ブログ

令和元年度~2年度版 鹿高日誌

個別オンライン学校説明会を開催します

小鹿野高校「個別オンライン学校説明会」を開催することになりました
18日~21日の10時・11時・13時・14時・15時
1対1でのオンライン説明会になります
本校ホームページより申込みをお待ちしています
希望日の3日前までに資料を郵送等の都合がありますのでお申し込みください
個別相談会になりますので、先着順にて希望日時を決定させていただきますので、ご了承ください。

申込みページはこちら

夏季進学補習

8月4日(火)~8月6日(木)3日間の夏季進学補習を実施しました。

例年、長瀞げんきプラザで合宿形式で実施していますが、本年度は新型コロナウイルス対策のため、宿泊ではなく、校内で実施しています。

本年度の進学補習は、「小論文と面接対策」をテーマに、1年生、2年生、3年生がそれぞれ課題を持って取り組んでいます。

 

1日目は外部の講師による、小論文の書き方講座と面接対策講座を実施しました。

  

午前は小論文の書き方について、文章の構成や言葉の選び方、作文と小論文の違いについて講義形式で説明していただき、その後、いくつかのテーマから自分で選んだものについて、実際の小論文を書いてみる時間でした。

1年生も自分なりに小論文に挑戦していました!

午後は面接指導の時間でした。

 

まずは立った姿勢や座った姿勢、入退室動作について見本を見せていただきました。見られていることを意識することの大変さを感じられたと思います。

そして、教室を面接用に模様替えをして、1年生から3年生まで全員が入退室動作を実際に体験しました。

 

 

さらに3年生は1,2年生も見ているなか、質問練習まで行いました。それぞれが目標としている入試に向けて準備を進めている成果が出せていました。

 

 

2日目は小論文の実作、3日目は模擬面接の練習を実施しました。1日目に学んだ内容を自分たちで実践する時間です!

 

 

3日目の模擬面接では、全員が個別面接と集団面接の両方を練習しました。それぞれの受け答えの特徴や雰囲気を実際に感じることができたと思います。

 

今年は全員が面接、小論文を体験する内容でしたが、1年生も積極的に参加して、能力を発揮してくれていました。3年生は進路に向けて準備を進めていることが見て取れる様子だったので、さすが先輩と感じられました。

先輩、後輩が刺激しあい、高めあうことができ、3日間の進学補習を通して、とても有意義な時間を過ごすことができたと思います!

生徒会役員選挙

7月30日(木)に生徒会役員選挙が行われました。

 

新しい生徒会に立候補した9名の候補者とその推薦人による演説は皆堂々とした素晴らしいものでした。

聞いている生徒たちもしっかりと聞いて、投票していました。

これからの生徒会もとても楽しみです!

今年度初の「竹あかり」イベント開催

7月23日(木)海の日  会場:小鹿野高校

本来は、東京オリンピック開会式の前日であった日です。この日は、「みんなの想火」として全国47都道府県で同時に「竹あかり」を点燈し世界中の「みんな」をつなぐというプロジェクトが開催されました。埼玉県の代表として、小鹿野町の皆さんと共に竹あかりを計画しました。

今回の竹あかりは、新型コロナウイルス感染症の対策として小鹿野町民限定で、各地区ごとに時間で区切っての入場、ウォークスルー方式にするなど、様々な対策をしての実施となりました。事前の周知は、町の回覧板のみで極めて限定しての実施となりました。

今後、今回の竹あかり『みんなの想火「感謝~未来を照らし心を繋ぐ~」』の様子を公開予定です。卒業生によるドローン撮影を行いました。ご期待ください。

【コロナ対策を意識した受付の様子】

 

【当日の様子は後日公開予定です】

読売新聞、埼玉新聞、埼北よみうり、ちちぶエフエム、秩父おもてなしtvより取材していただきました。

秩父おもてなしtv(7/29号)→YouTube動画公開中 小鹿野高校 竹あかり も配信中(開始2分~放送)

COVID-19教育・性教育講演会

7月29日(水)

小鹿野町文化センターに於いて

COVID-19教育と性教育の講演会を行いました。

講師は学校薬剤師の町田一美氏(おがの薬局勤務)

   助産師萩原佑喜氏(越谷市立病院勤務)です。

    

新型コロナウイルスの正しい知識と共生を学びました。

    

 『むだな命は一つもない!』 

 日頃の経験から、

 心温まるエピソードなどをお話ししていただきました。