小鹿野高校の日々の出来事を掲載します

カテゴリ:今日の出来事

1学年 入学式後の教室で

令和2年4月8日(水)に第70回入学式が本校体育館において行われました。お忙しい中、お越しくださった保護者の皆さま、誠にありがとうございました。

入学式の詳しい様子は別の記事にも書かれているので今回は割愛いたします。

 

入学式後、生徒は各自の教室に移動して担任・副担任からの話、提出物の回収、学校での過ごし方などを聞き、簡単な校内見学をした後、解散となりました。

担任からの話に耳を傾ける様子や、マスク越しでも少し緊張していることが伝わる表情に、新学年の始まりが伝わってきます。

 

今後も1学年の様子をできるだけホームページで配信する予定ですので、ぜひご覧ください。

ボランティア部より

本日令和2年3月31日に、令和元年度に販売した「エコはが金(葉書)」やボランティア部オリジナルの「名刺」、校内有志の募金などを合わせた「4,231円」を東日本大震災の義援金として日本赤十字社へ入金しました。

 

また、令和元年度実施した緑の募金についても「10,062円」を公益社団法人 埼玉県緑化推進員会へ入金しました。

 

義援金及び緑の募金にご協力くださった皆様、ありがとうございました。

平成元年度卒業証書授与式

3月10日,

 小雨の降るなか,平成元年度卒業証書授与式が挙行されました。新型コロナウィルス感染拡大防止のため臨時休業のなか行われました。

 卒業生にとっては小鹿野高校生徒として最後の1日,3年間の高校生活を振り返り,大きな声で校歌を歌い,卒業証書を手にしました。

 校長式辞では,常に周りの人への感謝を忘れずに,鹿高卒業生として逞しく生きていってくださいと,激励がありました。送辞では,先輩との多くの思い出が語られ,伝統を受け継いでゆくと結ばれました。答辞では,教員・友達・地域に支えられて卒業に至った,辛いときは一休みして,相談することを学ぶことができた,3年前には見えなかった未来が見えてきた,鹿高卒業生として誇りをもって社会に出て行きたい,との熱い思いを語ってくれました。

 保護者の皆さまや在校生のいない,がらんとした体育館でしたが,卒業生の思いは伝わったのではないかと思いました。卒業式が行えて良かったです。

 

卒業生入場 3学年担任団・管理職

 

開式の言葉 卒業証書授与

 

校長式辞 在校生代表送辞

 

卒業生代表答辞 卒業生退場

 

3学年 年金講座が行われました

本日の6限目に、特別講師をお招きして高校生向けの年金講座が行われました。

 

本日の講師は、学校法人 大原学園 池袋校 より

大野 理砂 様をお招きしました。

 

 

 

年金と聞くと、はるか未来の話だと思いがちですが、

高校卒業後すぐに働く人には大いに関係ある話だと分かった生徒たちは、熱心にメモを取っていました。

 

 

 

とても分かりやすく説明していただき、将来に備えるための心積もりができた一時でした。

大野 理砂 様、ありがとうございました。

三学期始業式

1月8日,
 小鹿野高校では三学期始業式が行われました.校長から,三年生は残りわずかな高校生活を充実させるようにと,二年生には最高学年になる自覚を持つようにと,一年生には鹿高の生徒として自覚ができたかと,お話がありました.

 式の後,生徒会役員から,尾ノ内百景氷柱での竹あかりプロジェクトの経過報告とアピールがありました.

 中庭の蝋梅(ロウバイ)が香っています.

校長式辞

生徒会役員の報告

中庭の蝋梅