過去の鹿高日誌は、左側「過去の小鹿野高校の様子」にもあります

2016年2月の記事一覧

電卓検定

 2月27日(土)全国経理教育協会主催「電卓計算能力検定」が実施されました。今年度最後の検定であり、学年末テストの真っ最中ということもあり、今回は希望者による受験となり、2年生が2名受験しました。

 発表はまだですが、いい結果がお知らせできればと思っています。

 受験した二人は、学年末テスト実施中にもかかわらず、受験に挑みました。
授業の成果を検定試験ですぐに見ることができるのが、商業・情報の科目のいいところではないかと思います。良い結果がでれば、次の段階に進むことができ、残念な結果が出れば欠点を修正して再度チャレンジができる。

 二人には、今回のチャレンジをひとつのきっかけとして、様々な場面で自分を試し、挑戦し続けて欲しいと思いました。いい結果が出ることを期待しています。

視聴覚室の環境が良くなりました

視聴覚室の機器が新しくなりました。
今まで、部屋を暗くしないと見ずらかった画面が、明るいままでも見えやすくなりました。
授業ではもちろん、様々な講演会や中学生への説明会、一般の方対象の公開講座など稼働率の高い部屋です。
今後さらに利用しやすくなります。

県の予算も厳しい状況ですが、日ごろの節電などにより予算の有効利用を図っています。
 

2年生 『紙芝居発表会』

  2月24日(水)5・6時間目 家庭総合の時間に、2年生3クラス総勢51名
 による『紙芝居発表会』が行われました。
  紙芝居は、保育分野の学習の中で生徒が製作した作品です。近い将来、親になっ
 た時に子どもに何を伝えたいか、子どもに何を教えたいか・・・。
  各グループでテーマを決めて心を込めて作りました。
   
       『がまん』          『けんちゃんとくま』       『はなのおくりもの』
    
     『やさいのくに』         『虫歯と坊ちゃん』        『クレヨンの逆襲』
    
 『ぴーちゃんがまなんだこと』     『仲良くしよう!』      『たいちゃんのがまん』
   
   『きもちをつたえよう』      『ゴリーのすきキライ』    『ニンジンくんとなかまたち』
   
    『まいごになったら』       『ハミガキの大切さ』      『豆の世界の物語』
   
『いたいのいたいのとんでけ~』    『たいせつなきもち』     『ぼくたちのなつやすみ』
 
 絵がキレイな紙芝居、会話がユニークな紙芝居、心がほんわか温かくなる紙芝居、
 長ーい呪文が唱えられる紙芝居、製作者と主人公がそっくりな紙芝居・・・(笑)

 個性的で素敵な紙芝居が沢山ありました。

 読み聞かせにもひと工夫。 あまりの面白さに大爆笑!
 
  
 
 授業時間の調整に協力して頂いた先生方や2学年の先生方も見に来ていただき、
楽しい感想を聞かせて頂きました。
 緊張もしたけれど・・・。素敵な発表会、お疲れ様でした!

1年生~在り方生き方教育~

皆さんこんにちは。
1年次生では「在り方生き方教育」を2月23日(火)に実施しました。
ホームページをご覧の方々は「在り方生き方教育」と聞いてもどんな学習かイメージが持てないと思うので少し紹介します。
「在り方生き方教育」は、「人間としての在り方生き方」を考える授業です。埼玉県教育委員会が発行している 「明日をめざして」 という書籍を活用し、さまざまな作品を読み深め、高校生としてどのように生活を送るべきか、どのような心構えを作り上げたらよいか自分自身と向き合う授業です。

本日は埼玉県出身のプロゴルファー石川遼選手についての作品を読み、1年後、2年後、3年後の自分はどのようにあるべきか向き合いました。

はじめに石川遼選手が目標を立てて突き進んできた内容、落ち込んだりした時にどのように這い上がったか、目標達成に向けての取り組み方、心構えについて書かれた文章を読み深めます。
 

その後それぞれが、将来自分自身がどうあるべきかを考え、今やること、これからやることを考え自分自身と向き合います。
 

どのクラスも静かに黙々と取り組んでいました。そして、どの生徒も必死に自分自身について考えてくれました。一人ひとり抱いている夢は違うと思います。その夢を達成してほしいと学年の先生、小鹿野高校の先生は必死に応援しています。

小鹿野高校に入学して間もなく1年が経ちます。どの生徒も見違えるように成長しています。
これから入試を迎える中学生の皆さん、夢を実現させられるように、目標を掲げて受検に挑んでください!

なお、2年生も同じ時間帯に「在り方生き方教育」として「明日をめざして」の冊子を利用しての授業を実施しました。
テーマは 『ゴミを拾うことで得られるもの』 でした。

学年末考査前です

学年末考査が近づいています。
1週間前から部活動は原則禁止期間となりますが、軽い練習をして勉強会をしている部もあります。
昨日も夜7時過ぎまで勉強を頑張っている部もありました。
文武両道で勉強も運動も頑張ろう!!

【バドミントン部は総合学習室で勉強会】
 

【野球部は地歴公民室で勉強会】
  

個別に職員室前に来て、わからないところを先生に勉強を教えてもらっている人もいました。
帰宅して、家で勉強している人も多いと思います。
少しでも、いい点数を取れるように頑張ろう~

3月7日(月)和菓子職人さんによる講演と実演に向けて

昨日、2月22日(月)に和菓子職人さん2名に来校していただき打ち合わせを行いました。

この打ち合わせは、3月7日(月)に 「地域のスペシャリストに学ぶ」 と題して秩父市吉田で和菓子店を経営する嶌田様親子に、本校1・2年生対象の講演と実演等の講師として学校からの依頼を受けて来校していただきました。校内の実施予定場所や時間設定、内容などの確認や打ち合わせを行いました。

昨年度、同じ時期に洋菓子店のパティシエ大橋様から講演と実演をしていただいたのを2・3年生は覚えているかと思います。
【昨年の様子】
 

今年度は、和菓子の職人さんからのお話を伺います。
ぜひ、楽しみにしてください。
3年生で参加希望の生徒は、午後の部に参加が可能です。事前申し込みが必要ですの前日までに学校へ連絡してください。

なお、地域の方も事前申し込み(申込順先着10名まで)により見学が可能です(午前の部のみ)。
詳細は、「広報おがの3月号」をご覧いただくか、小鹿野高校まで電話で問い合わせてください。

平成27年12月17日には 「地域のアスリートに学ぶ」 と題して、陸上競技やり投げの新井涼平選手から講演と実演、実技指導をしていただき、多くの地域の方にも参加していただきました。ありがとうございました。
【12月17日の様子】
 
小鹿野高校は地域の皆さんと共に歩みながら、生徒たちへ 『生きる力』 を身につけさせることを目指しています。
一層のご支援をお願いします。

もう少しで雪がなくなります・・・

先月、1月18日(月)に降った雪が ”ズッ~ト” 残っていましたが、ようやく溶けてなくなりそうです。校舎の陰にまだ、ほんの少しだけ残っています。
 
本日が、平成28年度埼玉県公立高等学校入学者選抜、入試の入学願書提出の最終日でした。中学生が願書提出に来校してくれました。
中学3年生の皆さんは今、必死で受検勉強をしていることと思います。合格目指して、そして高校入学後に高校の勉強についていけるように、今勉強をしっかりやる時です。頑張ってください!
明日には倍率等が新聞発表されると思います。

これから、卒業、入学のシーズンを迎えます。学校も忙しくなります。
在校生の皆さんも、学年末試験が直前です。しっかり勉強して試験に臨んでください。赤点など取らないようにしてください。

もうすぐ来る春に向かって頑張りましょう!!

エコキャップ回収報告(4月から1月分)

 1月分の回収結果がまとまりましたのでご報告します。
 
 
小鹿野     高校
社会
福祉     協議会
小鹿野   小学校
小鹿野     郵便局
小鹿野  警察署
小鹿野     保育所
小鹿野     幼稚園
吉田   幼稚園
両神   中学校
秩父   富士
その他合計
4月546112599 75251291634     27348
5月6050181031591100192279447245584085  熊谷紙業(731)    市内の方(6665)
両神荘(774)     キッチン坂本(903)
60230
6月6665193071849911621520212107 27094988鹿の子(387)
むさしの会館(1333)
50697
7月
3569
18576
1075
8299
1032
2580
2795
2451
  黒沢工務店(1677)42054
8月
4042
34056
2236
21414
430
14620
7396
   84194
9月
5762
38614
1763
7138
258
3999
4085
10277
2064
 三田川小(9976)
秩父エレクトロン(2795)
86731
10月
5977
31089
2064
8213
258
4687
2924
 
 
10836
市内の方(3913)69961
11月
2795
22876
2494
7826
172
1849
2709
3182
4300
 近藤金物店(946)49149
12月
4171
7912
172
3569
86
516
1677
 
 
1505
両神庁舎(9847)29455
1月
2451
21113
731
3311
129
3612
1247
1849
  両神荘(602)
35045
合計
46943
224245
13975
86430
4988
39990
29498
21844
9073
17329
40549
534864
1月は、3万5千個集まりました。ご協力ありがとうございました。

多くの皆様のご協力で、ペットボトルキャップの回収も、地域の中で定着してきていると感じております。
回収したキャップは、エコキャップ推進協会を通じて義援金などとして、様々な場所へ寄付されています。

ぜひ、ご家庭等でもペットボトルのキャップをまとめていただき、本校へご持参ください。
有効に活用させていただいています。

産業社会と人間 職業別分科会

2月17日(水) 1学年 「産業社会と人間」 の授業で進路ガイダンスとして職業別分科会が開催されました。
外部講師の方をお招きし、生徒が自分の興味に応じて各分野の専門家にお話を伺います。

今回の講座は以下の分野を開講しました。
①コンピュータ
②自動車整備・車体整備
③土木・建築
④放送・マスコミ
⑤ビジネス・公務員
⑥理容・美容
⑦栄養・調理・製菓・製パン
⑧スポーツ
⑨幼稚園教諭・保育士
⑩社会福祉・介護福祉
⑪看護師・准看護師・養護教諭

  
  

各分野ではどんな仕事をするのか? その仕事につくためには? といった基本的な講義や、具体的な職業をカードを使って職業を探す演習をしたりしました。福祉分野では障がいを持つ方への補助の実習も行われました。
1年生も間もなく2年生になります。そろそろ自分の進路はイメージできてきたでしょうか?
自分の人生に大きくかかわることです。後悔のないように今からしっかり取り組みましょう。

三田川小学校 出前授業(福祉科)

2月16日(火)三田川小学校4年生の総合的な学習の時間に「車いす体験」の出前授業を行いました。

4年生のみなさん、車いすを押したことはあるけど(すごいです!)、乗ることは全員はじめてだったようです。
今日は「車いすに乗ること・押すこと」両方を体験して、乗っている人が安心できる車いすの押し方を勉強しましょう!

 
「車いすを使う人たちは、どんな人たち?」みんなで考えます。
車いすの部品の紹介では難しい専門用語もありましたが、みなさん覚えるのが早い!
車いすの開閉の仕方、押し方。さらに段差や曲がり道も体験しました。
先生の説明や動きを本当によく聞いて・見て・学んでくれました。

最後に 「車いすを押すときに気をつけること」 を発表してくれました。
・車いすを押す前には声を掛けて、びっくりさせない
・段差や曲がり道はゆっくり押す
・乗っている人にもいろいろ聞きながら押す 
そして、
・乗っている人の気持ちになって押す
素晴らしい!4年生のみなさん、本当に一生懸命取り組んでくれました。
相手の気持ちになって考えることの大切さ、先生も改めて勉強させていただきました。
三田川小学校4年生のみなさん、ありがとうございました!

国際ロータリーへの教育長感謝状贈呈式で体験発表

2月10日(水)本校1年の柴崎君が校長、保護者とともに埼玉県庁で開催された贈呈式に参加し、国際ロータリークラブ会長や埼玉県教育委員会教育長の前で体験発表をしました。

本校は、埼玉県教育委員会より指定を受けて「自分発見!高校生感動体験プログラム事業」就労体験活動に取り組んでいます。
 この就労体験(インターンシップ)は、地域の事業所の協力で、県内の8高校が実施しています。この実施にあたって、ロータリークラブの会員事業所からも多大な協力をいただくことで、県内の高校生がインターンシップに取り組むことができています。今回、教育長がロータリークラブに対して感謝状を贈呈するという席で、本校生徒を含む2校2名の高校生が呼ばれて体験発表しました。

 本校での就労体験活動は、1年次生全員が10月に5日間実施しています。校内では学べないことを、地域事業所のお世話になり、様々な活動を体験したり「働く」ということについて事業所の方から直に感じることで、高校生活をさらに充実させ、高校で学ぶという意味を一層明確にさせていくなどを目的としています。5日間のみ体験へ行くだけでなく、事前から事後まで様々な取り組みを実施しています。
 今回、本校から柴崎君が選ばれたのは、事後指導の一環として校内で実施した体験発表の予選を通過し、本選で「最優秀賞」を受賞した結果、今回の発表に本校代表として選出されたわけです。

 教育長からもお褒めの言葉をいただき、部活動の野球部も頑張れと励ましの言葉を直接いただいたようです。
  
 

発表を終えた本人の感想
 校長先生、両親、弟と埼玉県庁でインターンシップの発表をさせていただきました。県の教育界のトップである教育長さんの前での発表ということで、最初は緊張しましたが部屋に入ると思ったより人も少なくリラックスできました。そのおかげで思い通りの発表ができたと思います。私の発表が終わった後で突然、司会の方が母にコメントを求めてきたので驚きました。母も、このような機会をつくっていただいたことに感謝の言葉を言ってくれたりして、自分の将来について考えてくれているんだな。と思い感激しました。今回、発表できたことは自分にとって、とてもいい経験になりました。

電話回線、復旧しました

2月16日(火)本校の電話回線が復旧しております。
昨日は、大変ご迷惑をおかけしました。

新聞テレビ等でも報道されておりますように小鹿野町で大きな火災がありました。
この関係で電話回線が燃えてしまったために復旧に丸1日かかったようです。

緊急連絡です

緊急連絡です。
本日2月15日(月)、早朝に起きた近隣での火災により、本校の電話が不通になっております。
(受信も、発信もできない状況です)
復旧には、本日いっぱい時間を要すとのことです。

ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします。

主権者教育 1年生で模擬選挙を実施

みなさんこんにちは!
1年生の現代社会の授業では模擬選挙を行っています。
選挙権が18歳にまで引き下がることを踏まえ、投票所でのマナー、選挙での演説や公約を客観的に判断する必要性、選挙管理委員の役割などを総合的に学習していきます。

模擬選挙の争点は「これからの小鹿野高校をどのように築いていくか」です。
そのために、事前に1学年の生徒達からアンケートをとり(民意をくみ取り)、各党で公約を立てました。

演説ではさまざまな公約を説明してくれました。なぜ、その公約が必要なのか、よく考えられた演説会が繰り広げられました。
   
 
たとえば、「学食を開始させます。」 という公約がありました。
なぜ必要だと思いますか?先生は最初、温かいご飯が食べたい。ということかな?と思っていました。
話を聞くと、「昼食を食べながら先輩や後輩で会話する場が増える。先生とも昼食をとりながらいろいろな話ができる。」と説明してくれました。
学食開始による効果を聞いていて、先生方も考えさせられました。
授業なので実現が難しい内容(公約)も多くありましたが、生徒たちがどのように思いながら学校生活を送っているのか見えた演説会となりました。

また、選挙に向けてポスターも作成していました。
   


授業では各クラスで選出された選挙管理委員が授業を進行します。

演説が終わると生徒たちは名前の書かれた投票所入場券を持ち、投票所へ向かいます。
名前を確認し、投票用紙を受け取り、記載台へ向かいます。
 

その後、投票します。初めての投票に少し緊張しながら投票していました。
当日一番最初に投票所に着いた方には仕事があります。
それは投票箱に何も入っていないことを確認することです。確認後投票します。
   
 
当日使用した投票箱ですが、社会科教諭が授業の趣旨を小鹿野町の選挙管理委員会に伝えたところ、貸してくださいました。
この場をお借りしてお礼を申し上げます。誠にありがとうございました。
1年生の皆さんは数年後に投票所に向かう日が来ます。
今回の授業のように自分の意思を持った投票ができるように、様々なことに興味を持ちながら生活をしてほしいです。

多くの先生方も見学に来て、模擬選挙に参加しました。
開票は選挙管理委員会が行い、次の授業で結果を発表する予定です。

3年生テーブルマナー講座

1月29日(金) 3年生の学年末試験の最終日でした。
卒業に向けて日ごろの勉強の成果が発揮できたかと思います。

学年末試験終了後、3年生を対象に学年行事としてテーブルマナー講座が開かれました。
学校からバスでレストラン荷車屋へ移動しました。
プロのスタッフから洋食の作法の指導を受けました。
食事のマナーというと常識のように思えるかもしれませんが、あらためて「なるほど、知らなかったなあ」と思うようなことも多くありました。

食事の仕方が無作法だと悪気がなくても同席した人に不愉快な思いをさせてしまうかもしれません。
3年生の皆さん、マナー講座で習ったことを忘れずに、一人前の大人として恥ずかしくない食事の仕方を身につけましょう。
  

芸術鑑賞会・予餞会

2月12日(金)小鹿野文化センターにて、芸術鑑賞会と予餞会が行われました。
最初の芸術鑑賞会は、フリースタイルフットボール「球舞」が演技を行いました。フリースタイルフットボールはリフティングと音楽を融合させて行うスポーツです。生徒は華麗な足技やボールさばきに拍手喝采、会場もとても盛り上がりました。
続いては中国雑技です。人間離れした高度な技術やバランスを駆使した演技は見ている側がハラハラ、ドキドキしました。生徒もその演技を一心に見入っているようでした。
    
   

予餞会では生徒会長の挨拶に続いて、3年間の想い出画像や、1・2年生から卒業生へのメッセージなどが贈られました。最後には3年生の先生方から「世界にひとつだけの花」の合唱が行われ、生徒には感動して涙を流す姿も見られました。
生徒、教員が一体となった非常に感動する芸術鑑賞会・予餞会になったと思います。
          

秩父4高校合同説明会

平成21年度から毎年継続し実施している秩父4高校合同説明会が2月7日(日)に開催されました。
今年度で7回目となりますが、昨年度から会場を秩父市歴史文化伝承館に移し、実施時期も変更して対象を3年生から2年生としました。さらに生徒たちによる文化発表会を実施して授業成果発表なども中学生や保護者の皆様に見ていただきました。
総勢、約150名の皆さんが集まっていただき各校ごとの個別相談会にも多くの中学生が参加してくれました。
もうすぐ3年生、進路について、さらに真剣に考えていきましょう。秩父の4高校も皆さんの夢や目標に向けて応援します。
  
開会行事の様子

  
小鹿野高校からの発表 校長と前生徒会長の座談会を公開しました

  
授業成果発表 福祉を勉強している生徒が車いすを利用して発表しました

 
茶道部の生徒がお点前を披露しました

 
個別相談の様子です

企業見学を終えて(2年生へ)

 「今でもふと考えることがある。もしあの日、あの門をくぐっていなかったら、私はどうしていたのだろう。胸の奥でくすぶっていた小さな炎……今もまだ気づかないふりをしていたのだろうか。」
 こんなナレーションが流れるドラマがありました。2004年10月期のドラマ。「めだか」です。ある高校を舞台にしたこのドラマも、小鹿野高校を思い出させてくれるドラマでした。

 このドラマの第1回で主人公が生徒の前で言った下記の言葉が印象的で忘れられません。
 「あなたたちだって本当は特別なんかじゃないのよ。今まで一度だって何か本気でがんばってみたことあった? ピアノだって、英会話だって、水泳だって、最初からすぐに諦めて。 志望校も、好きな人も、就職先も最初から諦めて、何でもヘラヘラ笑ってごまかして、もういいかげんそんなのうんざりなのよ! 私は辞めないからね、今度は絶対諦めないからね!」(実は、自分に対して言っている言葉)

 そろそろ2年生も、「
胸の奥でくすぶっていた小さな炎」を、自分自身で、燃え上がらせる時が来たのではないでしょうか?
 企業見学で、個人的にいっぱい質問していたみんなは、とてもかっこよかったですよ。

2年生 企業見学

2月9日(火) 2年生が貸切バスを利用して企業見学を実施しました。
地元の企業9社にご協力いただき、3コースに分かれて見学を行いました。
   

   
~見学の様子~
企業見学というと堅苦しいですが(もちろん緊張感を持つことも大事ですが)いつも使う道具の部品を作っている工場、よく行くお店の普段見ないところ、など、意外に身近なところに「企業」「仕事」「工夫」があるということが分かったようでした。
3年生になったときスムーズに進路活動を始められるよう、自分がどんな仕事に興味があるか、自分にどんな仕事ができるか、改めて考えるキッカケになったでしょうか。また、すでに進路の方向性が固まっている人は、就職までに(進学してより上の学校で専門的に学ぶことも含めて)自分が何をすればいいか分かったでしょうか。

よりよい進路が実現できるよう、引き続き頑張っていきましょう。

1年次 産業社会と人間 分野別学習

みなさんこんにちは!
2月3日(水) 5・6時間目は各種専門学校の先生に来校していただき、専門学校で学習する内容を分野別に分かれて講義を受けました。
5時間目は全体会として進路を考えることについて講話を聴きました。

進路を考えるために、当たり前の事ですが早目に行動し、保護者とよく相談しておくこと。また、可能であれば高校卒業後、さらに知識や専門性を深められる大学・短大・各種専門学校等への進学も視野に入れると良い。
就職であれ、進学であれ、将来的には全員が就職をしなくてはなりません。生涯にわたって働くということを考えることが「進路を考える」ことということです。

また、必要な事は言われなくてもメモを取る。プリントを半分を折り、裏面も使ってメモを取るよう工夫する生徒も多くなってきました。

6時間目はそれぞれの希望や興味のある分野に分かれ講義を受けました。
  
  
 

さまざまな講義を実践的に学習しました。 どの生徒達も興味のあることに対し意欲的に学習をしていました。もうすぐ2年生になります。自分で悩むことも大切ですが、悩みながら次のステップへの行動へ移したり、保護者の方と相談したり、オープンキャンパスに参加したり、行動に移しましょう。
時間は待ってくれませんよ!?

理科の体験授業~自然由来の材料からスライムを作ります~

秩父市立吉田中学校の2年生全員が本校の体験授業に来校してくれました。

このうち、17名の中学生が理科の体験授業を受けました。
本校の科学部の生徒もアドバイザーとして指導補助のお手伝いをしてもらいました。
 
授業内容は、スライム作成で一般に市販されているスライムと同じ位の出来映えのものを作成します。
従来の体験授業ではスライが、固くなりすぎてしまい伸びにくいのが難点でした。
今回のスライムは、天然糊を使った新しいスライムを作りました。
このスライムは、薄くて丈夫な膜になり、良く伸び、細い紐になったりする性質があります。
洗濯糊を使わず、豆抽出の植物糊のグアガムとローストビーンガムを独自の配合で混ぜ、ホウ砂によってゲル化させてものです。
グアガムとローストビーンガムは、ソマール株式会社様の食品材料部ご厚意によってサンプル提供していただいたものを使用させていただきました。
 
スライムは、蓄光パウダーを入れたものと鉄粉を入れたもの2種類作成しました。
蓄光パウダーを入れたスライムは、実験室の明るさで充分エネルギーが溜まり、簡易暗室に入れると緑色の蛍光色で輝きました。
鉄粉のスライムは、磁石を近くに置くと飲み込んでしまいます。

科学部の生徒にアドバイスを受け、自分たちで作成したスライムを色々試して、時間を忘れて楽しんでいたようでした。
初めてスライム作りをした中学生も多かったようで、皆さん「楽しかった」という感想を持ってくれたようです。体験授業で楽しんで授業を受けていただけたこと嬉しく思います。

3年生になってからも体験授業を実施予定です。また、小鹿野高校に来てください。

秩父市立吉田中学校2年生が体験授業に来校

2月5日(金) 秩父市立吉田中学校の2年生が全員来校してくれました。
毎年、実施している体験授業です。高校について学び、高校の授業を体験し、部活動の見学もしてもらいました。

全体会では、高校についてや小鹿野高校についての説明がありました。
そして、中学生が体験を希望した授業会場に移動して、中学生用に先生方が工夫した授業を展開しました。
 
社会の授業                         英語の授業

 
理科の授業

 
家庭科の授業                       福祉の授業

 
福祉の授業

 
美術の授業  

中学生が書いてくれた体験授業の感想の一部を紹介します。
「ワンピースを取り入れた話や、なぜ大航海時代になったかなど、おもしろく説明してくれた。もっと長く受けたかった。」
「私が知っている歌を英語で歌ったので、すごく楽しかった。詳しく説明してくれてすごく良かったです。」
「中学校ではやらない授業をやるので楽しそうだと思った。特に陶芸はおもしろそうだと思った。やってみたかった。」
「すごく分かりやすく教えてくれた、先生も優しく面白かった。間違えたところは優しく直してくれた。小鹿野高校に入ったら福祉をやりたい。」

体験授業の後は部活動を見学してもらいました。小鹿野高校には、運動部も文化部もあります。色々な部活動を見学したり体験してもらいました。

茶道部にもたくさんの中学生が来てくれました。

ぜひ、3年生になったら小鹿野高校の説明会に来てください。
授業も部活動も、たっぷり体験できます!!

プロのギタリストによる特別授業

2月3日(水) 1年生と2年生の選択の音楽で、プロのギタリストによる特別授業が実施されました。
ギター経験のない生徒が多い中、本格的なギター演奏を鑑賞させていただき、全員がギターを持ってギター演奏の基礎から、基本的なコードなどを指導していただきながらの授業でした。
将来、プロのギタリストを目指す人も出るかな~
難しいことも多かったですが、みんな楽しそうに授業を受けていました!
 

 
少人数の学校だからできる授業!
小鹿野高校には、意欲を持って授業を受ければ、楽しい内容がいっぱいありますよ!!

先生方も学びあっています~研究授業~

 先月、2名の先生が研究授業を行いました。

 本校でも、「知識構成型ジグソー法」の手法を用いた協調学習の授業を少しづつ取り入れています。現在、注目されているアクティブ・ラーニングを取り入れた授業研究を進めています。これは、生徒の学び合い、主体的な学びによる授業により、聞いているだけの授業でなく、生徒同士で学び合い、理解したことを交換し合い、考えながら一人一人が自分なりに納得し、次に学びたいことを自分で見付けながら学習させていこうという授業方法です。

今回、このジグソー法による研究授業が行われました。
何度か体験しているグループワークを取り入れた授業構成に慣れてきた生徒も増えているようです。
社会・美術の若手教員2名が、入念な準備を重ねて授業を実施しました。
  
3年「日本史」の授業

  
1年「美術」の授業

 先生方も、研修を重ね、教材研究や教材準備に時間を費やして授業に臨んでいます。
そして、今回のように多くの先生方も見学するなかで研究授業・公開授業を実施して、生徒だけでなく先生方も互いに学び合いをしています。
 生徒の皆さんも、1時間1時間の授業を真剣に取り組んで、しっかり学んでいきましょう!

2月7日(日)秩父4高校合同説明会を開催

中学2年生の皆さんとその保護者の方を対象に、2月7日(日)午後1時から受付、1時30分から4時30分までの予定で秩父4高校合同説明会を開催します。
会場は、秩父市歴史文化伝承館です。

中学1年生や地域の皆様も参加することができます。ぜひ、お誘いあわせの上、お越しください。
詳細の案内は以下からダウンロードしてください。

秩父高校、秩父農工科学高校、皆野高校、小鹿野高校の学校説明や個別相談を実施します。
小鹿野町長や秩父市長からもご挨拶をいただきます。
講演として「秩父に住んで働こう」を秩父地域雇用対策協議会の山根会長よりお話をいただきます。
さらに、高校生の文化発表会も実施します。
本校からは、茶道部生徒による抹茶の接待と福祉の授業を選択する生徒による授業成果発表を実施します。

多くの皆様のご来場をお待ちしております。
詳しい案内は、こちらをご覧ください。 →  4高校合同説明会案内文.pdf

昨年の様子
  
受付の様子           全体会(ホール)        個別相談会(研修室)

  
個別相談会(研修室)     茶道部              生徒発表

警察合同登校指導

2月2日(火)小鹿野警察署の協力をいただき、合同での登校指導を実施しました。
本校では、日ごろの登校指導に加えて警察署の協力をいだだき、月に1回程度合同の登校指導をお願いしています。

白バイのお巡りさんにも門の前に立ってもらい、バイクや自転車での通学者には車両の点検などもしていただきました。
みんな時間前に元気良く登校してくれました。
寒い日が続きます、時間に余裕を持って十分注意して登校してください。
放課後の、遅刻指導など受けることのないようにしましょう!!
 

冬の風物『書きぞめ』

 1月30日(土)31日(日)、春日部市立桜川小学校で埼玉県書きぞめ中央展覧会が
開催されました。今年度は秩父地区展覧会が大雪の影響で中止となったものの、審査の
結果、本校書道部員7名の作品が中央展覧会へ出品されました。
    
                                        1年生の作品が特選賞に入賞!!
  
 11月から一生懸命練習してきた1,2年生の部員一人一人が、難しい古典の臨書に
取り組む姿が何とも美しい。
 校長先生に指導して頂いたお陰で、グーンと上達しました! 
   
  書きぞめ展覧会を終えた現在、小鹿野高校書道部は来年度春の硬筆展覧会に向けて
練習開始。目標を持って活動する部員たちは、皆生き生きとしています!

3年生の皆さんへ~雪のあとの学校を見ながら(思い出話ですが)~

 1月28日(木)、3年生の学年末考査期間にテスト監督で3年2組にいました。
 その日最後のテスト時間だったので、テスト終了後、ストーブを切って教室を確認し、外の景色を見ながら思い出したことがあります。

 ここから少し個人的な思い出になってしまうので申し訳ないのですが、少しお付き合いください。

 教室の窓の外の景色、雪が所々に残っている小鹿野高校のことを、ふと思い出した瞬間がありました。1996年の冬のことです。「白線流し」というドラマを見たときでした。
 白線流しという行事自体は岐阜県の高校の行事なのですが、ドラマの舞台は松本でした。長野県松本市にある高校の3年生たちと、偶然知り合ったその学校の定時制の生徒との交流を描いたドラマでした。
 そんなドラマを見たときに、思い出した風景が、1991年から1993年までの期間、お世話になっていた小鹿野高校でした。そう、今のように、「雪が降った後、所々に雪が残った小鹿野高校」でした。

 3年生のテストが終わり、教室から外を見たときに「この景色を思い出していたんだよな」とその当時のことを思い出しました。
 ドラマの登場人物たちは高校3年生でした。自分の進路、将来に悩み苦しみながら成長していくというストーリーでした。

 今年度も、3年生の家庭研修が始まり、2階のフロアもさびしくなりました。
家庭研修も卒業後の自分のために大切な準備期間になると思います。
3年生の皆さん、この準備期間を大切に過ごしてください。

 休み時間に3年2組の窓から、撮影した写真を掲載します。


自転車安全運転推進講習会 生徒による伝達講習

 1月28日(木)、自転車安全運転推進講習会の伝達講習を行いました。
埼玉県教育委員会主催、本庄市の自動車学校で開催された講習会に本校の代表として参加した1年生2名が、1年生全員に対して伝達講習を行いました。
 自転車の運転ルールや自転車の運転時に起こりうる危険についてスライドやDVDを使って説明しました。
  

2人とも堂々とした発表でした!
聞いている生徒の皆さんは自転車の危険性についてしっかり理解できたでしょうか?

自転車の二人乗りや傘さし運転、携帯やスマホを見ながらの運転など厳禁ですよね!

自転車であっても、自分が加害者にもなる、被害者にもなる可能性があるということを意識して、交通ルールを守って、普段から安全運転をして事故にあわないように気をつけましょう。

中高連携 町立三田川中学校 「百人一首大会」詠み手として参加

 1月27日(水) 午後、中高連携校である小鹿野町立三田川中学校恒例の「校内新春百人一首大会」が開催されました。本校から今年も詠み手として国語科の根岸教諭が参加しました。大会は全校生徒が3~4名で班をつくり、試合を行って優勝チームや最優秀者などを表彰します。詠み手として参加した根岸教諭も、中学生の熱気で声が擦れるほど札を読み、大会を盛り上げました。中学校の先生方も一緒になって札を読んで学校全体で盛り上がりのある大会となりました。本校でも、国語の授業やクラス単位で百人一首を実施しています。上の句の読み始めで取ってしまう生徒もいます。