれの言葉で熱いエールを送っていました。座談会の後は学校の概要説明や部活動見学も行われました。

このような座談会形式の学校説明会は、大変珍しい形です。
次回、第5回の学校説明会は平成28年1月23日(土)にも座談会形式で行われます。
今度は校長と卒業生による座談会です。

 小鹿野高校への進学を検討している中学3年生・保護者の皆様、中学校の先生方や地域の皆さま、是非ご参加いただき、小鹿野高校の状況を直に聞いてほしいと思います。多くの皆さまに来校をお待ちしています。

秩父第一中学校2年生が体験授業に来校

12月11日(金) 体験授業への参加のため、秩父第一中学校2年生17名が来校してくれました。
    
 全体会で、高校についてや小鹿野高校についてなどの説明を受けた後、授業教室に移動して高校の授業を体験してもらいました。
 本校には「情報・ビジネス系列」「郷土・環境系列」「福祉・生活系列」「国際教養系列」の4つの系列があります。この系列から1科目ずつ計4科目の中から1科目を選択して体験してもらいました。

    
  情報の授業:月(つき)の画像作り     理科の授業:スライムづくり

    
  福祉の授業:車椅子体験          英語の授業:ミュージカル映画で英語

参加してくれた中学生からの感想の一部を紹介します。
「楽しかったです。パソコンとか苦手だけど、すごい楽しくできました。」
「ただのスライムだけじゃなくて、光るスライム、磁石にくっつくスライムが作れておもしろかったです。」
「車椅子の体験が楽しかった。けど、押す方はちょっと大変だった。先輩が面白かった。」
「英語は結構難しかったけど、楽しく勉強ができたのでよかったです。」

色々な感想をたくさんいただきました。ありがとうございました。

授業後、部活動見学をしました。

   
体育館に行くと・・・           雨天だったので野球部が練習していました。

   
 ブラスバンド部の演奏を見学        科学部の実験を見学

初めて小鹿野高校に来てくれて人もいるかと思います。
小鹿野高校の印象は、どうでしたでしょうか?!

もうすぐ3年生です。色々な学校の説明会に参加して、自分の目で直接見て、自分の進路を決めてほしいと思います。