日誌

弓道部 初段合格しました

 本校では、ここ数年、審査を受審することがありませんでした。2020年より前に在籍していた人は、年に数回審査を受けていましたが、コロナ以降、そういった余裕もないほど練習ができなかったこともあり、昨年度の3年生に関しては、引退後に初めての審査を経験しました。

 今年度の3年生には、審査については積極的に声をかけておりませんでしたので、これまた今回が初めての審査となります。

 

 本年度、高校生対象の審査は今回が最後ですので、最初で最後のチャレンジです。まさしく「審査に挑んだ」という表現が適切ではないかと思います。

 

 結果は、無事合格いたしました。

 

 顧問は、少し肩の荷が下りました。

 

 審査の様子は見られなかったので、外から矢が飛んでいくのが少しだけ見える場所を見つけ(笑)そこから音を聞きつつ、予測しながら見ていました。1本目は的中した音がしました。2本目はあたらなかったなというのもわかりました。

 1本目が評価されたんでしょうね。合格おめでとうございます。

 

 目標をひとつかなえました。自分で自分を思いきり評価しましょう。誰のためでもない自分だけのために。

 

朝は、恒例の無事会場に到着しましたという写真撮影から(笑)

 

 欠席者がいたことで、大前(1番前で引く人)から落(1番後ろで引く人)へ。しかも4人で入るはずでしたが、人数の調整で3人に・・・これは・・・ピンチ(当然、3人の間合いは、練習していません)

 先輩もこのアングルで写真撮っておいた。それで、予餞会のmovieで使いましたよね。

 今回は、周りに人がたくさんいたので、入り口付近まで追えませんでした。うーん。

 しかし・・・3年生の後姿は、やっぱりちょっとさびいしいねぇ。泣く