令和5年度

認知症サポーター養成講座

小鹿野町保健課に御協力していただき、認知症サポーター養成講座が行われました。

認知症とはどんな病気なの?症状はどんなものがあるの?どのように対応するの?

ということを、グループワークを通して学びました。

 

毎年、福祉生活系列の生徒を対象に行っていましたが、今回は福祉を日頃学んでいない生徒を対象としました。

接客業や看護系に進路を考えている生徒が積極的に参加してくれました。

社会に出た際に、これから認知症との関りは避けては通れないものだと思います。

今回の学びをきっかけに、少しでも興味をもったり、適切な対応ができるようになれば幸いです。