期間限定ブログ『秩父そば』栽培日記

2009年10月の記事一覧

祝*そばうち初体験

 とうとうこの日がやってきました。絵文字:良くできました OK
 
4月の荒地の開拓から始まり、種をまき、草取りをし、途中、そばもやしでお腹をふくらませつつ、そばの生育を生徒はずっと見守ってきました。
 
さあ、フィナーレです絵文字:冷や汗
サライが聞こえてきそうです。
 
中間考査の放課後、生徒たちは調理場へぞくぞくと集まりました。
期待の表情でいっぱいです。
試験は大丈夫だったのでしょうか。
心配です。
 
25名を3グループに分け、一人一人役割分担してあります。
各自、責任もって、自分の役目を果たしてくれました。
「責任もって」というところが、今回彼らの成長を感じたところです。
ただ食べるだけ?、という発想の生徒が一人もいなかったことが感激でした。絵文字:泣く
もう3年生、進路が決まっています。自覚しているのですね。
 
1.練りの最中です。運動部の生徒は非常に上手でした。
練り
 
2.延しの最中。なかなか正方形にならなくて苦労していました。
延し
 
3.延しの仕上げ。麺棒に生地を巻き厚みを均等にしています。
延し
 
4.切り出し。バイトで調理している生徒は、やっぱり上手でした。
切り出し
 
5.ゆでの最中。美味しそうなそばの色をしています。
茹で上がり
 
6.できあがり!!!
できた!
 
7.グループ毎にいただきます!!!みんな夢中に食べています。
いただきます
 
8.手が止まりません。
箸がすすみます
 
満喫
 
9.そば湯もいただきました。これも旨かった。
蕎麦湯も堪能
 (写真に写っているのは筆者ではありません)
 
秩父はそばの産地で有名です。しかしながら、そば畑を知らない生徒も多く、実の形や手触りを知らない生徒がほとんどです。そばうちの経験は25人中1人しかいませんでした。
 
今回、地元の産物を知る良い機会となったのではないでしょうか。
 
special thanks to 
最後に、そばに関することだけではありませんが、4月から実習助手の職域を超えたサポートをしてくださった浅見先生に感謝申し上げます。また、技術指導をしてくださった赤羽先生にもお礼申し上げます。
 
ありがとうございました。