過去の鹿高日誌は、左側「過去の小鹿野高校の様子」にもあります

カテゴリ:地域貢献

小鹿野未来塾 科学ふしぎ講座

5月18日(土),本年度第1回目の「小鹿野未来塾 科学ふしぎ講座」を開催しました.今年で4年目を迎えた,この事業は町内の4~6年生が参加し,小鹿野町教育委員会が主催し,本校の理科教師が指導に当たっています.
 今日のテーマは「川原のようすと石ころしらべ」.川原と川の流れる道筋のようすと川原の石のならび方をスケッチし,川原の石の仲間分けを行いました.

開講式 川原の石のならび方をスケッチ

川原の石の仲間分け アンケート記入

興奮・ヤッター! 竹あかりで地域も心も照らす

小鹿野高校 「尾ノ内氷柱 竹あかりプロジェクト」発動!
小鹿野高校生徒会が中心となって、尾ノ内氷柱の竹あかりを作成しました。
本日、2月2日に実施した秩父4高校合同説明会にて、「尾ノ内氷柱『竹あかり』プロジェクト」の発表を行いました。
前日の2月1日には、本校の生徒、先生の前で、発表の練習を行いましたので、様子を掲載いたします。

是非、多くの方に『竹あかり』の幻想的な世界を体験していただきたいと思います。
尾ノ内氷柱へのご来場お待ちしています。(尾ノ内氷柱のライトアップは毎週土曜日のみとなっています。ご注意ください。)
尾ノ内氷柱についての詳細は、こちらから西秩父商工会のホームページをご覧ください




情報処理・パソコン 冬季公開講座 その2

・鎌倉新仏教 いまむかし
1月4日(金)の午後に実施しました。
高校日本史の観点から現在と過去をつなげ、受講者の皆さんと一緒に考えました。
参加していただいたみなさま、ありがとうございました。
 

・はじめてのプログラミング
1月7日(月)の午後に実施しました。
プログラミングツールである「Scratch」でプログラミングを学びました。
参加していただいたみなさま、ありがとうございました。
 

鉛筆 冬季公開講座 その1

・気持ちが伝わる!?オリジナルメッセージカード作り
12月26日(水)の午前に実施しました。消しゴムはんこを作ってメッセージカード、メモパッドなどを作りました。
参加していただいたみなさま、ありがとうございました。
(講座の写真がありません、ごめんなさい。)

・もぐらたたきゲームをつくろう
12月27日の午前に実施しました。「FLASH」を使った簡単なゲームの作成に取組みました。
参加していただいたみなさま、ありがとうございました。
 

小鹿野未来塾 科学不思議講座 第5回

11月17日(土)午前中,
 町内の小学4~6年生を対象とした,小鹿野未来塾 科学不思議講座 第5回「大道仮説実験<どっか~ん!>」が行われました。
 砂糖も鉄も細かい粉にすると燃えること,アルコールは気体にすると燃えることを,予想して意見を述べ,実験を行って学びました。最後に,ペットボトルの水素を爆殺させた後,参加者全員が水で濡らした手に,水素と酸素を2:1の割合で入れたシャボン玉をつけて,ライターで火をつけて爆発させました。
 参加した子どもたちからの感想には,「最初はこわそうだったけどおもしろかった」「楽しく実験ができたのがよかったです」「爆発の原理がわかりました」などと書かれていました。

粉砂糖の燃焼 鉄粉の燃焼

アルコールの燃焼 燃焼と爆発の説明

鉛筆 今年も開講!冬季公開講座

以下、埼玉県教育局 生涯学習推進課のホームページから引用 
.....................................................................................................

夏休みや冬休み期間を中心に、県立学校などの教員等が講師となって、県民の皆さまに学びの機会を提供します。

地域の高校等で、勉強ができる絶好の機会です。

小学生向けのものから大人向けのものまで、多様な講座を御用意していますので、お気軽に御参加ください。

.....................................................................................................

https://www.pref.saitama.lg.jp/f2215/station/kokaikouza.html#hokubu(埼玉県・教育局生涯学習課のホームページが開きます。)

 小鹿野高校は6講座を準備して、県民のみなさまの参加をお待ちしております。
 また、小鹿野町、秩父市の広報紙にも講座の詳細を掲示していただいています。

※ 詳細はこちらのリーフレットをご覧ください。
埼玉県立小鹿野高等学校冬季公開講座一覧.pdf

小鹿野未来塾 科学不思議講座「化石をさがそう」

10月20日,
 小鹿野未来塾科学不思議講座で,「化石をさがそう」を実施しました.
 今回は,おがの化石館を会場に,化石とは何かを学び,町内で採集した貝類化石のクリーニング(貝殻がよく見えるように,余分な岩を取り除く作業)と同定(貝の種類を決める作業)をやってもらいました.そして,これらの貝類化石から,水深約10~20mの浅い砂の海底に,新生代中期中新世の埋もれた云うことが分かることを,学びました.
 また,秩父盆地を代表する化石である,パレオパラドキシア,チチブクジラ,オガノヒゲクジラの骨格の特徴と系統進化を学びました.

化石の学習 化石のクリーニング

クリーニングした貝類化石 化石の同定

キラキラ 秋の全国交通安全運動 小鹿野警察署出発式

 9月21日(金)から秋の全国交通安全運動が始まりました。
 小鹿野警察署でも出発式があり、その冒頭、本校吹奏楽部が演奏を行いました。昨年度に引き続いての取り組みです。
  吹奏楽部の中には高校入学後、初心者から楽器の演奏を始めた生徒もいますが、練習を重ね3曲を演奏、出発式を盛り上げました。

 

小鹿野未来塾科学不思議講座 第3回

9月15日、町内の 小学4~6年生を対象にした 小鹿野未来塾 科学不思議講座 第3回が行われました。 今回は、原子と分子を学びました。
最初に、「原子に触れてみる」と題して、物質をつくる基本となる原子と分子とは何かの説明がありました。後半は、空気中の主な分子(窒素・酸素・水・二酸化炭素・アルゴンなど)の分子模型を、手芸用のボンテンでつくりました。最後にテグスを使ってリングストラップをつけ、オリジナルの分子ストラップをつくりました。早速、分子ストラップを筆入れに付けている児童もいました。

 大気中の分子の模型をつくる

分子模型ストラップ 最後に記念写真

 

夏季公開講座 その3

「手話を学ぼう」
 8月6日(月)に実施ました。受講された方は、ご自身の課題を持ち、講座に参加された様子です。講座は簡単な手話を学んだ後、講師の本校福祉科教諭とさまざまな手話の表現について探究する時間に。実りある講座となりました。
 参加されたみなさま、ありがとうございました。

※ 写真はありません。

「はじめてのプログラミング」
 8月10日(金)、小学生及びその保護者、また中学生も参加し、講座を実施しました。S
cratch(スクラッチ)を利用して、簡単なプログラミングからスタート。手順、それを順序立てて考えることの大切さを学ぶことができました。
 参加者の集中力と興味関心の高さから、講座実施の2時間は、あっという間に過ぎてしまいました。
 参加されたみなさま、ありがとうございました。

 

「『もののけ姫』で学ぶ日本史 」

 8月21日(火)の午後、本校視聴覚室で講座を実施しました。スタジオジブリの『もののけ姫』、作品の中の様々な要素を観ると、15世紀~16世紀の室町時代後半(戦国時代)と想像できます。これを前提に、本校地歴公民科教諭が講師となり、当時の日本の姿を伝えました。
 参加されたみなさま、ありがとうございました。

 

 小鹿野高校は、今年度、8つの講座を準備して、地域の皆様をお迎えしました。
 
 ※ すでに終了した講座の様子はこちらから 
   → http://153.127.209.180/spec/ogano-h_nc2/index.php?key=jo4mw0c1y-489#_489
   → http://153.127.209.180/spec/ogano-h_nc2/index.php?key=jodix5adh-489#_489
 
 参加された皆様、ありがとうございました。
 小鹿野高校は秩父地区唯一の総合学科を有する県立高校です。魅力ある科目、そして教育内容を整えています。
 今後とも小鹿野高校をよろしくお願いいたします。

夏季公開講座 その2

「声楽研究」
 29日(日)から31日(火)の午前、本校音楽室で実施しました。経験者対象の上級講座ということで、受講者それぞれが歌曲を準備しての参加。とても本格的です。校内には迫力のある歌声が響いていました。
 参加されたみなさま、ありがとうございました。

 

「TOEIC対策講座 目指せ、スコア600!」
 30日(月)午後、本校視聴覚室で実施しました。高校生から高齢の方まで、幅広い参加者がありました。質問なども多くあり、予定した時間を超えての実施となりました。講師を務めた本校英語科教諭も参加者の意欲の高さに脱帽の様子でした。
 参加されたみなさま、ありがとうございました。

 ※講座の様子の写真が撮れませんでした。

「キャンドルでお菓子作り!?」

 30日(月)午前、小中学生を対象として本校美術室で実施しました。ろうそくを溶かして素材とし、お菓子のようなろうそくづくりをしました。引率の保護者のみなさまにも協力をいただき、スムースに作業が進みます。さらに、緊張する小学生を美術部の生徒がサポート。和やかな雰囲気の中で講座は終了しました。
 参加されたみなさま、ありがとうございました。

 


小鹿野高校の夏季講座は、まだまだは続きます。
詳しくはこちらから →
 小鹿野高等学校 夏季公開講座 リーフレット.pdf

すでに終了した講座の様子はこちらから → http://153.127.209.180/spec/ogano-h_nc2/index.php?key=jo4mw0c1y-489#_489

夏季公開講座 その1

「パソコンで絵を描こう」
 27日午前9時から情報処理室で実施しました。小学生から大人まで幅広い世代からの参加がありました。参加されたみなさま、ありがとうございました。
 
※県教育局生涯学習推進課 職員の視察もありました。


「大人のための漢字検定講座」
 26日、27日両日の10時から実施しました。参加者は少なかったのですが、漢字検定を受ける意欲を持っての参加、充実した内容になったと思います。参加されたみなさま、ありがとうございました。


小鹿野高校の夏季講座は、まだまだは続きます。
詳しくはこちらから →
 小鹿野高等学校 夏季公開講座 リーフレット.pdf

校外清掃

7月19日(木),1時間目の涼しいうちに校外清掃を行いました。小鹿野町内の主要な道路を学年ごとに分かれてのゴミ拾いです。
 町内の出会った方と挨拶を交わし,通りを歩きました。ゴミはほとんどありませんでしたが,バス停付近にはペットボトルや空き缶,弁当の包みなどが落ちていました。9時の気温は31℃で,風はほとんどなく,学校についてゴミや清掃用具を片付けると,大量の汗がでました。飲み物をとった後、2時間目は冷房の効いた特別教室での,修学旅行の報告など学年での活動でした。

バス通りの清掃 バス停周囲のゴミ拾い

小鹿野未来塾科学ふしぎ講座

6月16日(土),
 小鹿野町教育委員会主催の町内の小学4年生から6年生を対象とし,小鹿野高校の教員が指導に当たる小鹿野未来塾科学ふしぎ講座が行われました。本年度2回目になる今回のテーマは「電池を作ろう」。
 小学生には難しいかも知れませんが,はじめに電池の原理をちょっと説明しました。 今回は,鹿高生が指導者のアシスタントとなり,実験をおこないました。最初にレモン電池を作りました。電子オルゴールはかすかに聞こえましたが,LEDは光りませんでした。そこで,小学4年生で習うように,電池を2つ3つと直列につないでみると,電子オルゴールがはっきりと聞こえ,LEDが光るようになりました。
 次にキウイ,そしてジャガイモの電池も作ってみました。いろいろな物を電池にして,実験の手際も良くなってきました。最後に作ったポカリスエット電池が最もLEDを明るく長く光らせていたようです。実験に使ったLEDはお土産に持ちかえってもらいました。

電池の原理を説明 アシスタントの鹿高生

レモン電池 キウイ電池

ポカリ電池の説明 ポカリ電池

ポピー祭りにボランティア行ってきました!

5月26日土曜日に皆野町で行われている「天空のポピー2018」にボランティアとして、生徒会とボランティア部の生徒が参加しました。

当日は、東北の復興支援の義援金募集とペットボトルのキャップ回収を行いました。
多くの人が協力してくださり、義援金は7856円ほど集まりました。こちらはすべて東北に義援金として送らせていただきます。

少し心配な天候でしたが、幸い荒れることもなく無事でした。ポピー畑は現在満開で一番の見ごろを迎えています。非常にきれいな景色を見ながら人のやさしさに触れる貴重な体験をできました。
 

鉛筆 教育スクラム日本一の町を目指して!

 小鹿野高校では「小鹿野未来塾(小鹿野町教育委員会主催)」に協力をしています。
 26日(土)には漢検チャレンジスクールが開講、開講式に続いて、各講座がスタートしました。
 町内の小中学生を中心に約100名の方に来校していただきました。

●開講式の様子
小鹿野町長 森真太郎 様のごあいさつ

小鹿野町教育委員会教育長 笠原 浩 様のごあいさつ


●授業の様子
 
 
 漢検チャレンジスクールでは講師として、地域の方の他、本校教職員が協力をしています。
 また、5月に開講した「科学不思議講座」(第1回の様子はこちら)の全講座、中学生未来塾(数学、英語)、英検チャレンジスクールの一部講座への協力も行っています。

小鹿野未来塾 科学不思議講座 第1回目

 5月19日、町内の小学4~6年生を対象にした小鹿野未来塾 科学不思議講座で、ハンドレベルによる展望台の高さの測定を行いました。
 鹿高生の実習では、学校の正門からでしたが、小学生の実習は傾斜が急になる展望台の麓の駐車場からの高さ測りました。標尺とハンドレベルの扱いに苦労し,高校生の2~3倍の時間がかかりました。その中でも、答え合わせのために地理院地図で測定した標高から求めた比高75mと全く同じになった班もありました。

ハンドレベルの使い方を説明 駐車場から測量を開始

丘陵の山道での測量 展望台での記念撮影