ブログ

ボランティア部 第1回プロギング

5月6日放課後、ボランティア部が第1回プロギングを開催しました。

プロギングとは、スウェーデン発祥の「ジョギングをしながらゴミを拾う」という環境活動と健康づくりを一緒にできる新しいフィットネスです。

ボランティア部は、地域からの依頼で地域ボランティアに出ていくことも多かったのですが、コロナ禍ということもあり、地域からの依頼がゼロという状況が続き。。。エコキャップ回収を継続したり、エコキャップアートに取り組んだりと活動してきました。しかし、やはり生徒の気持ちの中には、「地域の方のため動きたい」「地域にでて自分を成長させたい」という気持ちが大きいようでした。

そこで、生徒とともに考えたどり着いたのがプロギングでした。今までも地域清掃をやってはいましたが、SDGsの観点からも時代に合った形にゴミ拾いを考えてみました。

【活動の様子】

部長より活動の説明

ゴミ拾いをする時は、腰をおとしてゴミを拾おう!など

活動の説明がありました。

ボランティア部以外に有志の生徒も数名参加してくれました。

 

 

レッツゴー♪

活動時間40分 2キロ程度を目標にスタートしました。

 

 

最後に分別をしました

 

 

生徒が距離を測定したところ、1.5キロ~2キロ程度でした。日頃、校内でキャップ分別に励んでいるボランティア部にとって、よい気分転換にもなったようです。「先生、ちゃんと挨拶してきたよー!」と、報告してくれた生徒もいました(笑)

生徒も「思ったより楽しかったな」「またやりたい」「もう少し長い時間がいいな」と、積極的な意見が多く出ました。定期考査最終日や、夏休みなど時間がたっぷりとれるときに、また企画をしてみたいと思います。

この活動が軌道にのったら、健康づくりという意味もあるため地域の方と一緒に取り組めるようになったらいいなと思っています。