ブログ

令和元年度~2年度版 鹿高日誌

1年生 2学期最後のホームルーム

終業式を終え、各ホームルームにて通知表が担任から渡されました!

【HRの様子】

 

 

担任から生徒へ、一言を添えながら手渡された通知表。それぞれが2学期を振り返り感じたことがあったようです。

友達と話し合う様子も見られました。

一度立ち止まり、自分自身を振り返ることはとても大切なことですね。

通知表の数字だけでなく、日頃の自分自身を見つめ、課題をみつけ成長してくださいね!!

 

★ メリークリスマス ★ ☆ ★よいお年を★

1年生 学年集会

2学期もいよいよ終了します。いつもより少し長い2学期でしたね。1学期は高校生活に慣れ始めて、友達の個性もつかめないまま終わってしまいました。

2学期は、パフォーマンスデイや職業インタビューを実施し、仲間と関わる機会も増え、段々と個性が見えてきました!本格的な高校生活が始まったようなそんな2学期でしたね。

 

【学年集会】

2学期最後の学年集会です。学年主任、生徒指導部主任から2学期の総括や冬休みの過ごし方やについてお話をいただきました。

 

短い期間ですが、やはり休みは気が抜けがちです。コロナ禍ということで、制限も多く窮屈に感じるかと思いますが、それぞれで過ごし方を考えて充実させてくださいね♪

令和2年度 第2学期終業式

 

12月24日、2学期の終業式が行われました。

 学年ごとに入退場を行い、体育館内でも生徒同士十分に間隔を開けて整列しました。

 校歌斉唱は、ピアノ演奏だけで、皆、心の中で歌いました。

 校長式辞は短時間で、本年度は新型コロナウィルス感染拡大防止のため、8月から授業が始まり特別長い2学期であったこと、実習・体験・発表の場が少ない中でもよく工夫して頑張っているので、学校が文部科学大臣から特別奨励賞をいただいたこと、明日から2週間の冬休みは、不要不急の外出はせず、自宅で読書などをしてほしいとのことの、3点が話されました。

 その後、野球部、柔道部・美術部、商業・情報科、美術科の表彰が行われました。

 

終業式 開式の辞 終業式 校長式辞

ちょっと一言「羽子板の実がなりました」

12月22日本日は「総合防災訓練」と「薬物乱用防止教室」が行われました。

 避難訓練でグランドに集合し、ふと木を見ると実がなっていました。前からこんなに実がなったかな?と思ったのですが、その後、羽子板の羽の先にある黒いところになる実であることを教えてもらいました。小鹿野高校でこんなに多くの実がなったのは初めてではないかと言うことでした。

ということで、調べてみました。学ぶってこんなところから、調べてみようと言う気持ちが大事なのだろうと思います。本校の生徒の多くも調べてみよう学習にもっと取り組んでほしい。

まず木の名前は「ムクロジ」といいます。漢字では「無患子」
昔は石けんの原料としても使われていたらしい
珠をつないで数珠としても使われます
種の中の胚は炒ることによって食べることもできます
そして、羽子板の羽の先に使われます
身近に手に入り子どものおもちゃとして都合が良かったようです
現代は便利になってインターネットで少し調べるだけでも、こんなことがわかりました。
一番興味があるのは、たくさんなっているので、今度、種を食べてみようかなと、興味津々です。(注意 実はサポニンという石けんの殺菌作用がある成分が入っているので、食べられません。おなかを壊してしまいます)


追伸 降下訓練の様子(1年生)

1年生全員が、ホームルーム棟4階から無事に避難することができました
2年生は別の棟の3階から降下訓練、3年生は初期消火訓練を行いました

総合防災訓練を実施しました

12月22日 総合防災訓練が行われ、避難訓練、救助袋降下訓練、消火訓練を実施しました。

 

避難訓練の様子

地震発生から火災発生、そして避難

 

 

救助袋降下訓練の様子 1、2年生対象 

3階、4階からの降下は恐怖心との戦いです。。。

 

 

消火訓練の様子 3年生対象

水消火器で消火の訓練です

消防の方からは、先生方も生徒達も非常によく取り組んでいたと講評をいただきました。そして、自分の命をまもるため、大切な人の命を守るために訓練を真剣に取り組んでほしいとのお言葉をいただきました。

防災についてはあまりない場面だからこそ、生活の中で優先順位が下がりがちです。しかし、いざという時に正しい知識と行動ができるかで命を守れるかが決まってきます。訓練に対する意識を皆さんで確かめていきたいですね。

 

秩父消防署西分署の皆さま、お忙しいところご指導いただきありがとうございました。