日誌

2014年2月の記事一覧

雪かきボランティア

2月20日(木)、大雪による交通障害ため生徒は臨時休業となりました。そんな中、登校可能な生徒が20名学校に集まり、先生方、保護者と共に雪かきボランティアを行いました。
 
 
  
  シャベルを抱えていざ出陣!
 
 
 作業の様子
  
  正門前の道幅が雪のため狭くなっており、大変危険な状態でした。車に注意しながら道路幅を広げるための雪かきを行いました。通学路でもあるので、歩行者のスペースを確保することもできました。すでに雪というより氷の固さで、苦労していますが皆で力を合わせて確実に作業を進めました。
 
  
 こちらはバイパス沿いの歩道を除雪しています。歩道は全く雪で封鎖されていましたが、通路を作ることが出来ました。改めて雪の多さを実感します。 
 
 
 作業後には記念写真も。
 
 午前十時から正午まで2時間、学校周りの雪かきを行いました。できた範囲はそれほど広くありませんでしたが、道幅が広くなったり歩道を確保したりすることが出来ました。地域の安全確保に貢献することができました。
 参加された生徒・保護者・教職員の皆様お疲れ様でした。「普段は自転車で登校しているけれど、今日は一時間かけて歩いてきた」という生徒もいました。百二十年に一度とも、史上初とも言われる今回の大雪ですが、この困難な状況の中でこそ育まれる奉仕の精神もあることでしょう。作業の様子を見ていた地域の方々からも応援や感謝の言葉をいただきました。