過去の鹿高日誌は、左側「過去の小鹿野高校の様子」にもあります

2017年12月の記事一覧

英語で英米文学ななめ読み


 昨日から小鹿野高校の冬季公開講座が始まりました。
 第一弾は「英語で英米文学ななめ読み」、さまざまな英語の作品を読みながら、その時代背景やエピソード、読み取り方などについて本校英語科教諭が講師となり実施しました。
 受講者は8名、熱心に受講される姿に敬服するばかりです。(日毎に参加することもできるため、今日は6名の方が受講されました。)
 全3日の今日は2日目、明日も小鹿野高校でお待ちしております。

1学年 学年集会

本日で2学期も終わります。インターンシップや文化祭など、いろいろな行事があった2学期でした。

昨日、1学年は学年集会を行いました。

まずは、成績や出席、冬休みの生活についてのお話。
2学期の成績が思ったようにいかなかった人、補習や追考査に一生懸命取り組んで解消しましょう。
成績や出欠席は進路を決めるうえでとても大切です。
3年生になったとき、希望する進路を選択できるようにより良い状態にしておきましょうね。
事故やトラブルに巻き込まれることのないよう、また、新学期の整容指導にひっかかることのないように冬休みを過ごしてください。

その後は、遠足の写真コンテストの表彰式。
11月の遠足の時、各班に「楽しそうな集合写真を撮ってくること」というミッションを課していました。
提出された11の班のうち、グランプリ、準グランプリ、ユニーク賞の3つについて表彰をしました。

   
 グランプリを受賞した班には赤い靴下に入った景品が贈られました!
中身はいったいなんだったのでしょう??
  写真を編集して文字やイラストまで入っていました。お見事!
   
   
 準グランプリは女子の班。
お台場のガンダムの前で撮った写真でした。
みんないい笑顔でした(^^)
  ユニーク賞は…「合成写真みたい!」と先生たちが思わず笑ってしまった奇跡の1枚を撮影した班に贈られました!

学校 終業式

 今日は第2学期終業式でした。
 校長式辞では、まず最初に今学期を振り返って良かったこと、後悔したことが伝えられました。良かったことは文化祭が大成功に終ったこと、そして来場した方から「いい文化祭だった。来年もまた来ます」と声をかけてもらえたこと、後悔したことは、70周年式典で立派な態度で臨むことができた生徒の姿を、もっとたくさんの人に見てもらいたかった、ということでした。また、「サルナシ」を例に、新しい知識が古い体験と結びついて一つの形になる大切さ、さらに人から聞いて、「おもしろいな」と思うことがあったら、そのままにしないで、少しでいいから調べて見ましょうということ、そして、知識は長い人生の中で、役に立つ日が必ず来る、知らなかったことを知ることは楽しい、という内容でした。


 その後の表彰では、以下の表彰がありました。

 ・彩の国・ふれあい大賞
 ・バドミントン部 小鹿野町町民大会一位
 ・「美術」選択者 薬物乱用防止ポスター入選
 ・文化祭(わらじかフェスタ) 優秀企画賞
 ・球技大会 各種目入賞

 
 


 終業式終了後、全体集会がありました。
 教務部からは、全校で欠席遅刻早退の減少傾向にあること、学習にさらに取り組んで欲しいとの2点について話がありました。
 生徒指導部からは、SNSでの情報発信の危険性について、保護者あてのプリントもあるので必ず渡すこと、生活全般について配布プリントをよく読むこと、アルバイトについてなど、冬休みを安全に過ごすためのさまざまな話がありました。

 生徒の皆さん、穏やかな年末年始を過ごして、また1月9日の始業式では元気な姿を見せてください。ご家庭においても生徒が安全に過ごせますよう、ご指導をお願いいたします。

「福祉」が学べる!資格も取れる!小鹿野高校

 小鹿野高校では、さらに進む高齢化社会で不可欠な「福祉」を学ぶことができます。
 さらに、総合学科の「福祉・生活系列」の科目を選択することで、「福祉」を学ぶだけではなく、それに関する資格(介護職員初任者研修)を取得できます。
 このように、「福祉」を学び、それに関する資格取得ができる学校は県内でたった3校(!)。そのうちのひとつが、小鹿野高校です。
 小鹿野高校は、西秩父唯一の高校として、今後も、地域の期待する人材の育成に努めてまります。

※参考として、県内で福祉関係を学べることができる高校の一覧をご覧いただければと思います。
   ⇒ 埼玉県内で福祉を学べる高校一覧.pdf