期間限定ブログ『秩父そば』栽培日記

期間限定「秩父そば」栽培日記

祝*そばうち初体験

 とうとうこの日がやってきました。絵文字:良くできました OK
 
4月の荒地の開拓から始まり、種をまき、草取りをし、途中、そばもやしでお腹をふくらませつつ、そばの生育を生徒はずっと見守ってきました。
 
さあ、フィナーレです絵文字:冷や汗
サライが聞こえてきそうです。
 
中間考査の放課後、生徒たちは調理場へぞくぞくと集まりました。
期待の表情でいっぱいです。
試験は大丈夫だったのでしょうか。
心配です。
 
25名を3グループに分け、一人一人役割分担してあります。
各自、責任もって、自分の役目を果たしてくれました。
「責任もって」というところが、今回彼らの成長を感じたところです。
ただ食べるだけ?、という発想の生徒が一人もいなかったことが感激でした。絵文字:泣く
もう3年生、進路が決まっています。自覚しているのですね。
 
1.練りの最中です。運動部の生徒は非常に上手でした。
練り
 
2.延しの最中。なかなか正方形にならなくて苦労していました。
延し
 
3.延しの仕上げ。麺棒に生地を巻き厚みを均等にしています。
延し
 
4.切り出し。バイトで調理している生徒は、やっぱり上手でした。
切り出し
 
5.ゆでの最中。美味しそうなそばの色をしています。
茹で上がり
 
6.できあがり!!!
できた!
 
7.グループ毎にいただきます!!!みんな夢中に食べています。
いただきます
 
8.手が止まりません。
箸がすすみます
 
満喫
 
9.そば湯もいただきました。これも旨かった。
蕎麦湯も堪能
 (写真に写っているのは筆者ではありません)
 
秩父はそばの産地で有名です。しかしながら、そば畑を知らない生徒も多く、実の形や手触りを知らない生徒がほとんどです。そばうちの経験は25人中1人しかいませんでした。
 
今回、地元の産物を知る良い機会となったのではないでしょうか。
 
special thanks to 
最後に、そばに関することだけではありませんが、4月から実習助手の職域を超えたサポートをしてくださった浅見先生に感謝申し上げます。また、技術指導をしてくださった赤羽先生にもお礼申し上げます。
 
ありがとうございました。

表敬訪問

先日、秩父市荒川上田野地区にあるそば処「ちちぶ花見の里」に行ってまいりました。
 
ちちぶ花見の里
 
こちらはJAが運営しておりまして、広大な敷地でそばを栽培しております。絵文字:ちょっと濃い
武甲山を眺めることができます。
武甲山 
あと1週間早ければ、そばの真っ白な花の絨毯が一面広がっていたのですが、すでに花が枯れ、大粒の実がたっぷりと付いておりました。(うらやましい)
本校で栽培したそばはこちらで分けてもらいましたので、非常に親近感を感じます。絵文字:キラキラ
 
通常は団体向けのそば処のようですが、今回タイミングが良く石臼挽もりそば(1枚500円)を御馳走になりました。
 
500円!!!
 
これで500円なんて・・・、安すぎます。
 
表敬訪問といいつつ、実は偵察。しっかりと勉強させていただきました。絵文字:ニヤリ
 
(余談)
土曜日、テレビ東京の出没!アド街ック天国で「西秩父」を取り上げていましたが、
薬丸印の新名物に「たらしやき」が紹介されました。
 
たらしやき
 
シンプルですが、味噌ベースでかなり旨い。
子供のおやつにぴったりです。
 
決定! 薬丸印の新名物!!
「これはあたらしい味! ザッツ オーケー!!」。(と、薬丸氏は言っておりました絵文字:メガネ

予備実験(いよいよ!)

そばの栽培から始まったこのブログですが、そろそろ大詰め絵文字:泣く
 
本校の素敵な先生から秘伝の技を教えてもらいました。
私にとっては師匠ですね。絵文字:星
 
そば打ちはいくつかのステップを踏みます。
(1)こねる(水回し)
(2)こねる(加水)
(3)練り(菊練り)
(4)練り(へそだし)
(5)延し
(6)たたみ
(7)切る
 
そして、ゆでる。食べるです。
 

水回し(難)
(1)これは水回しの最中
包丁3日・延し3月・こね3年と言われるように、水回しは一番経験が必要な場所。
う?ん、難しい!本には、「指先にセンサーがあるような感覚で」と書いてありますが、初心者にはよく分かりませんね。
しかし、師匠からは「パン粉のような感じ→消しゴムのような感じ→団子のような感じ」と私の頭には優しい指導があり、何とか仕上げられました。絵文字:良くできました OK
 
延しの準備(打ち粉)
(2)こちらは延しのために、打ち粉をまいている様子。さすが師匠、手つきが違いますね?。絵文字:笑顔
 
上手に四角形になっている
(3)延しが完了しました。さすが師匠、均一に仕上がってます。
 
切り出し
(4)切り出し中。もう師匠にはかないませんorz。絵文字:うーん 苦笑
 
 
出来上がり★
(5)おお?。
  
いよいよ再来週。生徒たちがそば打ちを行います。そばになるか、きしめんになるか、生徒次第。非常に楽しみです。
生徒も非常に楽しみにしています。

石臼大会

今日は、そばを石臼で挽きました。
 
石臼を回して殻から実を取り出し、実をつぶして粉にします。
速く回すと実がつぶれないので、適度な速さで回す必要があります。
ゆっくりゆっくり丁寧に挽きました。
 
20分くらい回して約70g(1人前弱)。
時間がかかる根気の作業です。絵文字:急ぎ
 
しかし、初めての体験のためか生徒は一生懸命取り組んでいます。絵文字:笑顔
 
集中しています
 
玄そばを石臼中央の穴に少量ずつ入れます。
すると下は渦のようになっていて、回すと石の重さで自然とつぶれるようになります。
連係プレー
次回も石臼作業ですが、いよいよ「そば打ち」が始まります。絵文字:三人

2学期のスタート☆

2学期がすでに始まっております。
このブログ、かなりサボっておりました。絵文字:ニヤリ
すいません。
 
あっ、そうそうこのブログ、生徒がよく見ているようです。
どこまで続くか分からないですが、2学期もよろしくお願いします。
 
さて、『秩父そば』栽培日記ですが、栽培日記、改め、そば打ち日記に致します。
そばの栽培は、う?ん、失敗?
正直、まいた玄そばの数の方が多かったりして・・・。
反省を次に生かしましょう。
 
さて、次のステップは「石臼挽き」です。
本校の職員(秩父在住)からお借りしました。
石臼があるなんて、すごいですね。
 
はやくグルグル回したいです。絵文字:虫眼鏡
 
石臼