ブログ

三田川小学校 車いす体験授業

3月10日 三田川小学校に福祉科教員が2名出向き、4年生、5年生を対象として授業を行いました。

【体験授業の様子】

 

 

車いすの操作の仕方、介助の仕方、自走の仕方いろいろと体験してもらいました。

「福祉とはどういうことなの?」

「車いすにのる人の気持ちは?」

「車いすの介助をする時はどうするの?」

ちょっと奥深い教員からの問いかけにも子供たちは真剣に話をきき、

自分の考えも積極的に発言して2時間の授業内でたくさん学んでくれました。

 

三田川小学校の4、5年生の皆さん。本日はありがとうございました。本日学んだことで皆さんは相手のことを考える力が少しレベルアップしたと思います!

これからも、「思いやりの心」を育ててくださいね(^^)

 

 

★ ★ ★  おまけ  ★ ★ ★

この記事を作成している福祉科教員は、ボランティア部の顧問でもあります。

以前、三田川小学校がエコキャップ回収について調べ学習をしているということで、ボランティア部の生徒代表が、お話をしに行ったことがありました。経緯としては、小鹿野高校で活動しているエコキャップ回収の協力場所の1つが三田川小学校であるからです。

学習を深めたいので、回収されたキャップがどのようになっていくのか、エコキャップ回収の意味は何かなど、ぜひ話をしてほしいとのことでした。

 

その時の様子です【2020年7月】(以前HPにも掲載しました)

  

そこで学んでいた生徒が体験授業にいました。

ちょこちょこと寄ってきて「エコキャップ回収を教えてくれた先生ですよね?報告があります。エコキャップ回収についての学習をまとめたら教育長賞をとりました!自分たちで調べるだけじゃなくて、高校生にも教えてもらい勉強を深めたことが評価されました」とお話ししてくれました!!

びっくりです!!おめでとうございます!!!

ボランティア部のお兄さん、お姉さん達も喜ぶと思います!!

 

嬉しい報告ありがとうございました(^^)