ブログ

令和元年度~2年度版 鹿高日誌

新教育機材研修会

2月19日(金)放課後,理科の新教育機材研修会が行われました。

 新規に導入された,三眼モニター付き双眼実体顕微鏡の研修会が行われました。製造メーカーから指導者をお招きし,操作方法や使用例を学びました。

 これまで,顕微鏡での実習は,それぞれの生徒が観察したり,テレビカメラを使って液晶テレビに映したりして指導していました。今回,導入された新型の双眼実体顕微鏡は,レンズが明るく大きいだけでなく,カメラが内蔵され,USBケーブルでタブレットやパソコンに接続して,画像を調整でき,Bluetoothでスマホに接続したり,HDMIケーブルでプロジェクターに接続できます。

 昨年度,導入された三眼モニター付き生物顕微鏡とともに,実験室での観察だけでなく,リモート授業にも利用できそうです。

新規に導入された顕微鏡の研修会

本日「ふれあいデー」です

埼玉県教育委員会では、すべての公立学校で毎月21日を「ふれあいデー」としています。今月は21日が日曜日のため、本日が「ふれあいデー」となります。

働き方の改善を図る目的で、職員の定時退勤を推奨しています。皆様のご理解・ご協力をお願いいたします。

県立学校における働き方改革推進に向けた取組  ➝  ふれあいデーについて(PDF)

 【 近況 】3年生全員の進路先が決定しました。3年生は現在、それぞれの進路、就職や進学に向けての準備期間を過ごしています。来月は卒業式です。4月からのスタートに向けて有意義な生活を送ってください。 先月は、高校生活最後の授業でした。選択科目、家庭科「子ども文化」(下記上段)、情報科「情報コンテンツ実習」(下記下段)での発表会を見学できました。全員の生徒が、しっかり発表していました。

 

コロナ禍で思うような活動ができない今年度ですが、頑張って賞などをいただいた内容4種類を横断幕・立て看板で掲示をしました(下記)。文書デザインコンテスト、子ども人権メッセージ、高校美術展、ビジネス文書実務検定1級です。

 他にも、全国高校生読書体験記コンクールで優良賞、埼玉県キャリア教育実践アワードで最優秀賞を受賞しています。今後、掲示を予定しています。埼玉県キャリア教育実践アワードは2年連続の最優秀賞となり、代表生徒3名が昨日、小鹿野町役場で町長への表敬訪問を行いました(下記左)。県高校美術展で優秀賞を受賞した絵画も先月は小鹿野文化センターに掲示させていただき町民の皆さまに見ていただきましたが、現在は校内に展示しています(下記右)。

小規模の高校ですが、頑張る小鹿野高校生の近況報告です。

新任教員研究授業

2月9日(火).

 1時間目,新任教員の研究授業が,1年生の「化学基礎」の授業で,パワーポイントを使った,演示実験が行われました.

 導入では,既習事項の確認が,3択クイズが3色のカードで答える形で行われました。実験の計測は,スライドを見てメスシリンダーの目盛りを読み取り,結果を電卓を用いて計算しました。最後に,演習問題を解きました。

 2時間目には,検討会が行われ,参観された先生方から,授業についての評価のほか,具体的な改善案や,他教科間での授業協力などが検討されました。

 本年度の新任教員は,着任して早々,4・5月は登校しての授業がなく,新任研修も異例な形で行われてきました。そのような中でも教員の自覚をもって,今日の研究授業は,はっきりとした声で落ち着いて授業ができていました。

3択問題に色カードで答える。

授業参観のようす

 

県教育委員会教育長訪問(小鹿野町Webより)

県教育委員会教育長を、本校生徒が訪問した記事が小鹿野町ホームページに掲載されています。

令和3年1月6日(水)埼玉県庁3階渡り廊下の特設ブースに、生徒が作製した「竹あかり」を展示し、教育長へ竹あかりの取り組みについて説明しました。この展示は2月26日(金)まで2か月弱の期間展示されています。現在も展示中です。

 小鹿野町のホームページへリンクします。

 

2年 校内にて介護実習

1月25日~29日まで、校内実習を行いました。

先生たちの「できるだけ、施設実習と同じレベルの学びにしたい」という思いから外部講師の方に依頼し、講演して頂きました。

 

【倫理について】

大川学園より講師の方に来ていただきました。

非常に専門的な内容でしたが、

倫理にもとづく判断をすることの大切さを学びました。

 

 

【施設について】

白砂恵慈園より講師の方に来ていただきました。

様々な施設の特色についてや、介護職についてお話を頂きました。

用意して頂いた資料では、涙を流した生徒もいました。

生徒の心が動いた充実した時間となりました。

 

 

その他、先日記事にも載せました手浴や、DVDにて認知症や終末期について学んだりしました。集中的に福祉を学んだことで生徒達も「実習楽しかった~」と、最終日には言っていました。

2年生から福祉を学びだし、福祉の魅力を徐々に理解しているようです。

3年生 最後の福祉の授業

1月25日 3年生は翌日から学年末考査。3年生にとって、本日が最後の授業です。

 

福祉・生活系列の3年生は本日最後の授業では「手浴」を提供しました。

提供する相手は、日頃お世話になっている先生方です。

日頃の感謝をこめて、手浴を行いました。

 

現在担任の先生、旧学年団の先生、その他たくさんの教職員の方々に来ていただきました。「気持ちよかった~」と先生方にも満足していただけたようです。2年間福祉を学んだ集大成になったでしょうか(^^)

 

そして、1月25日より福祉・生活系列の2年生が校内実習を実施しています。本来、施設での実習でしたが緊急事態宣言もあり校内での実習となりました。「手浴」についても、今回は3年生から学ぶということで2年生も体験しました。

先輩から後輩へ、技術と共に「思い」も伝わったかな?

2年生もこれから頑張っていきましょう★

お客様

1月26日 ちょっと変わったお客様が来校。

しばらくお散歩していました(^^)

同窓生でしょうか?(笑)

 

自然が豊かな小鹿野高校の魅力の1つですね♪

第5回学校説明会を実施

1月23日(土)第5回学校説明会を実施しました
コロナ感染予防対策を行いながらの実施しました
入り口での体温確認および消毒、会場の換気と間隔を取った座席等対応しました

今回の説明会は、学校概要説明、卒業後の進路、面接の攻略ポイントの内容で実施しました
教員が面接の実演を行いました
面接の攻略ポイントを中心に、以下に写真を掲載いたします


学校概要説明


面接良くない例
姿勢や服装が面接としてふさわしくないですよね

面接をしながら改善していきます
服装もだいぶ良くなりました

次は面接の良い例

本日「ふれあいデー」です

埼玉県教育委員会では、すべての公立学校で毎月21日を「ふれあいデー」としています。本日が「ふれあいデー」となります。

働き方の改善を図る目的で、職員の定時退勤を推奨しています。皆様のご理解・ご協力をお願いいたします。

県立学校における働き方改革推進に向けた取組  ➝  ふれあいデーについて(PDF) 


【近況】1月6日・7日と本校主催の公開講座が4講座開講されました(葉脈標本を作ろう、国旗から見る世界、オリジナルキャンドル作り、身近な生き物の細胞を観察しよう)。

コロナ禍の中、参加人数も制限させていただき感染防止対策の中で冬季公開講座を開催することができました。夏季講座はコロナ対策で中止となり、残念だという内容の声も多く寄せられました。冬季講座は、どうにか実施できました。参加していただいた皆さんからは「楽しかった。勉強になった。もっと時間が欲しかった。また開催してほしい。」など事後アンケートにも記載していただきました。本校では、他にも小鹿野町教育委員会が主催する「未来塾」にも協力し、地域の皆さんとともに様々な学習支援などに取り組んでいます。

【オリジナルキャンドル作り での様子】

コミュニティ・スクール通信3号を発行しました。

令和元年度から本校はコミュニティ・スクールとして取り組んでいます。コロナ渦下ではありましたが、感染防止を図りながら学校運営協議会を開催しました。その様子などを取り上げています。また、町内各所に設置られた小鹿野高校ブースでも配布しております。ダウンロードも可能ですので、ぜひ御覧ください。

https://ogano-h.spec.ed.jp/setting/コミュニティ・スクール

 

1学年 3学期が始まりました!

あっという間の冬季休業が終わり、今日から3学期が始まりました。

本年もよろしくお願いいたします。

 

久しぶりの学校に、まだ冬休み気分が抜けていない1年生もいたようですが、来週の火曜日(12日)から6限授業が始まります。

また、15日の金曜日には、英語の課題テストもありますので、気持ちを勉強モードに切り替えて3連休を過ごしてほしいと思います。

 

寒さも厳しくなり、風邪やインフルエンザも流行るころですので、ご家庭でも手洗い・うがい、外出時のマスク着用の徹底をご指導ください。

よろしくお願いいたします。

令和2年度 第3学期始業式

1月8日、3学期の始業式が行われました。

 2学期終業式と同様、学年ごとに入退場を行い、体育館内でも生徒同士十分に間隔を開けて整列しました。

 校歌斉唱は、ピアノ演奏だけで、皆、心の中で歌いました。

 校長式辞は短時間で、次の3点が話されました。昨日、緊急事態宣言が出されました。新型コロナウィルスに負けないように、感染拡大の防止をしっかりとやりましょう。一昨日、埼玉県庁に小鹿野高校の竹あかりを設置し、代表生徒4人が教育長と懇談してきました。高校生が地域を盛り上げる素晴らしい取り組みだ、地域活動も進路実現に向けた勉強もしっかりやるようにと激励されました。短い3学期、全員の生徒が乗りきっていけるよう、守るべきことを守り、勉強が一番ですが、やるべきことをしっかりやって、頑張っていきましょう。

 式後に、教頭から、新型コロナ感染対策として、次の連絡がありました。健康観察、手洗い、マスク、常時換気の励行、食事中の会話禁止、登下校時の飲食禁止、部活動の原則禁止、体調不良の際には,早めに医療機関に連絡を取って対処すること(詳しくは印刷物を配布)。

3学期始業式での校長式辞

新年を迎え3学期が始まります

明けましておめでとうございます。

令和3年の新年を迎え、本日から令和2年度3学期が始まります。

本校昇降口から東を見ると、武甲山の横から眩しく太陽が昇っていました。3学期、今年度の締めくくりの学期です。今日の気温は氷点下まで下がっていますが、この太陽の輝きに負けないくらい頑張って行きましょう!

 

 

12月24日配付 保護者宛通知の訂正について

12月24日に配付した保護者宛通知に間違いがありましたので、訂正について掲載いたします。

3学期の主な行事予定、「卒業式 3月8日に実施予定」とありますが、
「卒業式 3月9日(火)実施予定」
が正しい日程になりますので訂正をお願いいたします。

卒業式の詳細については、記載通り後日御連絡いたします。

小鹿野高等学校 教務部

非行・薬物乱用防止教室

 12月22日におがの薬局・本校学校薬剤師の町田一美様を講師としてお招きし、非行・薬物乱用防止教室を開催しました。

 「どのようなものが薬物に当たるのか」や「薬物乱用者はどのような状態に陥ってしまうのか」といったお話を座談会など生徒とのコミュニケーションを通して行っていただきました。

 生徒たちは、周りのクラスメイトなどと話し合いながら、薬物乱用とそれに伴う非行の実態について深く考えることができたと思います。

 町田先生貴重なお話をありがとうございました。

1年生 2学期最後のホームルーム

終業式を終え、各ホームルームにて通知表が担任から渡されました!

【HRの様子】

 

 

担任から生徒へ、一言を添えながら手渡された通知表。それぞれが2学期を振り返り感じたことがあったようです。

友達と話し合う様子も見られました。

一度立ち止まり、自分自身を振り返ることはとても大切なことですね。

通知表の数字だけでなく、日頃の自分自身を見つめ、課題をみつけ成長してくださいね!!

 

★ メリークリスマス ★ ☆ ★よいお年を★

1年生 学年集会

2学期もいよいよ終了します。いつもより少し長い2学期でしたね。1学期は高校生活に慣れ始めて、友達の個性もつかめないまま終わってしまいました。

2学期は、パフォーマンスデイや職業インタビューを実施し、仲間と関わる機会も増え、段々と個性が見えてきました!本格的な高校生活が始まったようなそんな2学期でしたね。

 

【学年集会】

2学期最後の学年集会です。学年主任、生徒指導部主任から2学期の総括や冬休みの過ごし方やについてお話をいただきました。

 

短い期間ですが、やはり休みは気が抜けがちです。コロナ禍ということで、制限も多く窮屈に感じるかと思いますが、それぞれで過ごし方を考えて充実させてくださいね♪

令和2年度 第2学期終業式

 

12月24日、2学期の終業式が行われました。

 学年ごとに入退場を行い、体育館内でも生徒同士十分に間隔を開けて整列しました。

 校歌斉唱は、ピアノ演奏だけで、皆、心の中で歌いました。

 校長式辞は短時間で、本年度は新型コロナウィルス感染拡大防止のため、8月から授業が始まり特別長い2学期であったこと、実習・体験・発表の場が少ない中でもよく工夫して頑張っているので、学校が文部科学大臣から特別奨励賞をいただいたこと、明日から2週間の冬休みは、不要不急の外出はせず、自宅で読書などをしてほしいとのことの、3点が話されました。

 その後、野球部、柔道部・美術部、商業・情報科、美術科の表彰が行われました。

 

終業式 開式の辞 終業式 校長式辞

ちょっと一言「羽子板の実がなりました」

12月22日本日は「総合防災訓練」と「薬物乱用防止教室」が行われました。

 避難訓練でグランドに集合し、ふと木を見ると実がなっていました。前からこんなに実がなったかな?と思ったのですが、その後、羽子板の羽の先にある黒いところになる実であることを教えてもらいました。小鹿野高校でこんなに多くの実がなったのは初めてではないかと言うことでした。

ということで、調べてみました。学ぶってこんなところから、調べてみようと言う気持ちが大事なのだろうと思います。本校の生徒の多くも調べてみよう学習にもっと取り組んでほしい。

まず木の名前は「ムクロジ」といいます。漢字では「無患子」
昔は石けんの原料としても使われていたらしい
珠をつないで数珠としても使われます
種の中の胚は炒ることによって食べることもできます
そして、羽子板の羽の先に使われます
身近に手に入り子どものおもちゃとして都合が良かったようです
現代は便利になってインターネットで少し調べるだけでも、こんなことがわかりました。
一番興味があるのは、たくさんなっているので、今度、種を食べてみようかなと、興味津々です。(注意 実はサポニンという石けんの殺菌作用がある成分が入っているので、食べられません。おなかを壊してしまいます)


追伸 降下訓練の様子(1年生)

1年生全員が、ホームルーム棟4階から無事に避難することができました
2年生は別の棟の3階から降下訓練、3年生は初期消火訓練を行いました

総合防災訓練を実施しました

12月22日 総合防災訓練が行われ、避難訓練、救助袋降下訓練、消火訓練を実施しました。

 

避難訓練の様子

地震発生から火災発生、そして避難

 

 

救助袋降下訓練の様子 1、2年生対象 

3階、4階からの降下は恐怖心との戦いです。。。

 

 

消火訓練の様子 3年生対象

水消火器で消火の訓練です

消防の方からは、先生方も生徒達も非常によく取り組んでいたと講評をいただきました。そして、自分の命をまもるため、大切な人の命を守るために訓練を真剣に取り組んでほしいとのお言葉をいただきました。

防災についてはあまりない場面だからこそ、生活の中で優先順位が下がりがちです。しかし、いざという時に正しい知識と行動ができるかで命を守れるかが決まってきます。訓練に対する意識を皆さんで確かめていきたいですね。

 

秩父消防署西分署の皆さま、お忙しいところご指導いただきありがとうございました。