ブログ

令和元年度~4年度版 鹿高日誌

上級学校バス見学会を実施しました。

5月14日(土)に2年生と3年生の希望者の生徒7名が、上級学校バス見学会に参加しました。見学させていただいた学校は、飯能市にある「駿河台大学」と「大川学園医療福祉専門学校」の2校でした。

 

まずは駿河台大学です。広報の方の話や案内をしてくださった学生の方の話を聞きながら生徒はよくメモを取っていました。キャンパスは東京ディズニーランドと同程度の広さらしくその広さに驚いていました。

案内をしてくださった学生の方に「どのようなボランティアをするのか」、「色んな所に教室があって迷ったり遅刻したりしたことはあるか」など積極的に質問していました。また昼食は大学の学食で取りました。本校には学食がないので生徒にはとても新鮮だったようです。

 次は大川学園医療福祉専門学校です。

大川学園医療福祉専門学校の歴史やどのような資格が取れるか、大学と専門学校の違いを教えていただきました。初代理事長の像と集合写真を撮らせていただきました。

 大川学園医療福祉専門学校には、学校の中に接骨院があり学生はもちろん一般の方も治療を受けられること、柔道整復師や介護士の需要の多さや多くの最新の機器に生徒たちも興味津々でした。

 

駿河台大学、大川学園医療福祉専門学校の方々、お忙しいなか、本校の生徒たちのために講義や案内をしていただきありがとうございました。生徒たちは、「楽しかった」「勉強になった」「進路のことをより考えるきっかけになった」などと言ってくれました。

 

 

 

令和3年度 エコキャップ回収報告

ボランティア部で取り組んでいるエコキャップ回収

令和3年度分の集計がまとまりましたので、ご報告させていただきます。

合計数:570395個

(重さに換算すると…1327㎏)

 

本校だけでなく、地域のこども園、小中学校、警察、郵便局、社会福祉協議会など様々な場所で回収させていただいています。

ご協力ありがとうございました。m(- -)m

 

今年度も、継続して回収をしておりますのでよろしくお願いします。

西秩父商工会女性部の皆様 ありがとうございました

昨年度の冬頃、西秩父商工会女性部の皆様から「カイロの回収に協力をしてください」という依頼がありました。

カイロを回収し、中身の成分を加工すると、水質をきれいにできるという活動があり、それに西秩父商工会女性部の皆様が協力するということでした。小鹿野高校でもエコキャップ回収に取り組んでおり、環境活動という共通点から、ぜひ小鹿野高校でもボランティア部が中心となり取り組んでほしいというお話でした。

コロナ禍のため、地域の皆様との活動が少なくなってきたため快く引き受けさせていただきました。もちろん、西秩父商工会女性部の方も、ボランティア部のエコキャップ回収に協力していただけるということで、連携した取り組みとなりました。

【記事になりました】

【昨年度末カイロの受け渡しの様子】

 

 

ボランティア部全員で記事を読ませていただきました。今後の活動の活力となりました。引き続きよろしくお願いします。

 

ボランティア部 第1回プロギング

5月6日放課後、ボランティア部が第1回プロギングを開催しました。

プロギングとは、スウェーデン発祥の「ジョギングをしながらゴミを拾う」という環境活動と健康づくりを一緒にできる新しいフィットネスです。

ボランティア部は、地域からの依頼で地域ボランティアに出ていくことも多かったのですが、コロナ禍ということもあり、地域からの依頼がゼロという状況が続き。。。エコキャップ回収を継続したり、エコキャップアートに取り組んだりと活動してきました。しかし、やはり生徒の気持ちの中には、「地域の方のため動きたい」「地域にでて自分を成長させたい」という気持ちが大きいようでした。

そこで、生徒とともに考えたどり着いたのがプロギングでした。今までも地域清掃をやってはいましたが、SDGsの観点からも時代に合った形にゴミ拾いを考えてみました。

【活動の様子】

部長より活動の説明

ゴミ拾いをする時は、腰をおとしてゴミを拾おう!など

活動の説明がありました。

ボランティア部以外に有志の生徒も数名参加してくれました。

 

 

レッツゴー♪

活動時間40分 2キロ程度を目標にスタートしました。

 

 

最後に分別をしました

 

 

生徒が距離を測定したところ、1.5キロ~2キロ程度でした。日頃、校内でキャップ分別に励んでいるボランティア部にとって、よい気分転換にもなったようです。「先生、ちゃんと挨拶してきたよー!」と、報告してくれた生徒もいました(笑)

生徒も「思ったより楽しかったな」「またやりたい」「もう少し長い時間がいいな」と、積極的な意見が多く出ました。定期考査最終日や、夏休みなど時間がたっぷりとれるときに、また企画をしてみたいと思います。

この活動が軌道にのったら、健康づくりという意味もあるため地域の方と一緒に取り組めるようになったらいいなと思っています。

3学年進路ガイダンス

5月6日(金)

 

本日5・6時間目に、3学年対象に進路別ガイダンスを行いました。

進路決定の1年がスタートしていますので、生徒の皆さんは昨年度以上に真剣に取り組んでいました。

志望校を決めている生徒は、より具体的なお話を聞いたり質問をしたりする人もいました。また、まだ志望校が決まっていない生徒は、色々と質問をして、志望校の検討に役立てる人もいました。

 

 

 

就職希望者も求人票や履歴書についての話や、面接についての話を聞きました。

 

全員その場でお辞儀の仕方や声の出し方なども学びました。

正しいやり方をしっかりと覚えて、沢山練習していきましょう!

今日は少しぎこちなかったようですが、普段から意識して行動すれば、自然とできるようになります!

自分の進路希望を実現させるために、しっかり頑張りましょう!!

 

令和4年度「交通安全教室」を実施しました!

4月27日(水)6時間目に「交通安全教室」を小鹿野警察署の協力のもと実施しました。今回もコロナの感染対策として、消毒・換気を徹底して行いました。

 

内容は、DVD視聴を主にした交通ルールの確認と自転車の損害賠償保険についての話、バイクの危険性の再確認などを伝えていただきました。

改めて、日頃の交通安全に対しての意識の大切さを教えていただきました。

 

埼玉県では、死亡事故も多々起きています。件数は、全国でも多いとのことです。昨年は、37人も交通事故で亡くなっているそうです。

小鹿野町では、そうした死亡事故などは起きていませんが、小規模な事故は87件も発生しており、日頃の注意の必要性を感じさせます。

時間に余裕を持って行動するなど、事故の予防のためにも対策していくことを伝えていただきました。

 

最後に生徒会長が謝辞を述べて、交通安全教室を終わりました。

新学期も始まったところなので、改めて交通安全について意識をしていかないといけませんね!

 

 

3年生 進路講話

3年生に進級して1週間が経ちました。

新しいクラスにもなれ、新しい授業もスタートしています。

 

今回はハローワーク秩父の方が、進路講話に来てくださいました。

主に就職活動についてのお話でしたが、進学希望者にも大変勉強になるお話でした!

進路活動において大切なことを沢山教えていただいたので、しっかりとメモを取っていました。

 

積極的に進路活動に励んでいる人もいれば、まだまだ第一志望が決まらない人もいます。

多くの選択肢がありますが、自分から情報を集めてよく考えたうえで志望先を決めていきましょう!

3年生は進路決定の年です。

自分の将来についてよく考え、積極的に動いていきましょう!

1年生 アイスブレイク

先日、1年生の生徒と1学年団の教員でアイスブレイクが行われました。

アイスブレイクとはその名の通り、緊張した固い空気や心を氷にたとえてそれを壊す、溶かすというものです。

アイスブレイクの説明が行われ、そのあとに1学年団の教員についてのクイズが行われました。1番クイズの正解数が多かった生徒が「クイズ鹿高王」と称せられました。

続いて行われたのがサイレントバースデーチェーンでした。一言も話さずにジェスチャーだけで意思疎通し、1月から12月まで誕生月日の若い順から順番に並んでいくというゲームです。教員も参加し「静かに」盛り上がりました。

高校に入学して2週間程ですが、少しずつではありますが生徒の緊張もほぐれリラックスしているように感じます。これから本格的に行われる授業、部活、行事等に積極的に参加し、高校生活に更に慣れていってもらいたいです。