過去の鹿高日誌は、左側「過去の小鹿野高校の様子」にもあります

平成28年度第3学期終業式

 本日、終業式を行いました。

 校長講話で「生徒の力、教員の力が一体となった連帯感が小鹿野高校を支えている。卒業式での在校生の協力が素晴らしかった。」「新入生を迎え、学校は70周年を迎える新年度、それぞれの学年は進路選択や学校の中堅として頑張って欲しい」などの話がありました。
 その後の表彰式では、書道部の表彰、また、校長表彰として皆勤、成績、部活動で活躍した生徒を行いまいました。1,2年生併せても200名弱の小さな学校ですが、体育館には暖かい拍手に響きました。

 終業式後、全校集会に切り替え、教務部、生徒指導部から話がありました。
 教務部からは単位習得のこと、春休みの過ごし方、課題への取り組みなどについて話がありました。生徒指導部からは、みんなの努力で学校はよくなった、自分を変えるのは誰でもない自分自身、もっと良くなるという内容の話、生徒への激励とも思える話がありました。

 明日からは春休み、始業式は4月10日(月)です。年次も変わり、新入生も迎えます。生徒のみなさんは、春休み中、事故などなく過ごし元気に新年度を迎えましょう。ご家庭におかれましても、引き続き生徒を見守っていただければと思います。よろしくお願いいたします。