過去の鹿高日誌は、左側「過去の小鹿野高校の様子」にもあります

カテゴリ:地域貢献

鉛筆 教育スクラム日本一の町を目指して!

 小鹿野高校では「小鹿野未来塾(小鹿野町教育委員会主催)」に協力をしています。
 26日(土)には漢検チャレンジスクールが開講、開講式に続いて、各講座がスタートしました。
 町内の小中学生を中心に約100名の方に来校していただきました。

●開講式の様子
小鹿野町長 森真太郎 様のごあいさつ

小鹿野町教育委員会教育長 笠原 浩 様のごあいさつ


●授業の様子
 
 
 漢検チャレンジスクールでは講師として、地域の方の他、本校教職員が協力をしています。
 また、5月に開講した「科学不思議講座」(第1回の様子はこちら)の全講座、中学生未来塾(数学、英語)、英検チャレンジスクールの一部講座への協力も行っています。

小鹿野未来塾 科学不思議講座 第1回目

 5月19日、町内の小学4~6年生を対象にした小鹿野未来塾 科学不思議講座で、ハンドレベルによる展望台の高さの測定を行いました。
 鹿高生の実習では、学校の正門からでしたが、小学生の実習は傾斜が急になる展望台の麓の駐車場からの高さ測りました。標尺とハンドレベルの扱いに苦労し,高校生の2~3倍の時間がかかりました。その中でも、答え合わせのために地理院地図で測定した標高から求めた比高75mと全く同じになった班もありました。

ハンドレベルの使い方を説明 駐車場から測量を開始

丘陵の山道での測量 展望台での記念撮影