過去の鹿高日誌は、左側「過去の小鹿野高校の様子」にもあります

2015年12月の記事一覧

平成27年も間もなく終わります

 小鹿野高校のホームページをご覧いただいている皆様、本年もたいへんお世話になりました。
ご覧いただいているカウンターが、特に今年になって鰻登りに上昇して100万件も突破して教職員一同驚いています。ありがとうございます。

 今年は、例年以上に良いこともあり、良くないことなどもあり、と色々あった年でした。
 在校生たちは、生徒数の少ない小規模校の小鹿野高校ですが、生徒会を中心に良く頑張っています。学校を盛り上げてくれています。
 地域の皆様、今後も小鹿野高校そして鹿高生に対して応援をお願いします。お気づきの点がありましたら、学校まで連絡してください。地域の皆様と一緒に、この伝統ある小鹿野高校を地域の高校として発展させて行きたいと思います。
 西秩父地域唯一の高校として地域教育の核となれるよう、また小中学校とも一層の連携を進めていく予定です。よろしくお願いします。

日本百名山に数えられる両神山の眼下にある小鹿野高校です。
両神山の頂にも負けない気持ちで来年はさらに邁進していきたいと思います。

平成27年 部活動納め(陸上部・バドミントン部・柔道部)

12月28日(月)、各部活動では年内最後の部活動が行われました。

まずは柔道部。格技場の大掃除を念入りに行いました。
終了後はミーティング。部員が1年間の総括と来年の抱負を述べました。
来年も実りのある1年になるといいですね!
  

こちらはバドミントン部。年末でも練習はしっかりと行っています。
この練習の成果が来年に発揮されることを期待しましょう!
  

終わった後は、年越しそばと炊き込みご飯が振る舞われました!
途中から吹奏楽部の生徒も混じり、おいしい料理に舌鼓を打っていました。
 

最後に陸上部のダッシュをしているところから1枚。
陸上部は12月29日(火)が今年最後の練習日となります。
先日は、やり投げの新井涼平選手に来校していただき、講演会や実技指導・実演などをしていただいたこともあり、モチベーションも上がっていると思います。
来年もいい記録を残せるよう頑張りましょう!


生徒の皆さん、1年間お疲れ様でした。
来年も今より楽しく、そして充実した高校生活が送れるよう頑張っていきましょう!

生徒の皆さんも、保護者の皆様も、どうぞ良いお年を!!

年末ですが、学校で試験に臨んでいます

12月28日(月)第1限目から第3限目まで試験に臨んでいる生徒たちです。

2学期末に、補習や課題などが出された生徒たちは、先生方の指導の下で勉強をしてきました。
そして、課題を提出するなどして本日試験に臨みました。

高校では、しっかり勉強して単位をとらないと卒業できません。

 年が明けると、1月8日(金)3学期の始業式後も試験があります。
 試験を受ける生徒は、年末年始の時期ですが受験生になったつもりで試験で合格点をとれるように家庭でもしっかり勉強してください。
 1月4日(月)から補習が予定されている科目もあります。補習がある人は必ず参加して、課題のある人は必ず課題をやりきって、各自試験に向けて勉強してください。

小鹿野高校生の皆さん、しっかり勉強もしましょう!!

平成27年大掃除・納射会(弓道部)

 12月26日(土) ちょっと早いですが、今年最後の練習となりました。本日は大掃除。普段手の届かなかったところまできれいにしました。とくに、観的小屋(的が立っているところのわきにある小屋です)の中をきれいにしろ!!というミッションを与えらえられた1年生男子1名。隅から隅まできれいにしてくれました。ここはすぐ汚れてしまいますから、これからはこまめに掃除しましょうね。

  

 その後着替えて、納射会です。多くの弓道場では、最後の日にこのような会を催します。今回は、個人戦でトーナメント形式の試合を行いました。


 矢筒にそれぞれの矢を一本ずつ入れ、矢筒を振ります。(矢振りと言います)これでトーナメントの番号を決めて、試合開始となりました。
 「何が出るかなー何が出るかなぁ~」と歌いながら矢筒から矢を引く係りになった1年生の女子が1番を引いてしまいました。絵文字:絶望

 同中(同じ本数あたった場合)の時は1本だけ競射を行い、それで決まらなかったらジャンケンで決めるというルール。
 競射は準決勝まで1回だけ。しかもその1回で勝負が決まったので、割とスムーズに決勝戦まで行きました。ところが決勝は、同中による競射でも決着がつかず、ジャンケンで勝負が決まりました。

 結果発表
 優 勝 黒沢直樹(1年4組)
 第2位 北林先生
 第3位 岩田恵実(2年4組)
      髙橋架乃(1年1組)
 第4位 原田悠乃(1年4組)
      黒沢孔明(1年4組)


 今回は時間がなく1回勝負でしたので、次回はリーグ戦とか、一人16射で勝負を決めるとか、やってみたいと思います。
 自分にとっても、初めての小鹿野高校弓道部顧問として過ごした今年。来年は、さらにステップアップを、部員とともに成し遂げたいと思います。弓道部のみんな、お疲れ様。これから家の大掃除のお手伝いも頑張ってください。
 それと、明日からも活動する部活動のみなさん。頑張ってくださいね。来年は今年よりもっともっといい年にしましょうね。

インターンシップ決勝 表彰式

 12月21日(月) 1学年のインターンシップ発表の表彰式が行われました。
 これは10月に5日間の予定で行われた、インターンシップでの体験を事業所ごとに生徒が発表し、その中で優秀な発表を行った班を表彰するものです。
 すでに予選・決勝を実施し、全ての生徒が発表を行っています。
今回は決勝発表を行った8班のうち、最優秀賞1班・優秀賞1班・優良賞2班・学年賞1班の5班が表彰されました。
 

 
どの班も素晴らしい発表でした!
 なお今回最優秀賞に選ばれた生徒は、さいたま市の埼玉県庁に赴いて、教育長の前で(!)同様の発表をします。(大役です!!)
小鹿野高校の代表としてしっかり頑張ってほしいと思います。発表お疲れ様でした!

地域の皆さまへ
インターンシップでは、地域の事業所の皆さまには大変お世話になりました。
5月頃から受入打診をさせていただいたり、事前や事後のアンケート協力をいただいたり、もちろん直前打ち合わせや、体験当日のご指導など多くの時間や労力を本校生徒のために費やしていただきました。お陰様で生徒のインターンシップの体験は、この表彰式で終了しました。ありがとうございました。今後、報告書を冊子にしてまとめます。完成しましたらお届けさせていただきますので、よろしくお願いします。
 今後とも、小鹿野高校生徒に対して日頃からご指導いただければと思います。

2学期終業式が行われました

12月24日(金) 2学期の最終日を迎え、終業式及び表彰式を行いました。

校長講話では、
「成績優秀者の生徒は継続して頑張ってほしい」
「もう少しで成績優秀者になれる3.9の生徒も多いので頑張ってほしい」
「皆勤の生徒が36%もおり、優秀なクラスは6割以上が皆勤で頑張りました」
「忘れ物のお財布を男子生徒が届けてくれ、大変助かりましたと外部から連絡がありました」
「本校で行われた研修会で、来校された方から野球部などのあいさつがよく、吹奏楽部の生徒が丁寧に案内してくれましたと、お褒めをいただきました」
などの具体的な話しを出していただきながらの講話がありました。

表彰式では、「バドミントン部」「陸上競技部」「柔道部」「防犯ポスターコンクール」の表彰がありました。また、先日行われた、球技大会で優勝した個人・団体を表彰しました。
  
校長講話             校長講話             バドミントン部

  
防犯ポスター           陸上競技部           柔道部

  
球技大会             球技大会(バスケットボール代表) 閉式の言葉

 終業式、表彰式の終了後の全校集会では、教務主任と生徒指導主任からの講話がありました。
 2学期の成績が不振だった人は、補習や課題など頑張って追考査に向けて頑張ってください。冬休み中の生活も、小鹿野高校生として規律ある規則正しい生活をおくってください。
 3学期の始業式には、全員元気で登校しましょう。

第2回 校外清掃

12月21日(月) 全校生徒による校外清掃が行われました。学校から小鹿野町内の中心部を中心に学年ごとにごみを拾ったり清掃活動を行いました。ゴミは学校に持ち帰り分別して、資源ゴミはリサイクルへ、そうでないものは廃棄します。
 清掃活動中は、多くの地域の皆様に「こんにちは」「ご苦労様」と声をかけていただき、ありがとうございました。今後とも小鹿野高校の教育に、ご理解・ご支援を賜りますよう、よろしくお願いいたします。
  

  

  

校内もクリスマスの雰囲気です

 本校の校内は、廊下や階段、トイレ内など心を和ませる絵画や絵手紙、華道部による花などが年間を通じて飾られています。生徒の癒やしにもなっています。

 現在は、クリスマスを前にクリスマスツリーやクリスマスリースなども飾られて校内を賑やかしています。
 清掃も行き渡っています。 が、一部生徒のゴミのポイ置きが多少目につきます。
ゴミはゴミ箱に、そして校内美化を全員で心がけましょう!!
  

冬季公開講座「クリスマスリースの製作」実施

 12月19日(土)昨年に引き続き本校主催の冬季学校公開講座「クリスマスリースの製作」を開講しました。

 参加された方からは、「市販のリースセットのようなもので作るのかと思っていたら、ほとんどが山などからとってきた物なので驚きました」との発言がありました。
 リースの材料は、本校教員たちが自然の木やツタなどを山から準備したり、様々な小道具は市販の物を準備しました。講師の先生からは「準備するのに3日かかりました」とのことで、受講者の皆さんから申し込んで良かったと、感動していただきました。

参加された方々からの感想
〇時間を忘れて楽しみました。親切丁寧に教えていただき有意義な1日でした。学校へも何十年ぶりでしたが来られて好印象を持てました。
〇初めて作りましたが、とても楽しかったです。ありがとうございました。
〇なかなか難しかったけれど素敵なリースができました。先生方のアイデアなど、とても参考になりました。とても楽しかったです。ご指導ありがとうございました。
   

総合防災訓練を実施

12月18日(金)秩父消防署の方の指導のもとで、総合防災訓練を実施しました。

1限目には、全校生徒全員が救助袋降下訓練を行いました。
2限目のは、地震発生を想定し机の下にもぐるなど身の安全を確保する練習、さらに火災が発生したという想定で避難訓練を実施しました。避難状況も概ね良好との講評をいただき消防署の方からの講話もいただきました。
3限目は、消火器を使って、初期消火消火訓練を行いました。

本日の訓練は、地震と火災でしたが、いつどんな自然災害が起こるか解りません。大雪、山崩れ、河川の氾濫、雷などの対応についてもLHR等で話題にしました。

本日の訓練、真剣に取り組んでいました。寒い中、ご苦労様でした。
  

~巨香郷から未来へ~小鹿野高校地域協働プロジェクト推進委員会の開催

 12月18日(金)午後1時から3時まで平成27年度第4回「 ~巨香郷から未来へ~小鹿野高校地域協働プロジェクト推進委員会」が開催されました。

 この委員会は、県から研究指定校として3校指定されている、「未来を拓く学校づくり推進事業」の1校に本校が指定され、委員等生徒も含む17名で構成されている会議です。本校の、秩父地域と一層連携していくなかでの学校づくりが研究テーマの主な内容となっています。

 会議では、今年度の活動内容の中間報告や今後の連携、アンケート調査についてなど協議されました。昨日12月17日(木)に実施した「地域のアスリートに学ぶ」もこの委員会が主催して、多くの地域の方や中学生が本校生徒と共に参加して、世界で活躍する新井選手の講演を聴いたり、実演を見たりと刺激的な内容の1日となり盛況で大成功であったかと思います。
 今後も、地域との連携を意識した学校づくりの検討をすすめていきます。
   

地域と連携した「特別支援教育研修会」開催

 12月18日(金)午後3時30分から5時まで、本校で「特別支援教育に関する研修会」を実施しました。
 本校教員に加えて、秩父地域の小・中・高校、関係機関など地域の皆さまにも参加の声掛けをしました。当日は、他校の先生方や関係機関の方など74名もの皆さまが来校し、研修会に参加していただきました。本校教員を含めると、総勢100名以上の参加者による研修会となりました。ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました。

 研修会では、現役の大学3年生の方を講師に招き、演題は「学習障害と歩んできた僕の今まで」と題して、学習障害について、自分が学習障害と診断されるまで、診断された後についてなど、体験談を中心にしてのお話しがありました。実際に、自分の障害についてを、その場で見せていただくなど、参加した先生方も他では聞くことのできない、見ることのできない内容に驚きを隠せない様子でした。さらに、大学生のお母様にも母親として、どう接してきたか、どう見守ってきたかなど、親の立場でのお話しもいただきました。質疑応答でも、たくさんの質問が出て終了時間がオーバーするほどでした。終了後も、残ってお話しを聞いている方もおりました。

 今後この研修会を活かせるように、講師の先生から研修に参加した先生方へ3つの伝えたいことなどをはじめ、各職場に戻って伝達していただければと思います。

ご講演、ありがとうございました。

本校視聴覚室での講演会の様子

地域のアスリートに学ぶ講演会、NHKニュース動画はこちらから

~巨香郷から未来へ~小鹿野高校地域協働プロジェクト推進委員会主催
地域のアスリートに学ぶ講演会の模様が12月18日、午前8時前の「おはよう日本」のNHKニュースで放送されました。

この動画は、下記からご覧になれます(当初のNHKサイトから移動しています)
放送後、1週間見ることが出来るようです。

http://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20151218/4359221.html


(NHKのホームページより画像など抜粋)

小鹿野地域の4中学校2年生が体験授業に来校

12月17日(木)、小鹿野、長若、三田川、両神の四中学校から総勢110名の2年生が体験授業に来てくれました。

  
全体会の様子

全体会で校長あいさつと学校の概要説明を聞いた後は早速授業に参加します・・

  
社会                      国語

  
数学                      情報

  
家庭科                     美術

  
理科                      音楽

  
福祉                      英語

以下は中学生たちがアンケートに書いてくれた感想の一部です。
「先生が大航海時代のことなどを色々とおもしろく解説してくれてスゴくわかりやすかった」
「少し緊張しましたけど初めてスライムを作りました。楽しかったです」
「誰もが知っている歌の英語版を歌うことができて良かった」

体験授業の後は部活動を見学することもできました。この日は「地域のアスリートに学ぶ講演会」のために、やり投げの新井涼平選手が来校されていました。小鹿野高校の生徒たちや体験授業に参加した中学生たちも新井選手の指導を受けることができました。

  
槍投げを披露する新井選手        槍投げに挑戦する野球部員

  
同じく陸上部員                新井選手を囲んで記念撮影

  
新井選手に指導を受ける中学生たち

  
柔道部                    バレー部

  
バドミントン部                吹奏楽部

  
美術部                     野球部

他にも小鹿野高校では科学部、茶道部、華道部、ボランティア部、剣道部、テニス部、太鼓同好会などが活動しています。

地域のアスリートに学ぶ講演会、NHKニュースで放送

~巨香郷から未来へ~小鹿野高校地域協働プロジェクト推進委員会主催
地域のアスリートに学ぶ講演会として昨日、陸上やり投の新井選手が来校してくれました。
この模様が本日、12月18日、午前8時前の「おはよう日本」のNHKニュースで放送されました。

下記から動画を見ることが出来ます。(12月18日 9時30分現在)
http://www3.nhk.or.jp/lnews/saitama/1106909261.html


(NHKのホームページより画像など抜粋)

なお、本日の埼玉新聞、毎日新聞、読売新聞にも大きく掲載していただきました。

ご来校していただいた、地域の皆さまありがとうございました。
小鹿野高校関係者以外で、受付をしてご来校いただいた地域の方は202名でした。
受付をされないで見学していただいていた方や本校関係者を含めると概算で450名を越える方に参加していただいています。

今後も、地域と一体になって小鹿野高校の教育活動を勧めていきたいと思います。
ありがとうございました。

陸上競技「やり投・新井涼平選手」実技指導と実演を開催

 午前中の講演会に続き、午後は小鹿野高校のグラウンドにて実技指導と実演を新井選手にしていただきました。
 運動部(陸上競技部、野球部、バドミントン部、バレー部、柔道部)を中心に実技指導に参加しました。各部活動で重要となる、「身体能力を向上させる」をテーマに指導していただきました。体操やストレッチに始まり、ハードル、メディシンボール、鉄棒、バーベルなどを使ったトレーニングを学びました。体の使い方や意識の仕方が重要であることを学べたと思います。
 ストレッチでは、運動前のストレッチは動的ストレッチ、運動後のストレッチは静止的ストレッチ(一般的な柔軟)が良いことも教えていただきました。
 実技指導の最後には、ヴォーテックスと呼ばれる、やり投げの基礎トレーニングの道具を使って、生徒全員がやり投げという競技に触れることができました。野球部の生徒は新井選手に匹敵する投げを見せる部員もいて盛り上がりました。
 実演では、冬期トレーニングの期間であり、寒い中でしたが新井選手が70mの投擲(とうてき)を披露してくれました。本校、陸上競技部の末廣も新井選手に刺激を受けて55mの投擲(自己ベスト)を見せて、盛り上がりました。
 実演後は、記念撮影やサインにも快く応じていただきました。


   

   

   

 
本校陸上競技部 末廣の投擲
 
新井選手の投擲(とうてき)

陸上競技「やり投・新井涼平選手」講演会を開催

 12月17日(木)午前10時20分から正午まで、予定時間が延びるほど内容の濃い講演会となりました。
 「日本の新井から世界の新井へ」、やり投の新井涼平選手を招き、小鹿野文化センター大ホールで「地域のアスリートに学ぶ」講演会を開催しました。

 新井選手は、長瀞町の出身で、長瀞中学校、皆野高校を卒業しています。中学校時代は野球部、高校に入学してから陸上部に入部して「やり投」を始めた選手です。現在まで、日本選手権優勝、アジア大会銀メダル、世界陸上9位など輝かしい実績をあげており、今後も活躍が出来る選手です。
 同じ秩父出身の方あり、世界で活躍されているいうことで、生徒たちも興味を持って講演会に参加しました。講演会場では、テレビ放映された特集番組や世界陸上での中継を流しながら講演が行われました。

 講演の後半は、本校生徒との座談会形式で実施しました。事前に全校生徒からとった質問などを中心に座談会が進められました。
 会場には本校生徒の他に、秩父市立吉田中学校の全校生徒、一般の地域住民の方など約50名の皆さま、ホールには合計400名近い方々に来場していただきました。大変に盛会でした。

 最後に、新井選手から中高生へのメッセージをいただきました。
「やりつづけることが大事である。目標を決めて、その目標を口に出して伝え、励まし合いながらレベルアップをしていこう」
など参考にするべき言葉がたくさんありました。講演会後、生徒からの感想が楽しみです。

   
 
 午後には、会場を小鹿野高校のグラウンドに移動して、希望生徒へのトレーニング方法の実技指導や、新井選手のやり投げの実演を披露していただく予定です。

球技大会2日目

12月16日(水)、球技大会2日目が行われました。
本日の種目は男女バスケットボール、男子卓球、女子バドミントンです。
結果は女子バスケットボールで3年生の優勝、その他は2学年の優勝となりました!
         

どの種目・試合でも僅差の試合が多く、白熱したプレーが繰り広げられました。
勝てば全力で喜び、負ければ悔し泣きする姿が見られ、生徒が一生懸命にプレーする姿が印象的でした。
         

後輩たちは先輩の姿を目に焼きつけ、来年以降の球技大会や様々な行事で頑張って欲しいと思います。2日間を通じ、非常に盛り上がった球技大会となりました。

校内での献血実施

 12月14日(月) 日本赤十字社による「献血」を行いました。
 埼玉県赤十字血液センターより献血車が来校し、
 生徒20名、教員4名、一般の方1名に参加していただきました。
 ご協力ありがとうございました。
    
        まずは、受付 →        その後バスへ移動→     献血中
                    
                     地域の方も参加して下さいました絵文字:良くできました OK

球技大会1日目

12月15日(火)、16日(水)の2日間で球技大会が行われます。
本日は男子がソフトボールとバドミントン、女子はバレーボールと卓球が行われました。

  

今年度も学年対抗で行われ、学年の意地とプライドをかけて熱戦が繰り広げられました。
各種目とも学年から複数のチームがエントリー可能です。ソフトボールでは決勝戦が3学年同士となり、延長戦・サドンデスまでもつれこむ接戦となりました。
その他の種目でも生徒は優勝めざし一生懸命プレーしていました。
結果はソフトーボール、バレーボールが3学年チームの優勝!バドミントンは2学年、卓球は1学年が優勝と、全学年が活躍した1日目となりました。

   
2日目は男女バスケットボール、男子卓球、女子バドミントンが行われます。
寒さに負けじと、熱いプレーが生徒から出ることを期待しています!