過去の鹿高日誌は、左側「過去の小鹿野高校の様子」にもあります

交通安全実技講習会

 高校生に対するバイクへの指導については、全県下一律に「免許を取らせない」・「乗せない」・「買わせない」 という三ない運動が展開されています。

 本校でもバイクに関しては禁止しています。しかし、地域性など通学距離等の一定の条件を決めて、校長が通学についてのみバイク通学を特別許可しています。しかし、バイク通学の生徒たちにも様々な義務を課しています。その1つに実技講習会の参加があります。埼玉県教育委員会が主催する講習会と本校独自に主催する2回の講習会に参加することです。今回は、小鹿野警察署の協力で本校独自の実技講習会を実施しました。バイク通学許可者が、安全に事故なくバイク通学してもらうために実施しています。


 開会式終了後、車両の点検の実技と講習です。
「ネンオシャチェブクトウバシメ」・・・燃料のネン、オイルのオ、車輪のシャ・・・・あとはなんだっけ?覚えてますか?
 




 死角のお勉強。パトカーに乗せていただき、見えない位置に実際にバイクを置いてみます。
「この位置からバイクが飛び出して来たら驚くでしょう?」
 

何キロで走ってきて、ここでブレーキをかけるとどこで止まるか。(制動距離といいますね)
白バイで実演していただきました。


 そしてコースを走ります。最初はコースを覚えるためにみんなで走って。
次に、それぞれ一時停止、目視など、確認をしながら。






横断歩道では、歩行者が手を挙げて立っているのでちゃんと止まりましょう!!
(歩行者は先生です)


 スラローム、一本橋、八の字・・・・。一本橋も頑張ってクリア。


 閉会式 「自動車にあおられてもスピード出しちゃだめですよ!!」


 安全走行するみんなは、とてもかっこよかったですよ。今日勉強した内容を、しっかり守って安全にバイク通学してください。