ブログ

1年産社 進路講話 コミュニケーションガイダンス

7月8日 1年生の「産業社会と人間」の時間では、進路講話とコミュニケーションガイダンスを行いました。本日は講師の方に来ていただき、勉強しました。

講師の方は、お笑い芸人さんの野村真之介さん、丸沢丸さんのユニット「モクレン」さんです!

野村さんは教育とお笑いとを融合させながら、日々活動していらっしゃるそうです。丸沢丸さんは、ミツバチ芸人としてご活躍中。気になる方は、調べてみてください!

【授業の様子】

最初は、進路講話。社会人と学生(高校生)を比較しながら、社会に出るまでの覚悟を教えていただきました。課題を自ら見つけて動くこと、時間を守らないと信用されないこと、様々な年齢層とかかわること、何事にも責任を負うことを学びました。

 

漫才もいれていただきながら、笑顔あふれながらも、説得力のあるお話をしていただきました。

2つ目は、コミュニケーションガイダンスです。できるだけソーシャルディスタンスと会話なしの対策をとりながら、「共通点探し」「イルカの調教師」ということを通してコミュニケーションの大切さを学びました。

生徒は、「授業でこんなに笑ったの初めて!」「中学校の授業とは違う」「社会人になるって大変…」など、楽しみながら学べたようです。

高校3年間で、社会人に向けてスキルアップしていきましょう!

【おまけ】

社会人1年目の先生もインタビューされました!!

職場には年上の方ばかりで学生時代と違います!気を使います!と。

確かにその通り。体験談は、やはり生徒に響きます!

( 気を使わせてごめんね(^^;) 先輩先生より(笑) )