平成23年度版 鹿高日誌

2011年12月の記事一覧

鹿高祭の収益金 寄付 

平成23年度 鹿高祭 会計報告
 
小鹿野高校生徒会では、今年度の鹿高祭の返還金の中から 45,400円 を、
 
東日本大震災の義捐金として、讀賣新聞 光と愛の福祉寄金寄付しました。
 
震災で被害を受けた地域の1日も早い復興と、人々の生活のお役に立てればと思います。
 
 
参加団体の皆様、ご来場くださった皆様のご協力、ありがとうございました。
 
               

               12月13日 付  讀賣新聞 朝刊より 

            
 

認知症サポーター お礼

先日、認知症サポーターの講義をしていただいた小鹿野町保健福祉センターの方へ、お礼にうかがいました。
 
アンケートと感想を書いた書類を届けるとともに、「今後の勉強もがんばります!!」と決意を伝えました☆
認知症サポーターとなったからには、しっかり勉強しないとね!!
認知症サポーターの名に恥じぬようがんばっていきましょう(^^)

ボランティア同好会 活動報告14

12月7日 11月分のエコキャップ回収に伺いました。今回もたくさん回収できました。集計はまた報告させて頂きます。
 
 
そして、エコキャップ回収に協力して頂いている場所にプレゼント☆
先日お知らせした、華道部とのコラボ作品「壁掛け」
 
「きれいですね~」「すごーい」と絶賛!!嬉しいですね~
 
 
これは、警察署の署長さんと。署長室に飾って頂けるということでした!!
華道部に所属している同好会メンバーも非常に喜んでいました(^^)
 
地域の方々とこのように交流が図れることは、とても生徒にとって良い刺激となります。また、学校内でも華道部とともに活動ができ、交流が持てたことも非常に嬉しかったです。まだまだがんばるぞ!
 

秩父第一中学校 体験授業

12月7日(水)、本日小鹿野高校は期末考査2日目。生徒は一生懸命テストを受けて下校しました☆
 
そして、午後は秩父第一中学校の2年生の生徒さん15名が体験授業に来ました。まずは、小鹿野高校の説明。総合学科のこと、授業のこと、進路のこと、部活動のことなど説明がありました。
 【小鹿野高校について、わかったかな?】
  
 
 
そして、体験授業。約90分の時間をつかい高校の授業はどのようなものかを体験しました。
楽しく学べたかな?
 
【英語】
日本との違いはなんだろう?
 
 
【情報】
「目は口ほどにものをいう」をキャラクターをつかって解説
 
 
【福祉】
バルーンアート、ベッドメイキング、リフト 福祉ならではの科目です
 
 
 
 初めての高校ってどんな感じだったかな?
 
緊張していた様子でしたが、各授業では、「へー!なるほど」と勉強を深めながら、笑顔がみられました。あと1年ありますが、高校選びを今から考えるのでしょう。小鹿野高校はあなた方が来るのを待っていますよ!!
 
ちなみに…体験授業をした英語の先生は、秩父第一中学校の卒業生です。先輩の活躍は、刺激になったことでしょう(^^)
 
秩父第一中学校のみなさん。本日はありがとうございました。

ボランティア同好会 活動報告13

10月のエコキャップ回収の結果がまとまりましたので、ご報告させていただきます。
 
【こんなに集まりました】
 
  鹿高 社協 やおよし 両神中 長若中 郵便局 警察署 鹿小 保育所 ふたば 合計
4月分 8950 37760 9400 2360 58470
6月分 2880 19560 840 12720 1240 360 5520 9760 52880
7月分 2200 16720 1680 3680 560 9440 2200 36480
9月分 6760 39320 1280 9400 3560 1120 5680 5360 1840 74320
10月分 3560 30800 2400 7760 2000 14440 6200 1440 68600
合計 24350 144160 9400 8560 22120 16240 4040 35080 23520 3280 290750
 
また、「エコはが金」ですが年賀状を作成してみました☆
こんな感じで印刷もできます!切手をはれば、そのまま送ることができますよ~
 
 
大量に注文をいただいたりもしています!
興味のある方は、小鹿野高校ボランティア同好会担当までご連絡くださいね~