小鹿野高校の日々の出来事を掲載します

令和元年版 鹿高日誌

新年度スタート

4月1日 新年度が始まりました!!

異動された先生方もいらっしゃれば、新しく小鹿野高校に着任された先生方もいます。新チーム小鹿野スタートです。

 

コロナウィルス関係で、先生方も疲労困憊…。。。

計画が白紙に戻り、また練り直し…。その繰り返しです。

 

きっと、長く学校に来られない生徒達も疲れてきた頃でしょう。

 

しかし…

新2,3年生、そして新入生に会える日を楽しみに先生達は待っていますよ!!

桜もきれいに咲いて、生徒たちを出迎える準備は整っています

ボランティア部より

本日令和2年3月31日に、令和元年度に販売した「エコはが金(葉書)」やボランティア部オリジナルの「名刺」、校内有志の募金などを合わせた「4,231円」を東日本大震災の義援金として日本赤十字社へ入金しました。

 

また、令和元年度実施した緑の募金についても「10,062円」を公益社団法人 埼玉県緑化推進員会へ入金しました。

 

義援金及び緑の募金にご協力くださった皆様、ありがとうございました。

小鹿野高校・わらじからじお 最終回 放送後

 わらじからじお、最終回。お聞きいただいた皆さん、ありがとうございました。

 どうだったでしょうね?

 

 他地区では、放送部に日曜日の放送を任せているというコミュニティFMがあります。また、大手のラジオ局でも高校生が出演するラジオは、以前から存在しました。

 今回このような企画を持ち込んだのは、過去にそんなラジオを聴いて面白そうだなと思ったことや、この地域の放送局で大人たちに本校の生徒たちのことを知って欲しいと思ったからでした。学校のことって意外に知られていませんからね。

 

オンエアーリスト

 

1 ティーンエイジラスト  甲斐バンド

 ラストは、LastではなくLust。欲望とでも訳すんでしょうか?

 

 凍てつき身動きできないのかい 若さという階段の途中で

 いつか見た夢と今向かい合い 君と逃げずに立ち向かう

 

  大人たちに聴いてほしいと言いましたが、こんな風に十代のころの想いにとらわれ続けている大人ってたくさんいるんじゃないでしょうか?そんな大人たちの為の1曲めでした。

 

2 18-eighteen        福山雅治

 

 マイホームタウン・・・ふるさとを思う大人のため。

 

3 カブトムシ    aiko

 

 今回は、1曲カット。本当はどうしてもHello Againを流したかったんですが、生徒からのリクエストを優先しました。

 

 来年度、必ず第2弾をお届けします!!

 

小鹿野高校・わらじからじお 最終回

 本日は、生徒会の3人が登場です。生徒会は現在役員9名で活動しております。今回の話題は、生徒会のページへジャンプしつつラジオに耳を傾けてください。

 

尾ノ内氷柱ライトアップ①

尾ノ内氷柱ライトアップ②

 

 また、イベントにたどり着くまでどれだけの仕事をこなしているかもご覧ください。

生徒会のページ

 

 竹あかりの活動を通じて感じたことをエッセイに。

 入賞しました!!

 

 そして東洋大学とのコラボ企画もありましたね。

 

 

 

 

 校内の活動としては、こんなことも。

 登校指導での挨拶運動 

 

 1か月間ありがとうございました。

 また、いつか。

小鹿野高校・わらじからじお 第3回

 今回は、生徒2名で出演。いけますね・・・・生徒だけでも。少なくとも近くで見ていて不安は全くなかったです。

 今回は、部活の話をしてほしいと思っていたのですが、今回の新型コロナウィルス拡大感染予防のため、学校に来ている生徒に声をかけられない状況になりました。

 そこで、感謝状をいただいたり、表彰されたりしたことにフォーカスしての放送となりました。野球部のマネージャーに出演をお願いしたのは、そういった経緯と少しでいいから部活の話もしてほしいと思ったからです。

 

 ウグイス嬢がよかったですね。ちちぶFMのスタッフも大絶賛でした。ちなみに、放送が終わって5時からの番組でメッセージが読まれることもあるし、小鹿野高校の話を引き続きしていることもありますから、そちらも聞いてくださいね。

 

 

オンエアーリスト

 

1 振り向けばイエスタディ 太田裕美

 

 学生時代を振り返りながら思い出話をしている・・・そんな二人の歌。生徒がこんな気持ちになるのはまだまだ先のことかな?

 

2 痛み  クレヨン社

 

 こちらも卒業後の変わっていく自分に対してのメッセージ。「物わかりのいい ふりをしてあきらめてないか?」時々自分にも問いかけますよ。

 

3 キミとのキセキ Kis-My-Ft2

 

 本日出演の生徒からのリクエスト。キンプリ探していたら見当たらないので・・・「キスマイは好きではないですか?」というあちらのスタッフの声に「好きです」と笑顔でこたえ、オンエアーとなりました。

 

4 Hello Again~昔からある場所~  My Little Lover

 

 お疲れさまでした。次回が最終回となります。

 

カーブミラー清掃に参加しました

 

3月22日(日)、西秩父ライオンズクラブの皆さんと一緒に、三田川地区のカーブミラー清掃と樹木の剪定が行われました。

本校からは1年生2名、2年生4名、そして先日卒業した3年生2名が参加しました。

3年生の2人は、3年間毎年カーブミラー清掃に参加していたそうです!

当日はお天気に恵まれ、暖かな陽気のなか、脚立を使ってカーブミラーをきれいに掃除しました。

 

小鹿野町はバイクで町を訪れる方も多いですが、清掃活動中、たくさんのライダーが会釈をしながらそばを通り過ぎていきました。

小鹿野町の交通安全に協力できていたらうれしいです!

参加した生徒の中には脚立に上ることが怖いと言っていた生徒もいましたが、自分から積極的に脚立に上り、高いところの清掃をすることに自信をつけたようでした。

短い時間でしたが西秩父ライオンズクラブの皆さんと一緒に活動することができ、とても良い経験になりました。

ありがとうございました!

小鹿野高校・わらじからじお 第3回

 今回は、生徒たちのがんばりが認められ、感謝状や表彰されたことについて触れてみたいと思います。

 

 まずはこちらの話題です。こちらからどうぞ。

 

 ヤオヨシでの出来事でした。本日はこのうちのひとりが出演しております。

 

 そして続いては、3年生が授業で取り組んだものです。3位「おもてなし女性大臣賞」を受賞しました。

おもてなし女性大臣省

 

そして小鹿野町からの感謝状。通常学校への感謝状は、校長が受け取りますが、今回は生徒が中心となったということで、生徒会が代表して受け取りました。

福祉系列のせいとがとりくんでいる、こじか筋力体操などもそのひとつですね。こちらへ

 

そして埼玉県からは・・・。

 

 

本年度、がんばりましたね。来年度も引き続き、肩の力を抜きつつ、頑張りましょう。

小鹿野高校・わらじからじお 第2回

 第2回の放送終了しました。お聴きいただいた皆さんありがとうございました。

 

 今回の特集はこの番組を企画した時から考えていました。ですので、送辞と答辞を読んでもらったのは、昨今のコロナウィルスのことがきっかけではないんです。

 

 今まで勤務した学校すべてで言えることです。意外と、学校の中のことは理解されていない・・・。それを理解してもらうには卒業式の雰囲気をすこしでも味わってもらうことだと思っていました。それをできるだけ地域の人に伝えられたらなぁ・・・それが今回の企画の全てです。

 

 ナビゲーターの久保さんには今回も凄まじく色々と迷惑をおかけしました。お付き合いいただき感謝しかありません。

 

 送辞は本番では副会長が代読しました。打ち合わせのとき、会長に僕から言ったこと。

 「本番で送辞を読めなかったことは悔しいかもしれないけど、会長の名前で呼ばれ代読した副会長だって時間があれば自分の言葉で挨拶したかったと思う」ということでした。

 

 本番での副会長の送辞も胸を震わせるものだったことをここに記しておきます。そして、校長、教頭にお願いして2人の書いた「送辞」を学校に残してもらおうと思います。

 

 オンエアーリスト

 

 1曲目

 春の恋〜サクラ色Days〜  恋-REN-

 今回の卒業生と入れ替わりで卒業していった卒業生の卒業式で入場の時に流した曲です。

 これを作りうたったアーティストは現在ジャニーズなど有名なアーティストの作詞を手がけています。

 

 2曲目

 ハイスクールデイズ  東京少年

 1988年デビューのユニット。ボーカルの笹野みちるさんは、のちにレズビアンであることをカミングアウトし話題となった。「ジェンダーフリー」と声高にアピールできる今と違う時代、とても勇気が必要だったろうなと思います。そんなことを考えながら聴くと切なくなりませんか?

 

 校歌、旅立ちの日にを挟んで・・・

 

 3曲目

 Hello Again〜昔からある場所  MyLittle Lover

  わらじからじおのテーマソングです。

 

 次回もよろしく。ただし企画が・・・未定でして・・;・。

 

第67回卒業式ダイジェスト

 卒業式の映像です。個人情報の取り扱いが難しく、卒業証書授与に関しては公開しておりません。ご了承ください。

 ひたむきに精一杯卒業生であろうとした65名の姿をご覧ください。

 

 そして、卒業生の皆さん、保護者の皆さん。ご卒業おめでとうございます。

 

小鹿野高校・わらじからじお 第2回「今年の卒業式、どんなんだったん?」

 本年度の卒業式は、いつもと違う卒業式でした。少し前の日誌も是非お読みください。ここをクリック

 会場作成は職員のみでした。

 

 

 

 

 

 

 

寂しい思いはさせたくないと先生方はみんなそう思って卒業式に関わっていましたよ。

 

そしてわらじからじお的卒業式。ラジオを聴きながら校歌を歌いましょう。ここに歌詞がありますよ。校歌

平成元年度卒業証書授与式

3月10日,

 小雨の降るなか,平成元年度卒業証書授与式が挙行されました。新型コロナウィルス感染拡大防止のため臨時休業のなか行われました。

 卒業生にとっては小鹿野高校生徒として最後の1日,3年間の高校生活を振り返り,大きな声で校歌を歌い,卒業証書を手にしました。

 校長式辞では,常に周りの人への感謝を忘れずに,鹿高卒業生として逞しく生きていってくださいと,激励がありました。送辞では,先輩との多くの思い出が語られ,伝統を受け継いでゆくと結ばれました。答辞では,教員・友達・地域に支えられて卒業に至った,辛いときは一休みして,相談することを学ぶことができた,3年前には見えなかった未来が見えてきた,鹿高卒業生として誇りをもって社会に出て行きたい,との熱い思いを語ってくれました。

 保護者の皆さまや在校生のいない,がらんとした体育館でしたが,卒業生の思いは伝わったのではないかと思いました。卒業式が行えて良かったです。

 

卒業生入場 3学年担任団・管理職

 

開式の言葉 卒業証書授与

 

校長式辞 在校生代表送辞

 

卒業生代表答辞 卒業生退場

 

卒業式 準備編

いよいよ卒業式。今年度の卒業式は、卒業生と職員のみ…。心苦しい判断となりましたが仕方ありません。

先生たちも気持ちを切り替えて、良い卒業式になるように、少しでも思い出に残るようにといろいろと考えました。

 

【職員からの寄せ書きコーナー】

先生方1人1人からの一言メッセージを、

生徒玄関に飾りました。

 

【3年間の思い出コーナー】

3年間の思い出の写真を壁一面に貼りました。

 

【桜コーナー】

玄関は桜の花びらでいっぱいに。下駄箱には1人1人に「頑張ったね」の言葉を。

 

【保護者の方へ】

保護者の方々、全員が出席するというお返事を

いただいていましたが、このような事態になり…。

また、教員が保護者の方と顔を合わせる時間も多くは

確保されていません。

少しでも今までの感謝とお祝いのお気持ちが届けばとフェンスに「保護者の皆さま 今日までありがとう!」とメッセージを掲げました。

 

自己満足かもしれませんが、このような状況で生徒に「何かしてあげたい!思い出を残したい!この卒業式でよかった!小鹿野高校を卒業してよかった!」と思ってもらいたい。ただ、それだけの想いで例年にはない準備をしました。

 

その気持ちが届けばいいな…。

★卒業おめでとう★

卒業式に向けて

3月9日(月)本日は午前9時、入学許可候補者の発表がありました。中学生や保護者の皆さんから喜びの歓声があがったり、記念撮影をしている姿がありました。

予定では、本日が卒業式予行、表彰式を実施するはずでしたが新型コロナウイルス感染症拡大防止のため実施できません。その為、本日先生方が全員で卒業式会場設営をしています。

明日の卒業式も、卒業生と教職員のみでの実施となります。可能な範囲で小鹿野高校らしい、あたたかい卒業式とするために先生方が取り組んでいます。

なお、卒業式は保護者、1・2年生の在校生は校内に入れません。生徒は、自宅で待機等をお願いします。

小鹿野高校・わらじからじお 放送後

 3月7日より始まりました。

 番組中、本校の企画委員会からのメッセージを読んでいただきました。

 臨時休業中ではございますが、よろしくお願い致します。

 

 さて、番組ナビゲーターは久保さん。本校の卒業生です。母校の番組を担当することを喜んでいただけていました。また、彼女にとって初めてのオリジナル番組のナビゲーターということでした。

 

 当日、15分前に集合というのになかなかみんなこない・・・3時47分になった時「あ、みんな先に入ってるのか?」と思い、中に入ると・・・みんないた・・・僕が遅刻したみたいで、ちょっと恥ずかしい・・・。

 

 番組が始まり、中の様子を見てみると、2人の生徒楽しそうに話していました。よかったな、いやいや出演するようだったらどうしようと思っていたので・・・・。

 

 わらじかについて、いろんな行事、そして自分選択している系列の話・・・。長いような、短いような55分が終わりました。お疲れ様です。

 

 久保さんには、前日資料を渡す感じで、本当に迷惑をかけたなと思います。来週からもっと早く対応します。そんな中で、資料に渡しましたが、「わらじか新聞」のことは話してませんでした。しかし当日「わらじか新聞」にも触れていただきました。ありがとうございます。

 僕は、通勤の時や、休日とかに、ちちぶFMを聞いているのですが、パーソナリティーの方、みんな勉強熱心だなと感じることがよくあります。久保さんもそうで、自分興味あることに関しては、とにかく調べる。そしてその情報を、僕らに提供してくれます。僕のような素人が作った進行を何倍にも膨らませてくださいました。本当にありがたいです。

 

 

オンエアーリスト

 

1 希望という名の光(山下達郎) 

 

 もうすぐ3月11日、東日本大震災で被害にあった方、亡くなった方に思いを馳せて、そして今の状況に負けないために・・・。

 

2 思いのままに (オフコース)

 

 委員会からのメッセージの後に流れました。まるでこちらの意図を理解しているようなタイミングでした。(びっくり)

 誰にも僕のゆく道を止められない・・・

 この言葉を伝えたかったのです。 でも、この言葉には大いなる責任が伴っていることも理解しています。気持ちを強く持ち、これからも頑張ります。

 

3 やってみよう (WANIMA)

 

 出演した、2人に選んでもらいました。元気になる曲がいいと思うと言ってこれを選んで、あるかなぁ。あるかなぁ。あ、あった!!ということで元気いっぱいにオンエアー(笑)

 

4 Hello Again〜昔からある場所〜 (MY littele lover)

 

 卒業生に捧げます・・・。

 

 職員からのメッセージもあり、いい感じで放送できましたよね。来週からもどうぞよろしく。

 いや、2人とも(先生含めると3人ですが)大したものです。素晴らしかったね。

 

 

 

 

小鹿野高校・わらじからじお第1回 「わらじか」って何んなん?

 小鹿野高校・わらじからじお

 第1回目の放送・・・まず最初のテーマは

「わらじか」って何んなん?

この人(鹿?)が「わらじか」です。

わらじかを生み出したのはどんな人でしょうか?

ちなみにわらじかは、ことあるごとにいろんな場面で登場いたします。

 

こんなわらじかも・・・

あんなわらじかも・・・・

このようなわらじかまで・・・

 そして2013年文化祭のパンフレットよりわらじかのプロフィールを紹介しましょう。

翌年のパンフレットにも・・・

そして、わらじかレンジャーという戦隊ヒーローまで・・・。

 

レッド ブルー ピンク グリーン そしてなぜか・・ダーク

 

続いてはお勉強のお話です。

 

「系列」って何んなん?

 

学校案内に掲載されている「教育課程表」をご覧ください。

 

左から1年次生・2年次生・3年次生です。(小さくてごめんなさい)

3月7日に出演する生徒は二人とも「福祉系列」選択者です。

 

 

 

 

 

小鹿野高校・わらじからじお

ちちぶFMにて3月7日から放送開始です。

3月期間限定全4回放送。時間は16時~16時55分

ちちぶFM、周波数79.0MHz

秩父地域以外の方、インターネット経由で聞くことができます。FM++(エフエムプラプラ)のホームページで。また、スマホアプリ「FMプラプラ」でも聞くことができます。

 

3年生による進路報告会

2月20日(木)5時間目

2年生の総学の時間に、3年生の進路報告会を行いました。

家庭研修期間ではありますが、2年生のために登校してくれました。

グループに分かれて、2年生の司会進行により話を聞いていきます。

 

 

 

進学先を決めるために何校ほどOCに参加しましたか。

就職試験に向けて大変だったことは何ですか。

今やっておいたほうが良いことってありますか。

などなど、進路活動の貴重な実体験を聞くことができました。

今回、3年生の話を聞けたことで、今やっておかなければならないことがより鮮明になったことと思います。

まだ先の話…なんて考えている余裕はありません!

就職にしろ進学にしろ、あっという間に試験の日がやってきます。

今からできることを1つ1つ取り組んでいきましょう!

 

3年生のみなさん、貴重なお話をありがとうございました!

2年生のみなさん、自分の進路志望を実現させるためにもしっかり頑張りましょうね!!

2学年 自己PR作文ガイダンス

2月13日(木)5・6時間目に

自己PR作文のガイダンスを行いました。

就職でも進学でも必ず必要になってきます。

 

 

まず、プリントを使っての説明を聞き、どのように書けばいいかを学びます。

勉強になる話がたくさんありました。話を聞きながら一生懸命メモをとっていきます。

 

 

希望する分野に分かれて、情報の集め方などを学びます。

学校の話や試験の話、様々な話を聞くことができました。

  

就職希望者はさっそく自己PR作文を書きました。

自分の良いところや高校生活で頑張ったことってなんだろう…

話を聞いてわかった気がするけど、うまくかけない…など、実際に書き始めると大変なことがたくさんありました。

 

自分をアピールするのは少し恥ずかしい気持ちになってしまう生徒もいるようですが、しっかりの良さを前面に出した作文をかけるようになっていきましょう!

令和元年度自転車安全運転推進講習会

 先日、令和元年度自転車安全運転推進講習会が行われました。

 7月29日に埼玉本庄自動車学校で行われた講習会の内容を伝達講習という形で、代表生徒二名が発表しました。スライドと資料に従い、適宜質問を交えながら、自転車を安全に使用するためにすべきことを学びました。交通ルールや自己点検のポイントについては、当たり前のことを当たり前にやるという意識づけをすることができました。

 この講習会を通して、自転車の安全な使用を心掛けてほしいと思います。

2年 進路ポスター発表会

2月6日(木)

5・6時間目に進路ポスターの発表会を行いました。

 

1教室に4ブース作り、グループごとに発表を聞いてまわります。

発表者は自分のポスターを使い、現在の自分を分析したり、高校卒業後、5年後、10年後の自分を想像したりした自分の人生設計を発表します。

 

先生方もたくさん見に来てくださったので、ちょっと緊張気味でしたが、一生懸命自分の人生設計を伝えます。

 

 

みんな工夫を凝らした個性豊かなポスターです。

たくさんの説明を入れたり、色を使ったり、絵をいれたり、文字の大きさを変えたり…

聞いている生徒も、自分では考えていないような人生設計に興味津々です。

発表終了後には様々な質問が飛び交いました。

今回の発表を通して、将来の夢を叶えるために必要な努力がより鮮明になったり、視野が広がったりしたのではないでしょうか。

もうすぐ3年生になります。

自分の進路実現にむけて、できることから全力で取り組んでいきましょう!

 

1年 進路相談会

2月5日 

5、6時間目に進路相談会を行いました。

 

【相談会の様子】

もっと会場はありましたが、少しだけ紹介します。プログラミング、

美容、保育、福祉、調理、トリマー、自動車、建築などなど。

専門学校や大学から講師の先生がいらっしゃって、

お話をいただきました。

 

 

生徒達も、自分たちが希望した分野の相談会でしたので、興味津々といった様子でお話を聞いていました。

今回の相談会で、少しでも卒業後のことが考えられたらいいと思います。1年生も2か月後には2年生。小鹿野高校の中心となっていきます。

保護者の皆様も、進路についてお子様と向き合っていただけると3年生になったときにスムーズかと思います!よろしくお願いします。

図書委員研修交流会 第1回実行委員会

2月4日(火)

北部地区図書委員研修交流会に向け、第1回実行委員会がありました。

秩父農工科学高校に北部地区4高校の生徒が集まりました。

本校からは2年生2名、1年生2名が参加しました。

「自分を野菜に例えるなら?」などユニークな自己紹介をしたら・・・

いよいよ実行委員会開始です。

まず委員長・副委員長・書記を決めました。

 

役員決めのあとは、

確認事項(日程や場所、当日のスケジュール確認、4高校の仕事分担など)

協議事項(交流会のテーマ、本の紹介タイムの名前、レク)

について話し合いました。

 

委員長たちのテキパキとした司会進行によりとてもスムーズに進みました。

「たくさん案があって書ききれない!」 

協議事項では、各校からさまざまな案が出され、多数決で決まりました!

 

はじめての顔合わせでしたが、終始和気あいあいとした雰囲気で、

無事に第1回実行委員会を終えました。

第2回は5月末~6月頭の予定です。

ボランティア部 読み聞かせボランティア

2月1日(土)に保育園での読み聞かせボランティアを実施してきました。

 

祖父母参観日ということで、園児たちの外にお父さんお母さんおじいちゃんおばあちゃんもいる前での読み聞かせに、ボランティアに参加した3年生も緊張が隠せません。

しかし、本番になれば子供たちのキラキラした瞳に後押しされ、練習してきた通りに読むことができました。

保育士の先生にもほめられ、子どもたちからお礼のプレゼントをもらい、とても貴重な体験をさせていただきました。

まんよう保育園の皆さま、ありがとうございました。

3年生 テーブルマナー講習

1月31日(金)に、3年生がテーブルマナー講習に行ってきました!

 

学年末考査も無事終了し、家庭研修に向けた諸注意や進路指導部主任からの注意を聞いたあと、バスに乗り込んで農園ホテルへ。

 

 

テーブルにはナイフやフォークがいくつも並び、どうやって使うのか、何に使うのか、どれから使うのかなど基本的なマナーを教えていただきました。

おいしい料理を食べているときって、幸せな気持ちになりますね…

会話も楽しみながら食事が進み、デザートを食べ終わるころ、

今年度の文化祭ステージで発表してくれた有志生徒の最終公演が行われ、盛り上がったところで講習会が終了になりました。

 

明日からの家庭研修期間、4月からの新生活に向けた準備をしっかりと行ってください。

1年生 進路指導

本日1年生を対象にした5、6時間目で今後の人生について、職業・資格について学びました。

 

【5時間目の様子】

正社員の人や、フリーターの人の設定で、人生ゲームをしました。

結婚した、子供ができた、住宅ローンの支払い、事故にあった、詐欺にあった、ボーナスがでた、保険には入る?などなど。

人生には、様々なポイントがありましたね。

 

 

「あー!こんなところでお金が無くなった…。」

「もう、お金ないじゃん!!」「保険って偉大!!」

盛り上がりながら、人生におけるメリット、デメリットを知ることができました。

 

【6時間目の様子】

様々な職業・資格をパズル形式で学びました。

 

 

「初めて知る資格だ!」「この職業であってる?」

班員で相談しながら、パズル形式で職業をうめていきます。聞いたことのない職業・資格も多々あったようです。将来の学びの1つの材料になりましたね。

 

この2時間を通して、働く意味、働き方、職業・資格について楽しく学ぶことができました。ここで終わりではなく、今後、興味のもった資格を調べてみたり、どのような人生を送ろうか考えてみたりする機会になればよいですね!!

「フードデザイン」の授業です。

3年生「フードデザイン」の最後の授業の日

先生方を招いて、試食会を行いました。

メニューは、秩父の小昼飯 おっきりこみ、みそポテト、炭酸まんじゅう 

  

    

生徒たちは、一所懸命心を込めてつくりました。

たくさんの先生方に来ていただきました。ありがとうございました。

今年度は、新しい挑戦もしました。

鹿肉料理のメニュー開発

  

秩父の地酒に合う料理コンテスト 3位入賞   実食審査 3チーム出場

  

いつものように文化祭にも参加    わらじかクッキーも完成させたい。

        

貴重な経験がたくさんできました。これからも、料理を楽しんでくださいね。 

 

3年生 スーツ着こなし講座

5・6時間目の総合的な学習の時間を利用して、スーツ着こなし講座が行われました。

 

5時間目は全員を対象にして、スーツの着こなし方について学びました。

進学する生徒も、就職する生徒も、卒業後は毎日のように来ていた小鹿野高校の制服ではなく、スーツを着るようになります。

おしゃれなスーツは数多くありますが、フレッシュな印象を与えるスーツを着るときには、「身だしなみ」により注意した着こなしが必要です。

 

 

6時間目は、代表の生徒4名が実際にスーツを着てみんなの前に立ってくれました。

 

初めて着たスーツにドキドキしたようで、終始照れ笑いの女の子と緊張から表情が固まる男の子でした。

そのあとは、みんなでネクタイの結び方を練習し、やり方をマスターした生徒が他の生徒に教えてあげる様子が見られました。

制服にネクタイを締めたい、つもは見慣れない姿に大盛り上がりでした!

  

マネープランガイダンス

1月22日 5時間目

1年生を対象にマネープランガイダンスが行われました。

 

ファイナンシャルプランナー 半田典久 様を講師に迎え、奨学金、教育ローンの話を中心に講義をしていただきました。

 

進学をするメリット、就職をするメリット、これからの日本の動向などなど。ただ、自分の興味を深めるだけの進路ではなく、将来的に社会で活躍していくにはどのようにしたらよいのかまでを見据えて、夢をあきらめない進路実現のお話をしていただきました。

まだまだ1年生で、ちょっと難しい話だった様子でしたが、もうすぐ2年生です。家庭での早めの意見交換、制度や奨学金についての情報収集が今からやっておくべきだと教えていただきました。

このアドバイスをもとに、進路実現を目指しましょう!!

 

また、6時間目は10講座に分かれて、専門学校や大学の先生方に貴重なお話をしていただきました。74名のところを10講座。小鹿野高校ならではですね。少人数で、きめ細かく進路のお話を聞くことができました。

 

 

2年生になることを、そろそろ感じてほしいと思います!!

3学年 年金講座が行われました

本日の6限目に、特別講師をお招きして高校生向けの年金講座が行われました。

 

本日の講師は、学校法人 大原学園 池袋校 より

大野 理砂 様をお招きしました。

 

 

 

年金と聞くと、はるか未来の話だと思いがちですが、

高校卒業後すぐに働く人には大いに関係ある話だと分かった生徒たちは、熱心にメモを取っていました。

 

 

 

とても分かりやすく説明していただき、将来に備えるための心積もりができた一時でした。

大野 理砂 様、ありがとうございました。

三学期始業式

1月8日,
 小鹿野高校では三学期始業式が行われました.校長から,三年生は残りわずかな高校生活を充実させるようにと,二年生には最高学年になる自覚を持つようにと,一年生には鹿高の生徒として自覚ができたかと,お話がありました.

 式の後,生徒会役員から,尾ノ内百景氷柱での竹あかりプロジェクトの経過報告とアピールがありました.

 中庭の蝋梅(ロウバイ)が香っています.

校長式辞

生徒会役員の報告

中庭の蝋梅

2020年 スタート!

2020

あけましておめでとうございます

今年も小鹿野高校をよろしくお願いします!

 

生徒も、保護者の皆様も、先生たちも

1つになって「チーム鹿高」

頑張っていきましょう!!

防災訓練

12月19日 消防署の方々のご協力、ご指導をいただきながら総合防災訓練を行いました。

 

避難訓練、降下訓練、消火訓練を行いました。

【訓練の様子】

  

消防署の方から、貴重なご意見をいただきました。訓練のための訓練にならないようにすること。教員が意識を高く持ち、責任をもって生徒を誘導すること等のご指導をいただきました。

防災の意識を高く持ってほしいと、生徒には言いつつも、やはり私たち教員が基礎知識をもっていなければいけないことを痛感しました。

生徒を安心・安全に守るに、先生たちも勉強します!!

本校の進路指導の取組を発表

日ごろからPTAの皆様には学校のために様々なご尽力をいただいております。

今年度、本校は埼玉県高等学校PTA連合会での進路指導専門委員会の発表校として準備をしてきました。そして、2回の発表を行いました。

1回目は県北部地区で10月27日に行われた研修会、

2回目はさいたま市で11月26日に行われた「埼玉県高等学校PTA連合会専門委員会研修会」です。県内から大勢のPTA会員や先生方が集まり、満席の「さいたま市民会館うらわ」大ホールの会場で、堂々と本校進路指導の取組を中心に発表しました。

テーマは「地域を担う人材育成とPTAの取組(進路指導)」です。

PTA会長、そして会場に応援に来ていただいた保護者の皆さま、ありがとうございました。生徒の皆さん、皆さんの保護者であるPTAも、学校PRなども兼ねて頑張って取り組んでいます。

 

中学2年生が体験授業に来校

毎年この時期、3つの中学校の2年生が本校に体験授業に来て、本校についてや高校について学んでいただきました。中学2年の進路活動の一環として来校していただいております。

今年は、

12月11日(水)小鹿野中学校の全員

12月12日(木)吉田中学校の全員

12月13日(金)秩父第一中学校の希望者

 が来校してくれました。

全員の生徒が、希望した教科の授業を受けてもらいました。本校教員が中学生用に工夫しながら高校の授業を行いました。

3年生になったら、小鹿野高校主催の学校説明会に参加していただき、さらに興味を持ってほしいと思います。 

中学生は、真剣に参加してくれました。ありがとうございました。

 

小鹿野中学校の体験授業の様子 へリンクします

吉田中学校の体験授業の様子 へリンクします

献血

12月12日(木)

本校にて、献血を行いました。

15名の参加でしたが、献血できた生徒は、7名。。。

少し残念です!

また、いろいろな場所でも行っていますので、ぜひ立ち寄ってみてください。  ご協力ありがとうございました。

 

 

第4回学校説明会を開催しました

12月7日(土)第4回学校説明会を開催しました
20名以上の中学生、保護者も合わせると40名以上の方々に参加していただきました

今回は、入試対策として「各教科の攻略ポイント」をメインに実施
国語、数学、社会、理科、英語の各教科で15分程度の講座を行いました
中学生皆さんが一生懸命に勉強してくれました

次回は1月18日(土)に第5回学校説明会を「面接の攻略ポイント」をメインに実施します
多くの中学生の参加をお待ちしています
申し込みは、FAX、電話、WEB(こちらから)お願いします


国語の様子


数学の様子


社会の様子


理科の様子


英語の様子

小鹿野高校の説明

1年生 キャリアガイダンス

12月4日 1年生を対象に深谷若者サポートステーション様のご協力のもと、キャリアデザインについてお話がありました。

 

今、考えている職業につけるのか?

人生には予期しない出来事や偶然の出会いによって、いろいろと道が変わってくる!?などなど。いろいろとお話をしていただきました。

少し難しいいお話でしたが、わかったかな?

今後の自分自身を想像し、どのように選択して、決断していくのか。

自分自身の道は自分で切り開くのですね(^^)本日のお話を参考にしていきましょう。

 

その後、先日本選を行ったインターンシップ体験発表の表彰式を行いました。みんな頑張っていましたが、発表を採点しました。

【入賞した皆さん おめでとう!】

 

 

 

漢字検定申し込み受付期間です!

 本校は年3回漢字能力検定を行っており、ただ今第3回検定の申し込み期間となっています。生徒の皆さんどんどんチャレンジしてくださいね!

 さて、漢字検定は本校生徒だけでなく、地域の方にも受験していただくことができます。昨日も小学生の男の子とお母さまがその申し込みに来校されました。その時にちょっと嬉しいことがありました。無事手続きを終えた後、お母さまがにっこり笑ってこうおっしゃったのです。

 

「事務室の場所がわからなかったのですが、女子生徒さんに聞いたら、とても親切にここまで一緒に案内してくれました。ありがとうございました。」

 

 生徒が校外の方にほめられるということは、教員にとっても誇らしくうれしいことです。漢字検定の申し込みというただの事務手続きが、とても心温まるものになりました。誰だかわからないけれど、私からもお礼を言いますね。お客様を案内してくれてどうもありがとう!

 

長若小 車いす体験

11月29日 長若小学校の5年生の児童のみなさんが、小鹿野高校にきて、車いす体験の授業を受けました。

【授業の様子】

まずは、車いすの名称を覚え、自走してみました。

その次は、介助される体験と、介助する体験です。

 

「楽しかった~」との声があり、楽しく学んでくれたようです。

しかし、「24時間車いすだったらどう?」「あなたが、友達が、先生が明日から車いすで教室にいきますってなったらどう?」と質問してみると「うーん。。。」と、考えていました。学校に戻ってから、本日学んだ体験をもとに学びを深めてみてください。

1年生 学年レクリエーション

11月28日

1年生はLHRの時間に、学年レクリエーションを行いました。内容はクラス対抗ドッジボールです。ドッジビーとソフトバレーボールでボールは2つ。大混乱です(笑)

【生徒の様子】

担任の先生たちも入りました。

1試合終わると作戦を練りだすクラスがあったり、大きな声を掛け合うクラスがあったり。

昨日、インターンシップの本選も終了し、期末考査の前ということでリフレッシュをするいい区切り。

みんな元気よく笑顔でやっていましたね!

【優勝】

1年4組 おめでとう

学年主任の先生がこの日のために、

トロフィーとタスキを準備していました!

 

【おまけ】

最後に、遠足のミッションである遠足班集合写真の

フォトコンテストの結果発表も行いました。

生徒の笑顔が、かわいい写真ばかりでなかなか選考も

難しかったですが、選びました!!

1位の班には先生たちから景品のプレゼントです♪

 

この1時間で、ちょっぴり気分転換できたかなー。

6日からの期末考査頑張ろう!!

1年生 インターンシップ体験発表 その2

11月27日

1年生はインターンシップ体験発表の本選を行いました。先週行った予選を勝ち抜いたグループが、発表しあいました。

【生徒の様子】

 

さすが、勝ち上がった生徒達。学年全員の前での発表は緊張していましたが、発表内容に一工夫ありましたね。聞いていた生徒も、しっかりと聞けていました。

 

それぞれ学んだことが共有され、生徒の成長の材料になればいいと思います。

「コミュニティ・スクール通信」「わらじか新聞」「学校だより」を発行中

本校では、定期的に広報誌を発行しています。「わらじか新聞」や「小鹿野高校だより」ですが、今年度から学校運営協議会が「コミュニティ・スクール通信」を発行しています。下記のURLからダウンロードできますので、ご覧ください。

https://ogano-h.spec.ed.jp/setting/9a72de06f3117f11bee985345452f542

https://ogano-h.spec.ed.jp/setting/コミュニティ・スクール

手話教室 最終日

11月26日 手話教室の第3回目が開催されました。早くも本日が最終日となりました。

本日は、自己紹介+手話教室の感想発表です。

「私の名前は〇〇です。よろしくお願いします。住所は埼玉県〇〇市・郡です。家族構成は〇〇です。趣味は〇〇です。感想は〇〇でした。」

というような内容をすべて手話で行いました。

【生徒の様子】

  

感想の手話は1人、1人教えていただきました。

「楽しい、難しい、勉強になった、もっと知りたい」

「聴覚障害者のことを知ることができた、これからの時代には必要、手話を身近に感じた」など様々な感想がでてきました。

 

また、災害時についても教えていただきました。「聴導犬」を学ぶ授業で「聴覚障害者はサイレンが聞こえず、火事の時に取り残された」ということに触れてはいましたが、やはり【生の声】には説得力があります。以下のことを教えていただきました。

■サイレンが聞こえない。

■防災無線、ラジオも聞こえない。

■テレビでは、字幕がないと情報が入ってこない。

■夜だと手話も筆談も見えない。

このような、ことから災害時や緊急時には非常に困ると教えていただきました。

身振り手振りでもいいから、伝えてほしい。一緒に避難(誘導)してほしい。ということも教えていただきました。

コミュニケーションが困難なことから、避難所へ避難することを諦めるケースもあるそうです。私たちにできることを真剣に考えないといけないですね。

さらに、「防災バンダナ」についても教えていただきました。先生も恥ずかしながら初めて知りました。みなさんご存じでしたか?

【防災バンダナ】

 

災害時には、これを肩に羽織り「耳が聞こえない」「手話ができる」ということを視覚的に伝えます。確かにこのようなものがあれば、外見ではわからない聴覚障害者の方も過ごしやすいでしょう。防災バンダナについてはもっと広めてほしいというお話もありました。

 

手話教室を通して、聴覚障害者について少しではありますが理解が深まったように思います。生徒も、もちろん教員も「耳が聞こえない」ということはわかっていても、困難さを理解していたつもりでも、やはり当事者ではないので「言われてみたら、確かにそうだよね」ということが多々ありました。

【集合写真】

最後みんなで集合写真(^^)

今回は、非常に有意義な機会をいただきありがとうございました。

 

秩父地区読書交流会 開催!

11月22日(金)に秩父高校において第39回秩父地区読書交流会が開催されました。

本校からは7名の生徒が参加しました。

 

【読書交流会の様子】

今年度は、開会式と閉会式の司会を小鹿野高校の3年生が担当しました。

開会式のあとは、秩父地域の4校の生徒たちでレクを行いました。

フルーツバスケットやイラスト伝言ゲームで盛り上がりました。

そのあとはいよいよビブリオバトルです!

生徒たちはそれぞれ好きな本を選び、事前に準備を重ね、5分間の発表をしました。

はじめは緊張していましたが、発表しあったり質疑応答をしあったりしていくうちに、お互いに打ち解けていったようでした。

 

最後に、交流会に参加した生徒から感想をもらいました。

「来年はチャンプ本を目指します!」

「次回もぜひ参加したいです。」

「私は3年生なので今回が最後でした。ちょっとさみしいです。」

 

本を通じて他校の生徒とも交流を持つことができ、

生徒たちにとっては有意義な時間になったように思います。

インターンシップ発表 (予選)

インターンシップのまとめとして、活動内容を模造紙にまとめました。そして、今度はそれを発表していきます。

今回は予選。予選を勝ち残ったグループは、決勝もあります!!

 

【生徒の様子】

 

 

この活動には、インターンシップの活動内容を振り返ること、模造紙にみやすくまとめること、相手に伝えることを学んでいきます。

1年生は全体的にとってもよく取り組めていました。引き続き、何事にも一生懸命取り組んでほしいです。

手話教室 2回目

11月22日 手話教室の第2回目が行われました。

前回学んだことをもとに、さらに内容を広げておきます。

「あなたの趣味は何ですか?」「〇〇です。」

「あなたの就きたい仕事は何ですか?」「〇〇です。」

と、自己紹介を発展させました。

【生徒の様子】

 

【おまけ】

手話に興味があるのか、休み時間になると「この言葉は手話でどうやってやるのですか?」と積極的に講師の先生を囲む生徒達。

今回の手教室では、手話以外にも聴覚障害者の方の今までの動きについて教えて頂きました。

昭和40年におきた「蛇の目寿司事件」

ろう者が運転免許証を獲得するまでの運動についてです。

今では手話に対して偏見も少なくなってきたけれど、昔は偏見があった。手話を学ぶとともに、聴覚障害者についていろいろと学んでほしいというお話をしていただけました。

 

早くも、あと1回となりました。最後まで、一生懸命学んでいきたいと思います。