小鹿野高校の日々の出来事を掲載します

令和元年度~4年度版 鹿高日誌

1学年 インターンシップに向けて

 本日9月14日、株式会社さんぽう様によるインターンシップに向けての講義をしていただきました。インターンシップ先の企業の方への電話のかけ方や訪問の仕方など御指導いただきました。

 インターンシップは9月26日(月)から30日(金)の5日間行われます。講師の方から学んだことを活かして、より充実したインターンシップにしてもらいたいです。

  

 

ボランティア部 校内清掃

8月30日 ボランティア部の生徒が新学期にむけて校内清掃を行いました。HR棟の廊下と階段すべてを掃除しました。約1時間ちょっとかけて念入りに掃除してくれました。

【掃除の様子】

   

おそらく、「自分たちがやったんだぞ!」と、アピールする生徒達ではないので誰にも気づかれないかもしれませんが、新学期が気持ちよくはじめられるように一生懸命頑張ってくれました。もし、この記事を読んだ先生や生徒は、一言「ありがとう」と、言っていただけると嬉しいです。

 

★★★おまけ★★★

8月29日 美術部の生徒に「先生!似顔絵の練習させてください」と依頼されました。どうやら、文化祭にむけて練習しているようです。制限時間5分で描いてくれました。

顧問の先生からは、「コミュニケーションをとりながら描くんだよ」と指導されていました。楽しい5分になりました!美術部の生徒の皆さんありがとう!

令和4年度PTA奉仕作業の中止について

 PTA会員の皆様方におかれましては、ますます御清祥のこととお慶び申し上げます。また、日頃から本校教育活動の充実・発展に向け、温かい御理解と御協力を賜り、感謝申し上げます。

 さて、8月28日(日)に実施予定の令和4年度PTA奉仕作業につきましては、新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、中止とさせていただきます。参加予定の方には、誠に恐縮ではございますが、御了承の程、宜しくお願いいたします。

夏季進路補習最終日

 進路指導部です。夏季進路補習最終日は、数学、英語、面接指導を行いました。

 

 

 3年生は面接練習を複数行っているためか、はきはきと適切に質問に答えていました。

 4日間に渡る夏季補習で、進学希望の生徒たちの勉強へのモチベーションが高まった様子でした。

高校生災害ボランティア育成講習会

8月5日 

高校生災害ボランティア育成講習会に生徒2名が参加しました。

災害時に活躍できる高校生ボランティアを育成するための講習会。3年生の2名が「参加したいです」と積極的に声を上げてくれました。

 

【体験の様子】

 

消火体験や、東日本大震災の地震体験をしました。その他、展示されている資料等をみながら、「もしも、学校で起きたら?」「自宅で起きたら?」などと会話をしていました。「冷静になると考えつくことも、瞬時に判断するとなるとできないかもしれないよね…」と日頃から、様々なことを想定することが大事だと気付いたようです。

 

【講演の様子】

防災教育コーディネーターの方や、自衛隊の方のお話をききました。

東日本大震災から学んだことや、日ごろの訓練の大切さ、もしもの時に役立つライフハック等学びました。

 

近年、大きな夏の災害がみられます。他人事でなく、もし、自分の身近で発生したら?と考えることが大切です。また、1人で話し合うのではなく、家族や仲間と、職場の人と話し合うことも大切です。忙しさに任せて、ついつい後回しにしてしまいがちですが、やはり命を守るためにしっかりと考えないといけないと改めて気づかされました。参加した3年生の2名も18歳成人として、社会を支える側に回ります。意識を高くもち、もしもの時に活躍してほしいです♪

夏季進路補習3日目

 進路指導部です。夏季進路補習3日目は、数学、国語、小論文作成を行いました。

   

   

 小論文作成では実際に自分の志望校で過去に出題されたテーマをもとに、小論文を書きました。800字をそのまま書くのは難しいこともあり、ポイントとなることをメモするなど工夫していました。

夏季進路補習2日目

 進路指導部です。夏季進路補習2日目です。2日目は小論文の書き方の指導と面接指導を、株式会社さんぽうの方に講師として指導していただきました。

    

    

 面接練習では、生徒は少々緊張ぎみでしたが、講師の方のアドバイスを真剣に聞いている様子でした。    

夏季進路補習と面接指導

 8月2日から4日間、進学志望の生徒を集め夏季補習を行っています。本校の教員によるハイレベルな国数英の授業や外部講師やJSTによる小論文、面接指導も行われる予定です。

   

 校長先生から補習を受けるにあたっての心構えについて話をしていただきました。生徒も真剣に話を聞いていました。

   

 最初は国語の評論です。大事なところに線を引いたり自分の考えをまとめたりしていました。

   

 続いては英語です。なかなか難しい英文和訳に苦戦していました。周りの生徒と相談しながら答えを導こうとしていました。

 場所は変わって…。進学志望の生徒が補習を頑張って受けている隣で3学年の就職志望の生徒も頑張っています。就職志望の生徒は夏休みの間、JSTによる2回の面接指導を受けます。

   

 身だしなみのチェックから始まり、志望動機や自分の強みや弱みなどについて答えていました。

 

 

令和4年度埼玉県高校生介護技術・福祉研究成果発表会

令和4年度埼玉県高校生介護技術・福祉研究成果発表会が、7月26日オンラインにて開催されました。

福祉・介護の道に進みたいという生徒6名が出場にあたり立候補してくれました。介護技術部門に3名、福祉研究部門の部に3名出場となりました。意見交換会では、司会も務めました。

オンラインでの開催となり、課題に対して動画を撮影し提出・審査という流れでした。生徒は、期末考査後から本格的に取り組み7日~8日間短期集中でまとめ上げました。

【当日の様子】

  

 

【結果】

介護技術部門 お祝い優秀賞

福祉研究部門 お祝い優良賞

結果に悔しがる場面もありましたが、一生懸命取り組んだ結果だと思います。今回は発表会ということもあり、1つの事例に対して評価がありましたが、本来の正解は相手の中にあります。常に相手のことを考え、思うことが大切だと生徒達に伝えました。また、他校の発表をうけて勉強にもなった様子です。本当によく頑張りました(^^)