小鹿野高校の日々の出来事を掲載します

令和元年度~4年度版 鹿高日誌

秩父4高校合同研修会

秩父4高校合同研修会を行いました。

テーマは「学校推薦・総合型選抜対策研修ー志望理由書編ー」。

株式会社Prima Pinguino 代表取締役 産業能率大学 経営学部教授の藤岡慎二様に、リモート配信していただきました。

1・2年生の進学希望者22名が参加し、各々の進路について考え、志望理由書の書き方を学びました。

時には近くの生徒同士で話し合い活動を行い、お互いの考えを共有する場面も見られました。

 

また、資料を熟読したり、一生懸命メモを取る姿も見られました。

 

 

2年生は本番がすぐそこまで迫ってきています。

1年生も「まだまだ先のこと…」と考えてる余裕はありません。

それぞれの志望する進路を実現できるように、頑張りましょう!!

 

生徒向けの研修後は、教員向けの研修会も開催されました。

先生方も生徒の皆さんの進路実現に向けて、一生懸命学んでいます!

 

藤岡様、長い時間のご講演本当にありがとうございました。

本日の研修会で学んだことを活かして、生徒・教員ともに進路活動に取り組んで参ります!!

 

本日参加できなかった生徒の皆さんも、友達から聞いてくださいね!

産社 総まとめの3学期

1年生で行う「産業社会と人間」という授業。

自分自身がどのような人間で、どのような生き方をしていくのかをテーマにいろいろな角度から学んだ1年。3学期に総まとめを行いました。

 

【上級学校授業体験・職業理解体験】

専門学校等から講師の先生に来ていただき、

上級学校の授業を体験したり、職業について体験をしたりしました。

自分自身が興味のあるもの、やりたいことなどを深めていきました。

 

 

 

 

 

 

【未来設計発表】

コミュニケーションについて、職業や資格について、

インターンシップ、資格について、上級学校や職業について

幅広く学んだ結果を自分自身で自分の言葉でまとめました。

「30歳になった自分」をテーマに発表を行いました。

大学に行く、資格をとる、キャリアをつむ、結婚している、

子供がいる、どこに住みたい、こんな生活をしたい など…

自分の意見をまとめました。

 

 

 4月に出会ったときは、ほぼ中学生という印象の1年生が、3月には自分の将来を具体的に自分の言葉で説明できるようになりました。先生方も驚くほど、自分自身のことを真剣に考えていました。

 

1年生の皆さん

1年生でのイメージ作りは完成しましたので、2・3年生で具体的に動いていきましょう!!

 

また、インターンシップ等でお世話になりました地域の皆様には改めて感謝申し上げます。来年度も引き続き小鹿野高校をよろしくお願いします。

今年も放送 小鹿野高校・わらじからじお

今年も3月、毎週土曜日17時からちちぶエフエムにて放送いたします。

 

今年は、事前のお知らせできず申し訳ありませんでした。すでに、3月5日に第一回の放送がありました。

 

出演は弓道部の2年生と1年生。

 

主に学校生活を中心に話をしてもらいました。

今年は、学校生活、日常を中心に放送していきます。

 

オンエアーリスト

彼 尾崎豊

ちょっと珍しい選曲かもしれませんね?

歌詞が難解だからと書き直しを命じられた尾崎豊が、それを受け付けずそのままリリースすることになったという曲。3枚目のアルバム、「壊れた扉から」収録。内省的というか内側から、自分に向けられた曲が多く、僕はこの時期の尾崎豊の作品が一番好きです。

 

プリテンダー official髭男dism

一曲目が重かったので、わりとポップに。

 

青春の坂道 岡田奈々

原案を月刊明星で募集、それを元に松本隆が作詞したものです。

高校生の日常、悩み、恋愛など象徴している(もちろん昭和のですよ)曲だと思います。

 

My shooting star  The cool chic child

今年はこれがエンディングテーマ曲

 

次回は、8日に卒業する3年生から2人が出演。先生からも1人お手伝いをお願いしています。

手浴会

1月24日(月)

福祉生活系列の生徒 3年生が手浴会を行いました。

3年生は、今月で学校生活が一区切り。家庭研修期間に入ります。

その前に、介護の技術である手浴を、日ごろお世話になっている先生方へ提供しました。

 

【手浴会の様子】

自分たちでも練習をして…

先生たちに手浴をしていきます

 

 

日頃の感謝をこめながらやってみるのは、生徒も先生もなんだかお互いにうれしいような恥ずかしいような(^^)手も、心もぽかぽかするような空間となりました。

先生方からも「ありがとう」と声をかけていただいて、生徒も充実した様子でした。

 

★★福祉科教員の思い★★

3年生は、コロナ禍において施設での現場実習が実施できず、「ありがとう」と言われる体験が少なかった学年です。

例年であれば、福祉生活系列の生徒は、机上で学んだ知識を現場実習で体験することにより、介護の難しさや、自分自身の課題と向き合い成長していきます。そして、なによりも「ありがとう」と言われる体験が、次の学びへのモチベーションにもつながります。

そのような体験をする機会がコロナ禍でなくなってしまい残念でしたが、最後の最後にこのような機会を設けることができて、本当に良かったと思います♪

2月5日(土)秩父4高校合同説明会の中止

新型コロナウイルス感染拡大を受け、2月5日(土)に予定している秩父4高校合同説明会を「中止」といたしました。

御予定を入れていただいた方には大変申し訳ございませんが、何卒ご理解の程、よろしくお願いいたします。

総合防災訓練を実施しました

12月23日総合防災訓練を実施しました
第1部 地震発生 → 調理室から出火 → 避難
を想定して行いました。
生徒、先生は、事前に出火場所を知らされておらず、避難指示の放送により適切な判断をし安全な経路で避難できるかも試されました。
残念ながら、いくつかのクラスはより安全な避難経路を選択し避難できるようにしてほしいクラスがありましたが、各クラス迅速に安全に避難することができました。

第2部 1年生は4階からの救助袋
    2年生は3階からの救助袋
    3年生は初期消火訓練
を行いました

2年生の訓練の様子

令和3年度第4回学校説明会の様子

12月18日第4回学校説明会を開催しました。
新型コロナウイルス感染予防として、各教室に20名程度に分散して、換気をしながら開催しました。


本校教員により各教室でプレゼンテーション、動画を活用して学校概要説明を行いました。




3年生が自己紹介を行い、本校教員との対談を聞いていただきました。
アンケートには、「在校生から直接学校の様子が聞けて大変参考になりました」
というような感想を多くいただきました。

野球部の様子
当日の部活動は、野球部、陸上競技部、バレー部、バドミントン部、弓道部、柔道部
        ボランティア部、竹あかり同好会
が活動していました。

令和3年度2学期終業式

12月24日2学期終業式が行われました。
新型コロナウイルス感染予防のため、前後左右の間隔を十分に取り行いました。


校長講話


令和3年度 表彰式 表彰者一覧
部活動
・野球部 埼玉県高等学校野球連盟賞 3年吉田

・美術部 第64回埼玉県立高校美術展 奨励賞 3年町田

教科
・美術 薬物乱用防止啓発ポスターコンクール 埼玉県薬剤師会長賞
    1年中村、大野、髙田、武蔵、茂木

・商業 第67回ビジネス文書検定試験 1級 3年田村、茂木

・福祉 全国高校生介護福祉研究発表会 奨励賞 3年栗原、浅賀、小池


教務部、生徒指導部からの話し

中学2年生上級学校訪問(体験授業)小鹿野中学校

12月16日(木)午後、小鹿野中学校の中学2年生が来校しました。
昨日の吉田中学校同様、高校の授業を体験していただき、全体会では高校についてと小鹿野高校の紹介をしました。


体験授業等の様子
 
①福祉「相手に伝わるコミュニケーション」 ②音楽「楽しく音を感じましょう」

 
③体育「スポーツ総合演習」(ボッチャの体験)

 
④英語「Enjoy!英単語」(動詞は体を使って覚えられる)

 
⑤商業「電卓の使い方」(電卓の活用方法を学ぶ)

 
⑥家庭「楽しいお菓子作り」(マドレーヌを作りました)

 
⑦美術「陶芸体験」(湯飲みの作り体験)

 
⑧数学「わらじかパズル」数学探究(パズルで数学の解答方法を考える)

 
⑨理科「人類史学」理科教養      ⑩公民「金融の働き」


⑪全体会

中学2年生上級学校訪問(体験授業)吉田中学校来校

12月15日(水)の午後、秩父市立吉田中学校の2年生がバスで本校に来校しました。
西秩父地区中学校連携の一貫として吉田中学校が例年来校しています。
新型コロナウイルス感染症対策として、健康観察、手指の消毒を行い、到着後すぐにまずは少人数での体験授業に参加していただきました。
その後、全体会では、高校について、小鹿野高校について紹介をさせていただきました。
アンケートには、「高校について知ることができ良かった」、「普段なかなか入ることのない高校に入ることができ、施設など見学ができて良かった」、「高校の授業を体験し今後の進路に参考にしたい」などの感想がありました。
全体会の様子

本校校長挨拶

高校について及び小鹿野高校の紹介

2学年進路活動③

12月2日

この日は、外部から講師の方をお招きして、今月中旬に行われる企業見学会に向けてのマナー講座、進路活動に必須となる面接指導を行いました。

【5限:マナー講座】

 

企業見学会におけるものだけでなく、今後社会に出るために必要なビジネスマナーをたくさん教えていただきました。

 

【6限:面接指導】

 

講師の先生が実際に動きを見せてくださいました。

必要なことはプリントにしっかりとメモしていきます。

 

 

挨拶の仕方やお辞儀の仕方など、普段からやっていることではありますが、教えていただき、きちんとできていなかったことが身に染みてわかりました。

 

座り方も意識しないと、悪い姿勢になってしまいます…。

全員が意識して座ると、すごく締まった雰囲気になりますね。

 

最期に生徒が代表で数人、今日のまとめとして実際にやってみました。

聞いてた時は理解したつもりでしたが、実際に動いてみるとなかなか難しい…

これは練習が必要ですね…!

緊張のせいもあるかもしれませんが、本番はもっと緊張することでしょう。

その緊張に負けないくらい、沢山練習して自信をつけられるようにしていきましょう!!!

2学年進路活動②

11月25日進路別活動②(進路ガイダンス)

この日は進学希望者と就職希望者に分かれて、上級学校の先生方からのお話を聞いたり、フューチャーライブにて高卒就職の心構えを学んだりしました。

【進学希望者:聞き比べガイダンス】

 

 

どの教室でも上級学校の先生方の話を聞き、どのような点に注目して学校選びをすればいいのかなど、多くの事を学びました。

対面でもオンラインでもオープンキャンパスはあります。

様々な学校をよく見て比べて、自分の将来をしっかり考えていきましょう!

 

【就職希望者:フューチャーライブ】

 

高卒就職について、自分に合う仕事とは…

演劇を見ながら、大事なことをしっかりとメモすることができました。

これから多くの求人票の中から、自分が行きたい会社を探していきます。

色々な人に相談したり、様々な情報を精査したりして、自分の希望に合う会社に就職できるよう努力していきましょう!

 

2学年進路活動①

12月に入り、2学期も残り1ヶ月をきりました。

2学年では、先月から本格的に各々の進路活動に取り組み始めました。

11月18日 進路別活動

就職希望者・・・今年度の求人票の見方を学び、見比べる活動を行いました。

 

進学希望者・・・受験の種類を学び、自分の希望を実現するために

        必要な情報収集を行いました。

 

公務員希望者・・・一般企業との違い、試験について学びました。

 

来年度の求人情報や受検要項などが出たらすぎに動き出せるように、情報をしっかりと読み取れる能力を身につけましょう!

 

 

インターンシップ報告会

12月1日(水)インターンシップの報告会を行いました。

この日のために、インターンシップ(職業インタビュー)の振り返りをし、まとめを一生懸命取り組みました。

 

目的は、学んだことの情報共有です。自分が知らない分野の情報をもらったり、どの業種にも共通していることを見つけたり。発表も、発表を聞く姿勢も大事にしながらみんなの報告会を実施しました。

 

【当日の様子】

  

報告をする難しさも感じたようです。4分以上5分以内の時間を守ったり、聞いてもらうために強弱をつけたり。中にはクイズを取り入れ工夫するグループもありました。また、作成した模造紙も文字を太くしたり、枠をかいてみたり。各グループが一生懸命準備して本日を迎えていました。

あと、もうひと頑張り!報告会のまとめをして、インターンシップが一区切りですよ!もう少し頑張っていきましょう!!

 

【ご協力いただきました事業所の皆様へ】

報告会を無事に終了することができました。生徒はひとりひとり、しっかりと学び、社会にでるために今何をすべきか向き合っています。コロナ禍でもご協力をいただき、本当にありがとうございました。3学期には、報告書が作成されますので、出来上がり次第お渡しします!楽しみにお待ち下さい★

戸田翔陽高校 合同授業

3年福祉生活系列では、2週連続で戸田翔陽高校とリモートにて合同授業を行いました。

戸田翔陽高校にも福祉を学んでいる生徒がいます。同じ福祉を学ぶ生徒がリモートでつながり、意見交換を行いました。

自己紹介をしたあとは、「共生社会に私たちは何をしていくか」を話し合いました。今まで福祉を学んだことをいかして、これからどのように進むのか、進路が決まり出した3年生だからこそ深く考えるタイミングです。意見交換をしながら、考えていきました。

 

【リモートの様子】

5班に分かれて交流しました

 

 

【交流の様子】

同級生同士だからなのか、緊張はすぐほぐれ手を振りあったり、

別れを惜しんだりして楽しそうでした♪

 

短い時間でしたが、楽しみながら学ぶことができました。

 

今まで学んだ知識をいろいろな人に知ってもらって、思いやりを広めたい!というような意見が多くみられました。

高齢者の方について、障がい者の方について、病気、障がい、制度…たくさん学んだ結果がこのような答えにつながりました。

高校生でこのような思いを抱きながら社会に出ていくなんて素晴らしいことです!日本の未来がちょっと明るくなるような気持ちになりました。

 

戸田翔陽高校の皆さん!ありがとうございました!

同じ福祉を学ぶ学校としてつながっていきましょう!!

募金活動 報告

こんにちは!ボランティア部です。校内での募金活動の報告をさせていただきます。

【緑の募金】

3308円

振り込み遅くなりました。

 

【赤い羽根募金】

1125円(校内)

5700円(教職員)

校外での募金の呼びかけも検討していましたが、コロナ禍ということもあり校内での募金活動となりました。機会があれば、校外でも実施しますので、その際はよろしくお願いします。

さんフェア埼玉 2021

第31回全国産業教育フェア埼玉大会

さんフェア埼玉2021

 

現在、開催中のさんフェア埼玉2021。

その中で、全国の福祉を学ぶ高校生が1つの事例を研究し、介護福祉研究発表会が行われています。この発表会に参加できるのは、各地域ブロックで優秀な成績をおさめた学校が代表として出場しています。

本校からも、福祉・生活系列3年生、3名が出場しました。(詳細は、過去の日誌をご覧ください!)

 

各学校の発表内容は、こちらから☟

1つの事例に対して、10分の動画で研究結果を発表しています。

https://sanfair2021.com/welfare/

 

10月30日(土)

各学校の意見交換会と、表彰式が行われました

 

≪奨励賞≫

 

奨励賞をいただくことができました!

栗原さん、小池さん、浅賀さん

県大会、関東大会、そして、全国大会とコロナ禍で大変なこともありました。しかし、一生懸命、事例研究に取り組み、そして結果となったことおめでとうございます。そして、お疲れさまでした。

事例研究においては、競い合い、順位をつけなければいけない部分もありますが、本当の正解は、利用者様が幸せを感じられるかどうかです。いろいろな学校の研究発表を聞き、自分たちにはない考え方もあったと思います。支援の方法を幅広く考えられ、他者の意見を認め合い、利用者様にとって何が良いのかを追求できる介護福祉士を目指してください!

 

※中学生の皆さんへ

小鹿野高校、福祉・生活系列では、介護職員初任者研修の資格を取得することができます。また、福祉・生活系列で学んだ生徒の傾向としては、介護福祉士、社会福祉士、看護師、保育士を目指す生徒が多いです。(もちろん、その他の道を進む生徒もいます)高校生のうちに、基本的な土台を学ぶと、その先の進学先でもスムーズな学習へとつながります。

興味のある中学生の皆さん、ぜひ、一度学校説明会にお越しいただき福祉・生活系列を知ってください!