過去の鹿高日誌は、左側「過去の小鹿野高校の様子」にもあります

2017年1月の記事一覧

尾ノ内氷柱ボランティア

1月29日(日) 尾ノ内氷柱でのイベントがあり、ボランティア部の生徒6名が参加しました。

朝9時前に、小鹿野高校に集合したのですが…その時点で-1℃。
さらに、氷柱まで14キロ進んでいきます。。。
どれだけ寒いのでしょうか(^^;) ドキドキ。。。

会場に着ました。ドドーンと見事な氷柱にびっくり!!
寒さなんて忘れちゃうくらい美しい景色でしたよ♪
※2月下旬までやっているとか!?写真より、実際に足を運んで是非みてください!!


【イベントボランティア】
甘酒の無料提供、地域の物産の販売、チケットの受付を行いました
校長先生も物産販売に一日お付き合いしてくださいました!!
 


【氷の彫刻もありました】


【ゆるきゃらもたくさん来ていました】
 
当日、埼玉新聞の一面に記事がでていました。その影響もあり、チケット販売の状況では、5時間の間に1000人以上のお客さんが来ていたようです。
生徒もバタバタと動きながらも、イベントを楽しめたようです。
イベントのスタッフの方々にも「寒くないか?」「あたたかいお茶入れるよ」と、声をかけていただき地元の方々のあたたかさにも触れ、寒さも和らぎました。

生徒のみなさんお疲れ様でした(^^)

1・2年生合同卒業式歌練習

早いもので3年生の学年末考査がはじまり、3年生と学校で顔を合わせる機会も残りわずかとなりました。卒業式まであと少しです。

在校生は、卒業式に向けて今から準備しています!
本日、1・2年生合同で卒業式の合唱練習が行われました。
「声が出るかな?」と少し心配でしたがまったくの杞憂(きゆう)で、
皆大きな声で歌っていました。本番ではより完成度をあげてくれることと思います。

卒業式が終わればまもなく2年生は最高学年、1年生も先輩になります。
しっかりとした上級生になれるよう取り組んでいきましょう!

  

三田川小学校福祉体験授業

金曜日の小鹿野小学校につづき、三田川小学校に福祉の教員1名が出前授業に行きました。

今日は、4年生を対象に車いす体験の授業です。
車いすの使い方、車いすの介助の仕方を教えました。
【体験の様子】
 

「車いすに乗っている人、介助する人どちらが主役ですか?」と最後に質問しました。小学生にはちょっと難しい質問だったかな?(^^;)
でも、みんなちょっと考えて「乗っている人」と答えてくれました。その通り。乗っている人が主役です。「乗っている人がちょっと困っていれば、そこを手伝ってあげましょう。全部やってあげるのはその人のためにならないですよ」とお話もしました。
これから、障がい者の勉強を深めていくそうです。今日学んだことを、活かしてくれたらいいなと思います。

※とってもかわいい小学生に癒されました♪

心を込めて~3年生「食文化」試食会~

平成29年1月23日月曜日3・4限の家庭科「食文化」の授業で試食会が行われました。三年生が、今までお世話になった先生方をお招きし、心を込めておもてなししました。

テーマは秩父地方の郷土料理。メニューは、おっきりこみ、みそぽてと、炭酸まんじゅうです。これまでにも多くの実習を行ってきました。おしながきには「麺は、朝から仕込んだ手打ちです」とあり、生徒の意欲に先生たちも感激です。

調理の様子
   

時間になり、会場の調理室には多くの先生が訪れていました。一人一人の先生に配膳してくれます。
  

できたてほやほやです!温かいうちにいただきます!
 

……(賞味中)。

 とてもおいしかったです。実は、先週おっきりこみの試作品を味見させてもらいました。その時にも味がまとまっていておいしかったのですが、今日は麺に一段とコシがあり、さらに食感がよくなっていました。みそぽてとと炭酸まんじゅうもおいしくいただきました。
 小鹿野高校に赴任してから、試食会は毎年参加させてもらっていますが、今年は四年間で一番おいしく感じました。(担任の贔屓目でしょうか?)

 例年、この「食文化」の試食会はその年の最後の授業で行います。今年の三年生も授業は残すところ、あと二日となりました。学年末考査も含めて、悔いのないようにやり抜いてください。
 いよいよ「卒業」という言葉が、間近まで迫ってきました。

3年福祉生活系列 プチ卒業式

本日、3年生の実技の時間が最後となりました。そこで、福祉生活系列の生徒のプチ卒業式を行いました。

【介護職員初任者研修修了証とエプロンをわたします】
 
 
2年間使用したエプロンは先生が愛をこめて洗濯、アイロンをかけましたよ(^^)

【3年生からのことば】
それぞれの思いを、それぞれの言葉で表現してくれました。
 

最後となると、言葉につまり…。涙…涙…。
やっぱり仲間っていいですね

【先生からのことば】
 
福祉生活系列は、施設への実習があり、生徒指導を厳しくやっています。
生徒からしたら「うるさい」と感じることも多かったことでしょう。
「福祉を選択しなければよかった」「大変だ」と他の高校生とはちょっと違った苦労があったようです。しかし、今振り返ればそこを乗り越えてよかった、福祉を学んで成長したという生徒の言葉をきいて先生達も安心しました。

【集合写真】