ブログ

小鹿野高校・わらじからじお 第2回

 第2回の放送終了しました。お聴きいただいた皆さんありがとうございました。

 

 今回の特集はこの番組を企画した時から考えていました。ですので、送辞と答辞を読んでもらったのは、昨今のコロナウィルスのことがきっかけではないんです。

 

 今まで勤務した学校すべてで言えることです。意外と、学校の中のことは理解されていない・・・。それを理解してもらうには卒業式の雰囲気をすこしでも味わってもらうことだと思っていました。それをできるだけ地域の人に伝えられたらなぁ・・・それが今回の企画の全てです。

 

 ナビゲーターの久保さんには今回も凄まじく色々と迷惑をおかけしました。お付き合いいただき感謝しかありません。

 

 送辞は本番では副会長が代読しました。打ち合わせのとき、会長に僕から言ったこと。

 「本番で送辞を読めなかったことは悔しいかもしれないけど、会長の名前で呼ばれ代読した副会長だって時間があれば自分の言葉で挨拶したかったと思う」ということでした。

 

 本番での副会長の送辞も胸を震わせるものだったことをここに記しておきます。そして、校長、教頭にお願いして2人の書いた「送辞」を学校に残してもらおうと思います。

 

 オンエアーリスト

 

 1曲目

 春の恋〜サクラ色Days〜  恋-REN-

 今回の卒業生と入れ替わりで卒業していった卒業生の卒業式で入場の時に流した曲です。

 これを作りうたったアーティストは現在ジャニーズなど有名なアーティストの作詞を手がけています。

 

 2曲目

 ハイスクールデイズ  東京少年

 1988年デビューのユニット。ボーカルの笹野みちるさんは、のちにレズビアンであることをカミングアウトし話題となった。「ジェンダーフリー」と声高にアピールできる今と違う時代、とても勇気が必要だったろうなと思います。そんなことを考えながら聴くと切なくなりませんか?

 

 校歌、旅立ちの日にを挟んで・・・

 

 3曲目

 Hello Again〜昔からある場所  MyLittle Lover

  わらじからじおのテーマソングです。

 

 次回もよろしく。ただし企画が・・・未定でして・・;・。