平成23年度版 鹿高日誌

2011年9月の記事一覧

吹奏楽部 演奏会

9月30日(金) 第28回埼玉県高等学校総合文化祭・埼玉県高等学校音楽祭が開催され
吹奏楽部の生徒が熊谷文化創造館さくらめいとにて演奏を行います。
 
演奏曲は2曲
♪1 イノセントワールド
♪2 LET’S SWING
 
この日のために、一生懸命練習してきました。また、先日小鹿野警察署で行われた交通安全出陣式でのオープニングセレモニーでは、「高校生の元気をもらった。」と多くの方々からお褒めの言葉と励ましの言葉を頂きました。
今回の演奏会でも、会場にいらっしゃる方々に元気を与えられるよう、吹奏楽部も元気いっぱいにがんばります!!
 
ぜひ、ご都合のつく方は、いらしてくださいね★
 
 【出陣式での演奏の様子】

2年次生 デイサービス実習開始

9月26日(月) 本日より福祉生活系列2年次生のデイサービス実習が開始になりました。
 
2年生にとって初めての施設実習。緊張と不安に押しつぶされていることでしょう。
しかし、先輩たちは誰もが通っている道です。先輩たちのアドバイスを参考にしてくださいね☆
 
【3年生から2年生へアドバイス】
 
 
 
2,3年生合同で実習の事前授業を行いました。困ったこと、うれしかったこと、失敗したこと、心に残ったこと、日誌の書き方、先生に注意されたことなど…。活発な意見交換がされていました。
 
 
福祉生活系列2年生へ
初日お疲れ様でした。あちこちに気をつかい、とっても疲れたと思います。今日はよく寝てくださいね。でも、日誌などやるべきことはやりなさい。それが実習です。ボランティアとは違います。たった5日間だけれども、この5日間は高校生活のなかでも記憶に残る5日間になると思います。がんばりましょう!巡回でみんなの様子をみにいきます☆その時に、いろいろな話をきかせてくださいね。何かわからないことがあれば、学校までいつでも連絡ください。応援しています。

青少年育成茶会


   <小鹿野高校お茶部は常に遠征しています!>
 
   9月25日(日) 秩父市上町街角ギャラリーで「青少年育成茶会」が行われました。
   130名のお客様をお迎えし、小鹿野高校と秩父高校のお席は盛況でした。
 
    【小鹿野高校のお点前は茶箱でした】 
 
        
                 素敵なお席にしあがりました。
 
          
          お褒めの言葉を沢山いただきました(さすが~☆)
  
            
             男子のお点前は必見!(皆様くぎづけ)  
 
          
          そしたら、小学生の男の子も来てくれました!(めずらし~☆)
 
 
                       
  「気をつけて飲んでね。」外部指導者の先生      (あついよ~。ふぅーふぅー)   
   
             
        小鹿野高校茶道部は、他に路地スタやお寺での座禅とのコラボなどを
       依頼され、精力的に活動しています。
       文化祭(11月12日)でもお点前を披露しますので、 是非お立ち寄りください。
       
                 お待ちしております。
                         

秋の交通安全運動 出陣式

9月21日(水) 秋の交通安全運動出陣式が小鹿野警察署にて行われました。
 
「高校生の若い力で交通安全を徹底したい」と小鹿野警察から依頼があり、出陣式に小鹿野高校が参加することになりました。この背景には、管内で約3年間も死亡交通事故ゼロが続いていましたが、今年の6月・7月に、連続して2件の死亡交通事故が発生してしまったことがありました。地域の方が亡くなってしまい、家族の方たちの悲しみを思い、生徒たちも胸が張り裂ける気持ちでいます。高校生の気持ちが伝わるでしょうか?
 
【まずは、オープニングセレモニー♪】
出陣式の前に吹奏楽部の演奏です。合計4曲の演奏を行いました。
高校生の演奏に、警察署の方々や来賓の方々も高校生気分になって楽しんでくださいました♪
 
演奏では、生徒会、野球部、各部代表が小鹿野高校の校歌を歌いました。来賓の方々の中には本校の卒業生がたくさんいらっしゃいました。懐かしみながら、歌ってくださいました。
 
 
【出陣式が始まり、交通安全宣言】
バイク通学の生徒代表4名が交通安全宣言を行いました。
大きな声で、高校生らしくさわやかに、、力強く訴えてくれました。
 
 
【出陣式後のキャンペーンは手作りのしおりの配布】
手作りのしおりは、古紙をリサイクルし、ボランティア同好会で作成したしおりです。しおりにはバイクの二輪をかけて、二輪の花をつけました。しおりに書いてある標語は全校生徒が考え、代表となった作品です。書き込みは書道部が協力しくださいました。これを運転手さんへ手渡しします。
 
  
 
本校は、県内でも数少ない、バイク通学が認められている地域です。そのため、バイク通学の生徒には、「自分たちは特別に免許を許可されている。だからこそ、人一倍安全運転に注意しなければならない。」という意識を徹底して指導しています。本校では、基本的には「高校生がバイクの事故にあわないように」と高校生に免許をとることは許されていません。もしも、生徒が事故にあったらと考えるだけでも悲しい気もちになります。全校生徒がこの出陣式に参加し、交通安全運動に関われたことは、とても大きな意味があったと思います。
 
本日は、台風で、本来でしたら屋外で行う出陣式が屋内になってしまいましたが、互いの距離が近く、参加者の方々も、生徒たちも感じることが多かったのではないでしょうか。
 
このような機会を提供していただき、、命について考える貴重な場に参加させていただいたことを大変ありがたく思います。ありがとうございました。
【記念写真】
吹奏楽部
 
全体写真

第59回秩父宮杯埼玉県自転車道路競争大会 立哨員

秋晴れの18日、秩父市大田地区にて第59回秩父宮杯埼玉県自転車道路競争大会が開催されました。この大会に小鹿野高校の運動部(バレーボール部、バドミントン部、弓道部)が立哨員(りっしょういん)として参加させて頂きました。立哨員とは選手が走るコースに白と赤の旗を持ち選手や大会関係者にコースの安全を伝える役員の事を言います。当然、一般車両をコース内に進入させないように交通整備も同時に行います。生徒のみんなは暑い中でしたが選手がレースに専念できるように縁の下の力持ちとして活躍してくれました。それではレースの様子をどうぞ。
稲も少しずつふくらみはじめ秋を感じます。むこうにいる選手はスタート間近です。
 
自転車の速さは予想以上で立っている前をあっという間に走りさっていきます。
 
こちらは下りで上げたスピードのまま通り過ぎます。
左手にもった赤旗で横断歩道に入らないように交通整理も行います。
 
ゴールしたときの様子です。
沿道にいるお客さんも大きな歓声を上げていました。
選手の皆さん、生徒の皆さんどうもご苦労様でした。