期間限定ブログ『秩父そば』栽培日記

期間限定「秩父そば」栽培日記

予備実験(いよいよ!)

そばの栽培から始まったこのブログですが、そろそろ大詰め絵文字:泣く
 
本校の素敵な先生から秘伝の技を教えてもらいました。
私にとっては師匠ですね。絵文字:星
 
そば打ちはいくつかのステップを踏みます。
(1)こねる(水回し)
(2)こねる(加水)
(3)練り(菊練り)
(4)練り(へそだし)
(5)延し
(6)たたみ
(7)切る
 
そして、ゆでる。食べるです。
 

水回し(難)
(1)これは水回しの最中
包丁3日・延し3月・こね3年と言われるように、水回しは一番経験が必要な場所。
う?ん、難しい!本には、「指先にセンサーがあるような感覚で」と書いてありますが、初心者にはよく分かりませんね。
しかし、師匠からは「パン粉のような感じ→消しゴムのような感じ→団子のような感じ」と私の頭には優しい指導があり、何とか仕上げられました。絵文字:良くできました OK
 
延しの準備(打ち粉)
(2)こちらは延しのために、打ち粉をまいている様子。さすが師匠、手つきが違いますね?。絵文字:笑顔
 
上手に四角形になっている
(3)延しが完了しました。さすが師匠、均一に仕上がってます。
 
切り出し
(4)切り出し中。もう師匠にはかないませんorz。絵文字:うーん 苦笑
 
 
出来上がり★
(5)おお?。
  
いよいよ再来週。生徒たちがそば打ちを行います。そばになるか、きしめんになるか、生徒次第。非常に楽しみです。
生徒も非常に楽しみにしています。